Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

出演作が全てヒット! 俳優パク・シニャンの本格コメディ挑戦!
出演作が全てヒット!
演技力+スター性全てを兼ね備えている俳優パク・シニャンの本格コメディ挑戦!


「ハニー行くぞ!」という甘いロマンチストから「どけ!うせろ! 出て行け!」の3セットを誕生させた天才法医学者まで。スクリーンとブラウン管に登場すれば作品が大ヒットする俳優パク・シニャンが帰ってきた。ドラマ『サイン』、『銭の戦争』、『パリの恋人』そして映画『犯罪の再構成』、『達磨よ、遊ぼう』、『約束』、『手紙』など選ぶ作品ごとに大ヒットを飛ばしている俳優パク・シニャン。そんな彼が6年ぶりのスクリーン復帰作に選んだ作品は『霊媒ヤクザ』だ。また、2001年に公開されて全国に大きな笑いを届けた『達磨よ、遊ぼう』以後、12年ぶりに挑戦するコメディという点も多くの関心を集めている。今回彼は、昼間は霊媒師、夜はヤクザとして生きていく悲運の男グァンホを演じる。エリートヤクザの人生を送っていたところに不意の事故で変わってしまった運命線のせいでその方(?)を迎えることになったグァンホ。ヤクザ人生に突如訪れた絶体絶命の危機をパク・シニャンがどのように表現するのか、より一層期待を集めている。『霊媒ヤクザ』を演出したチョ・ジンギュ監督は、パク・シニャンについて「ヤクザ役が似合う俳優の中で霊媒師になった時、最も背筋が震えるほど似合う俳優は誰かと想像してみた。その時一番最初に思いついたのが、俳優パク・シニャンだった」として彼に向けた高い信頼を見せた。これに応じるようにパク・シニャンは神が本当に降りてきたような自然な演技を披露してスタッフから演技の神だと賞賛された。爆笑を準備してスクリーンに帰ってきた俳優パク・シニャン。無限の信頼と信頼を与えるパク・シニャンの笑い溢れた『霊媒ヤクザ』が、スクリーンに再び彼のシンドロームを呼び起こすかどうか期待が集められている。

笑う門には福来る=『霊媒ヤクザ』を見れば福がくる!
2013年1月、大ヒット間違い無しの大吉コメディがやってくる!

多様なジャンルの作品が公開される1月。その中で『霊媒ヤクザ』は新年を愉快に盛り上げてくれるコメディ映画としてその存在感を見せつける予定だ。昼間は霊媒師、夜はエリートヤクザとして生きる二重生活を描いた『霊媒ヤクザ』は、カリスマあふれる演技で大衆から大きな信頼を得ているパク・シニャンのコメディ復帰作でもある。両極端の職業を行き来するパク・シニャンは、これまで秘めていたコミック本能と派手な衣装、メーキャップで新鮮な笑いを観客に届ける予定だ。劇中パク・シニャン特有の真剣な演技は、コミカルな状況と交わってより一層大きな笑いを作り出している。ここにコミック演技の達人、キム・ジョンテ、チョ・ジンウン、キム・ヒョンボム、チェ・イルファなど助演陣の演技と『花嫁はギャングスター』で2000年代初め韓国映画界にコメディブームを巻き起こしたチョ・ジンギュ監督のコメディが『霊媒ヤクザ』を盛り上げる。チョ・ジンギュ監督は特技である派手なアクションと、すべての人々が共感できる笑いコードを『霊媒ヤクザ』に込めてもう一度コメディの帝王の座に返り咲くだろう。題材から俳優陣、演出まで大ヒットコメディ映画の三拍子を備えた『霊媒ヤクザ』は、1月に韓国で観客に大吉気勢を炸裂する笑いを届け、今年初のコメディ映画として発足する予定だ。
戻る