Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

4年ぶりにスクリーンカムバックするキム・レウォン、2013年韓国映画の“男風”に続く!
持ち味の違う二人の男が贈る幸せな笑いとあふれる感動!2013年、新年をスタートするハッピームービー!

『マイ・リトル・ヒーロー』はオーディションという設定と、ミュージカルの見どころが結合した新鮮な素材を基に、ひたすら優勝だけを目標にした俗物イルハンが、純粋な天才少年ヨングァンに出会って変化する過程を、興味深いオーディションを通して楽しく表現した。学閥、容貌、スケールなど、人生でも音楽でも外観とスペックだけを重視して生きてきた三流音楽監督イルハン。そんな彼に一生一代のチャンスともいえるオーディションで、顔の色からして違うパートナー、ヨングァンの存在は絶望そのものだ。オーディションと通して大ヒットを夢見るイルグァンと、素朴な夢を見るヨングァン、持っているものはないが虚勢だけは一流のイルハンと、天賦の才を有しているが限界に突き当たりながら生きてきた少年ヨングァン。このように両極端の二人の男が、よろめきながらも少しずつ夢に向かって進む姿は、終始一貫して愉快で軽快なリズムで、思わず暖かい微笑が浮かぶ。

二人の男が不可能に見える奇跡に立ち向かう過程を、ドラマチックな展開と暖かい笑いで表現した2013年初めての韓国映画『マイ・リトル・ヒーロー』。最悪のパートナーと考えていたが、お互いを通じて人生最高の瞬間に向かって進む彼らの物語は、2013年の新年に、幸せな笑いと喜び、あふれる希望で観客を魅了するだろう。

上位1%の虚勢三流音楽監督に変身!
4年ぶりにスクリーンカムバックするキム・レウォン、2013年韓国映画の“男風”に続く!


『マイ・リトル・ブライド』『屋根部屋のねこ』などの明るく愉快な魅力や、『ミスターソクラテス』『ひまわり』『仁寺洞スキャンダル』など線の太い男性的な役まで、スクリーンとブラウン管で多彩に観客を魅了したキム・レウォンが、4年ぶりにスクリーンに復帰する。軍除隊後の復帰作に『マイ・リトル・ヒーロー』を選択したキム・レウォンは、三流音楽監督イルハンに扮し、既存のイメージとは完全に違うキャラクターを演じる。
オーディションを控えて練習は後まわしで、外車やイタリア製の服、ブランドピアノと最高級スピーカーを先に探す俗物で、自身よりはるかに優れた才能を有しているが、発揮する場所がなかったヨングァンがただただ不満なイルハン。助力と指導が必要なヨングァンのメンターになるどころか、はばかりない虐待と苛酷なトレーニングで一貫しているイルハンの反転キャラクターは、キム・レウォンの繊細な演技力が加わって憎めないユニークな魅力の人物が完成した。そしてイルハンがヨングァンを通じて次第に変貌していく過程は、より成熟したキム・レウォンの確かな演技力により、見る人の共感と移入度を一層倍加した。

キム・レウォンは音楽監督ユ・イルハン役をよりリアルに消化するために、撮影前から長期にわたった練習を経てピアノの演奏まで消化するほど、格別な愛情と情熱を注いだ。真剣さと激しさから脱皮して、愉快さと暖かい感性で帰ってきたキム・レウォンは、4年ぶりの復帰作『マイ・リトル・ヒーロー』で2012年の韓国映画の強勢を導いた男性俳優の活躍に続き、2013年劇場街のトップランナーとして観客を魅了するだろう。

戻る