Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

2012年を掴むウルフドッグ連続殺人捜査劇『ハウリング』
“ウルフドッグ”という独特な素材での犯罪捜査ドラマ
2012年を掴むウルフドッグ連続殺人捜査劇『ハウリング』


映画『ハウリング』は昇進したくて事件に執着する刑事サンギルと、事件の後ろに隠されている秘密を明らかにさせようとする新人刑事ウニョンがパートナーとなり、ウルフドッグ連続殺人事件を追跡して繰り広げられる犯罪捜査ドラマ。今まで人間が加害者である犯罪捜査劇が主であったなら、映画『ハウリング』は犬と狼の交配種である“ウルフドッグ”による連続殺人という独特な素材が目を引く。単純な不特定多数への襲撃でない決まったターゲットだけを狙うウルフドッグによる計画的殺人という設定は、事件の後ろに隠されている真実に対する疑問を刺激するのに十分だ。そして疑問の連続殺人事件を明らかにする二人の刑事の追跡過程は、緊張感を伝えドラマに没頭させる予定。特に正反対の性格の万年刑事と新人女刑事がパートナーとして出会って繰り広げられる葛藤と和合は、今まで男-男刑事コンビに慣れていた観客に新鮮な面白さを見せると期待を集めている。このように二人の刑事が“ウルフドッグ連続殺人事件”を明らかにする過程で繰り広げられるドラマに対する謎をさらに深めている映画『ハウリング』は2012年2月劇場街を熱くする予定だ。

強力班刑事として帰ってきた大韓民国代表俳優“ソン・ガンホ”生計方刑事の真髄を見せる!

2003年『殺人の思い出』で個性溢れる田舎の刑事の役割を完璧に消化して観客達に賞賛された俳優ソン・ガンホ。ジャンル、素材を問わず全てのキャラクターを完璧に表現する彼が、今回の作品『ハウリング』で実績のためにウルフドッグ連続殺人事件に命を懸ける万年刑事“サンギル”に扮して人間的なパトスがたっぷりのキャラクターを魅力的に消化した。ソン・ガンホは劇中家庭でも職場でも無視される生活型刑事で昇進、業務ストレスに苛まれている普通の男性たちの現実的な苦しみを、特有の生活演技でリアルに表現して観客達を共感させる予定だ。
共にウルフドッグ殺人事件が昇進を見送ってきた哀しい刑事生活を一度にひっくり返すチャンスとなると直感してから、長い間刑事として生きてきて気兼ねして食べるご飯と経験が蓄積された「ご飯捜査」を繰り広げる予定なので、彼の活躍に対する疑問が重なっている。このように生活型万年刑事“サンギル”として戻ってきたソン・ガンホはまた一度大韓民国刑事キャラクターの真髄を見せて、観客に強い印象を残すと期待される。

感性捜査が繰り広げる新人女刑事として変心した“イ・ナヨン”違った感性演技を見せる!

『私達の幸せな時間』『知ってる女性』などの作品で優れた容姿と安定した演技力で人気の女優イ・ナヨン。彼女が今回の映画『ハウリング』で全てが法人だけに捕まえようとするとき唯一事件の後ろに隠された真実を明らかにする新人女刑事「ウニョン」に扮して新たな魅力を見せる。昔あまり見られなかった男-女刑事パートナー関係でありながら女刑事が助手の概念でない劇の中心を引いていくという点で、余り見られない新たな女刑事キャラクターである“ウニョン”はイ・ナヨンにとって大きな挑戦だった。しかしイ・ナヨンは男性中心の刑事の世界で女性という理由で無視されるが、優れた直感と誠意で細かい捜査を繰り広げる女刑事キャラクターを特有の感性演技で完璧に表現した。そして女刑事として知能的な活躍だけでなく足で走り体でぶつからなければならない肉体的苦労まで受け入れて、以前は見られなかった強さを見せる予定なので期待される。特に巡回隊出身だったキャラクター設定上オートバイ運転シーンが多かった彼女は、撮影前からオートバイ免許証を取得して5~6ヶ月間ずっとオフロードでオートバイ運転をして作品に対する人一倍の熱意を見せた。このように細かい感情演技アクション演技で、冷たい知性と感性が共存する新人女刑事として完璧に変心したイ・ナヨンは、映画界で新たな女刑事キャラクターを提示してこの冬観客達を独り占めにすると期待されている。
戻る