Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

2012年、センセーションを予告する! 「茫然自失の映画」『ウンギョ』
2012年、センセーションを予告する! 「茫然自失の映画」『ウンギョ』

今年の春、映画界が注目する最も熱い映画であり、パク・ヘイルの「呆然自失」の次作『ウンギョ』の魅惑が始まる。パク・ポムシン作家の同名小説を原作にした映画『ウンギョ』は、少女の爽やかさに魅せられた偉大な詩人イ・ジョギョ、師の天才的な才能に嫉妬した覇気にあふれる弟子ソ・ジウ、偉大な詩人に憧れる17才の少女ウンギョ、互いに持ち合わせないものをむさぼる三人の嫉妬と魅惑という破格的なドラマを描いた。またデビュー作『ハッピーエンド』で映画界にセンセーションを巻き起こしたチョン・ジウ監督特有の深みのある心理描写と美しい映像が調和して、忠武路が新しく記憶するウェルメイド映画の誕生を予告した。偉大な詩人イ・ジョギョに扮したパク・ヘイルは、実際の年齢の二倍にもなる高齢な詩人に扮するために、撮影ごとに8時間を越える特殊メークに耐え、「千の顔」というニックネームにふさわしく、少女ウンギョのために揺れる高齢詩人イ・ジョギョの内面までそのまま表現した。彼の弟子ソ・ジウ役を演じたキム・ムヨルは師を尊敬する一方で、手の届かない師の才能と少女ウンギョへの嫉妬心に葛藤する複合的な心理を完壁に描いて、チョン・ジウ監督や共演した俳優たちに絶賛された。300対1の激しい競争を勝ち抜いて、チョン・ジウ監督に選択された新鋭キム・ゴウンもまた、すでに「第2のチョン・ドヨン」という修飾語を得るほど、大きな関心と期待を集めている。破格的な素材、監督と俳優の完壁な呼吸が作り出した映画『ウンギョ』は、2012年、映画界を超えて大韓民国に波乱を呼び起こすだろう。

「千の顔」パク・ヘイル、2012年、最も劇的に変身する!

作品ごとに激しい変化を見せる俳優パク・ヘイルが、俳優人生の中で最も強烈な変身を試みた。『ウンギョ』の偉大な高齢詩人イ・ジョギョがその主人公だ。
イ・ジョギョは「国民詩人」と称賛される文学家で、平穏な日常を送っていたときに突然現れた少女ウンギョに魅了され、眠っていた欲望に揺れる人物だ。パク・ヘイルは実際の年齢の二倍にもなる老人役を提案されてとても悩んだが、『モドンボーイ』で共に息を合わせたチョン・ジウ監督への信頼感で果敢に出演を決めた。偉大な高齢詩人のキャラクターを完成するために、パク・ヘイルは大きな外形的な変化を経なければならず、それに伴って忍耐しなければならなかった。毎日8時間を超える特殊メークに耐えなければならなかったが、これはハリウッドですら試みられない破格的な挑戦だった。パク・ヘイルは皆がまだ眠っている夜明けに撮影現場を訪れて、8時間を超える特殊メークに耐えて70才の詩人に変貌した。また撮影前はタプコル公園を訪れて老人の姿を観察したり、チョン・ジウ監督と話し合って「老人イ・ジョギョ」の雰囲気を作った。過酷な努力の末にパク・ヘイルは自分自身でも知らないうちに腰が曲がり、歩き方まで変わるほど役に完璧に移入し、イ・ジョギョの複雑な内面も繊細に消化した。彼の情熱と驚くべき集中力にチョン・ジウ監督は、「パク・ヘイルの信じられないような忍耐力があったので、映画を完成することができた」とし、すべての功労を彼に返した。多様な作品で毎回新しい姿を見せ、観客に無限の信頼と期待を感じさせる俳優パク・ヘイル。『ウンギョ』での彼の変身が、今回は観客にどれくらいの新鮮な衝撃と驚きを与えるか期待が集まっている。
戻る