Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

ソウルの都心上空に正体不明の戦闘機が出現したら?!
ソウルの都心上空に正体不明の戦闘機が出現したら?!
現実的な素材と設定でリアリティーをさらに!


『海雲台に津波が来るなら?』(『海雲台』)、『漢江に人食い変種怪物が出現したら?』(『怪物』)。このように小さな謎で始まり現実に起こる事件を完璧に具現できる映画が多くの人々に愛されてきた。大韓民国の空を守る21先頭飛行団の非公式作戦を素材にした『R2B:リターン・トゥ・ベース』はこれまでの映画に続いて現実可能性の高いまたひとつの仮説を登場させて封切り前からオンラインを熱くさせている。地球上唯一の分断国家であり、休戦国家である大韓民国。『R2B:リターン・トゥ・ベース』はこのような韓国の現実に映画的な想像力を加えて、「休戦線近隣上空に正体不明の戦闘機が出現して、大韓民国の心臓ソウルが攻撃される危険がある」という設定で始まる。映画は最近何年間韓半島の情勢が不安な状況の中で発生するフィクションを描いており、観客達に共感の形成と情緒的な衝撃を与える。特にソウルのランドマークである63ビルと漢江、元曉大橋、テヘラン路など観客が日常生活を送る場所で見られる2台の戦闘機が追って追われる追撃シーンは、映画と現実との区分を曖昧にさせて観客に衝撃的なリアリティーさを加える。

出撃準備完了! 空に全てを賭けた彼らが来る!
F-15K実写撮影、ドキドキの追撃シーンで完成した高空アクションドラマ!


2012年ソウル都心上空を背景にした高空アクションドラマ『R2B:リターン・トゥ・ベース』が本格的な出撃を予告する。制作前段階から韓国映画で今までなかった新たな挑戦と努力が加わり、大韓民国の空を舞台に面白さと感動が合い混ざった映画が誕生する見通しだ。ソウルの上空に現われた戦闘機とこれを追いかける大韓民国空軍の戦闘機間の追撃シーンは『R2B:リターン・トゥ・ベース』でだけ味わえる特別な見ものだ。映画の見所と言えるこのシーンは、大韓民国空軍の支援を受けて実際F-15KとTA-50の動きを撮影、CGを最小化してさらにリアルな戦闘シーンとして観客を刺激的なアクションの快感を与える。
チョン・ジフン、ユ・ジュンサン、シン・セギョン、キム・ソンス、イ・ハナ、イ・ジョンソク、チョン・ギョンホ
スターパワーと検証された演技力の完璧な組合せでしっかりしたドラマに責任を持つ!


スクリーンとブラウン管を行き来して独特な個性で自分だけのキャラクターを構築してきたチョン・ジフン、ユ・ジュンサン、シン・セギョン、キム・ソンス、イ・ハナ、イ・ジョンソク、チョン・ギョンホが高空アクションドラマ『R2B:リターン・トゥ・ベース』で空に全てを賭けた21戦闘飛行団隊員達で完璧に変身した。出演俳優達は本当の戦闘操縦士として飛び立つために、撮影前の体力訓練から始まり事前飛行教育はもちろん、低圧訓練、非常脱出訓練、そして士官学校学生達も難しいという重力テストまで甲何度の訓練を乗り越えて、キャラクターに没頭する熱い情熱を見せた。俳優達にこの全ての訓練課程は単純な一度の体験でない実際戦闘操縦士達を理解して、お互い疎通する過程で意味のある作業だった。お陰で大変な訓練課程で形成された完璧な演技アンサンブルとシナジー効果は、戦闘操縦士達と彼らを飛ばせる整備チーム、レスキューチーム、隊員達に完璧に扮した俳優達のキャラクターをさらに深めて、観客達にリアルな感動を与える。
戻る