Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

衝撃の実話! それが知りたい! ニューヨーク、ヨーロッパ、東京、上海、ソウルまで
「演技の神」ソン・ヒョンジュ+チョン・ミソン+ムン・ジョンヒ! 彼らが成し遂げた強烈な熱演のシナジー!

SBS演技大賞においてドラマ『追跡者』で大賞を受賞したのに続き、今年の第49回百想芸術大賞でTV最優秀演技賞を受賞し、2013年の放送界と映画界をあわせ、最も熱いラブコールを受けている俳優ソン・ヒョンジュが、多くのシナリオの中から『かくれんぼ』を選択して話題を呼んだ。ソン・ヒョンジュは新人監督のシナリオとは思えない抜かりない強烈なストーリーの流れに、迷うことなく『かくれんぼ』を選択したと明らかにして、作品への強い自信を表わした。このように最高の演技派俳優の一人に挙げられるソン・ヒョンジュは、最近SBSドラマ『黄金の帝国』で目を離すことのできない独特な悪役で「やはりソン・ヒョンジュ!」という称賛を受け、人々の強い信頼をさらに確かなものにした。

またソン・ヒョンジュと強烈な熱演のシナジー効果を生む二人の女優の存在感も大きい。2012年に全国で観客450万を突破した『ヨンガシ変種増殖』で第33回青龍映画祭助演女優賞を受賞したムン・ジョンヒは、保身を図らない熱演で新しいスリラークイーンの座に就く準備を完了した。映画『かくれんぼ』では家をのぞき見する誰かから娘を守るために死闘を展開する母ジュヒ役に扮して、もう一度破格的な変身に挑戦する。強大な名キャスティングラインナップのもう1人は、ドラマ『太陽を抱く月』、『製パン王キム・タック』など多くの国民ドラマで大きな存在感を示し、視聴率を保証する俳優であり大韓民国の次世代俳優が選んだ最高のシーンスティーラー1位に輝くチョン・ミソンだ。4年ぶりにスクリーンに復帰したチョン・ミソンは、見知らぬ人が家に住んでいるかも知れないという恐怖に包まれたソンス(ソン・ヒョンジュ)の妻ミンジ役で作品を一層輝かせた。

衝撃の実話! それが知りたい! ニューヨーク、ヨーロッパ、東京、上海、ソウルまで
2013年大韓民国を揺るがす衝撃の実話スリラー誕生!


2008年東京、1年間にわたって他人の家に隠れて住んでいた路上生活者が逮捕された。そして2009年ニューヨーク、他人のアパートに隠れ住んでいた女の姿がCCTVでキャッチされた。
一方2009年末、ソウル首都圏地域を中心に玄関の呼び鈴のそばに、怪しい標識を発見したという住民の通報が同時多発的に続出した。

市民の不安感が増すとSBSの事件・事故取材番組『気になる話Y』は、この標識の正体を追跡する「犯罪の標識か? 泥棒の暗号ミステリー」編を放映した。この放送では「空き家強盗犯の仕業だ」「都市ガス、水道、ガスの検針員が残しものだ」「新聞、ヤクルトの配達員が残したものだ」「宗教団体が訪問した記録だ」等、怪標識を残した者に対する様々な仮説が提示された。しかし市民の多くの証言をもとにした追跡にもかかわらず、これに対する明確な回答を出すことはできず、警察でさえ犯人の輪郭を把握できなかったと伝え、視聴者を衝撃に陥れた。この解けない正体不明の標識は、2010年上海、2012年ベルギーなど現在までも世界のあちこちで発見されていて、ネットユーザー間で「かくれんぼ怪談」、「都市怪談」、「呼び鈴怪談」などと呼ばれ始めた。

映画『かくれんぼ』は見知らぬ人から“家族”と“家”を守るために、二人の一家の主の息詰まる死闘を描いたスリラーだ。私たちの周辺でも広がっている衝撃の実話をモチーフにした映画『かくれんぼ』は、興味深いストーリー展開で現実的な状況をほうふつさせるほどの爆発的な緊張感を送る予定だ。
戻る