Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

イ・ホンギ、今回の作品で自信を持ってスクリーン登板の意向を示した!
忠武路で最も「ホット」な俳優が一つになった!
いつ爆発するか分からない個性満点のキャラクターが送る笑いの爆弾!


映画『フェニックス』は今回の作品で自信を持ってスクリーン登板の意向を示したイ・ホンギと、興行の救援投手に浮上したマ・ドンソク、「シンステラーの元祖」イム・ウォンヒ、「ライジングスター」ペク・チンヒ、大人に劣らない演技力を持った子役スターチョン・ミンソが出演した作品で、さらに期待を集めている。まずトラブルメーカーのアイドルスター、チュンイ役に扮したイ・ホンギは、奉仕活動に参加しても依然として精神的に未熟なアイドル役を、彼らしいポップな魅力で表現した。また、一時は暴力団員だったが、険悪な人相とは違い心だけは少女のようなムソン役は、忠武路最高の興行救援投手に浮上したマ・ドンソクが演じて、観客の予想を覆す反転の魅力を発揮する予定。引き続き素材やジャンルを問わず、主・助演を越えて観客に味のある演技を見せるイム・ウォンヒは、ナイトクラブでバイトする肝臓癌の末期患者ボンシクのキャラクターに扮した。一方、荒々しい軍規班長で自願奉仕女アンナ役は、スクリーンとブラウン管で活躍するライジングスターペク・チンヒが演じ、今年の春、男心を刺激する演技で観客を魅了する予定。最後に明るい表情で今日か明日にするという言葉をあどけなく吐くハウン役には、大人の俳優に劣らない演技力で、観客の目に存在を知らせたチョン・ミンソが扮した。

このようにブラウン管やスクリーンで猛烈に活躍する俳優が総出動した映画『フェニックス』は、個性満点の余命宣言を受けた患者を愉快に描いた。愛煙家の脳腫瘍患者、二重生活をする肝臓癌末期の家長、盗撮専門の白血病少女、そしてこのような患者が気に食わない芸能人病にかかったスターまで、観客の予想を越えたキャラクターのコミカルな姿は、映画に欠かせない面白さだ。たとえ身体の具合は悪くても、いつも明るく活気に満ちて生きている彼らの姿は、観客に肯定的なエネルギーを与えて心まで暖かく染めるだろう。
Well-Dying、「いつ死ぬか」より「どのように死ぬか」が重要だ!
余命宣言を受けた患者が伝える心温まる人生のメッセージ!


最近「ウェル・ビーイング」だけでなく「ウェル・ダイイング」が大きな話題に浮び上がった中で、余命宣言を受けた患者たちの人生最後の夢に向けた挑戦を描いた映画『フェニックス』が、観客の間で爆発的な関心を集めている。明日は約束できないが、一日一日の暮らしを情熱的に導く余命宣言を受けた患者の姿が、忙しく暮らす現代の人々に人生で最も重要なことを今一度再確認させてくれる。しがない病院のバンドの仕事でも、しばし忘れていた夢と共同の目標に向かってはばかることなく前進する人々の姿は、世代を越えて熱い情熱を呼び覚まし、胸にしみる感動を抱かせる。

それだけでなく、劇中で「君にとっては何でもないことでも、ある人には人生最後の願いであることもある」というムソンの台詞のように映画『フェニックス』は、小さなことでも幸せになれる人々たちを通して、普段何気なく享受していたことにも感謝して、貴重に感じなければならないという人生の小さな真理を含んでいる。心地よい笑いと深い余韻を与える映画『フェニックス』は、心温まるメッセージを通して、硬くなった観客の心も完全に魅了するものと期待する。
戻る