Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

大韓民国No1メソッド演技派俳優キム・ミョンミン! 熱い演技への情熱でマラソンに挑戦する!
俳優と劇中人物との徹底した同一視で、写実主義演技を称する「メソッド演技」の第1人者キム・ミョンミン! 彼は聖雄李舜臣から天才外科医師チャン・ジュニョク、カリスマ名指揮者カン・マエ、ルーゲーリック病患者ペク・チョンウ、差出がましくマヌケな朝鮮時代の名探偵まで、TVとスクリーンで多様なキャラクターへの完ぺきな変身に成功して、名実共に大韓民国最高の「演技の本座」に浮上した。作品ごとに多様なキャラクターの変化で、最高の演技を披露する俳優キム・ミョンミンが、今回は映画『ペースメーカー』で、他の選手のために30kmのペースメーカーとして走り続けるマラソンランナー、チュ・マノに変身する。

今まで多様な作品でキャラクターと渾然一体になったキム・ミョンミンは、今回の映画『ペースメーカー』でも、個人よりは俳優としてのマラソンランナーの姿を選び、「演技の本座」「コミックの本座」に続き「感動の本座」として観客を魅了する。

5千万人の国民俳優と忠武路のブルーチップが一堂に! アン・ソンギ、Ara、チョ・ヒボン、チェ・ジェウン、チェ・テジュンなど最高のキャスティング! 最高のシナジーで無限の感動を作り出す!
アン・ソンギ、Ara、チョ・ヒボン、チェ・ジェウン、チェ・テジュンなど、映画やミュージカル分野最高の俳優が映画『ペースメーカー』で一堂に会した。これらの俳優はそれぞれ個性あふれるキャラクターで演技の対決を繰り広げ、また違う感動に責任を負う予定だ。

韓国を代表する国民俳優であり韓国映画界の大黒柱アン・ソンギは、チュ・マノをペースメーカーに起用する冷徹な国家代表チーム監督パク・ソンイルを演じた。冷たいカリスマと奥深い内面演技を同時に表現する彼は、映画の中でチュ・マノという人物と、義理と愛憎を超えた選手と監督の関係を形成する。
映画の紅一点Araは子役としてスタートし、最近は成熟した演技者の姿で大衆の愛を得ている。『ペースメーカー』で彼女は、チュ・マノと運動選手としての共感と友情を育む陸上界の国民の妖精ユ・ジウォン役で韓国映画界にデビューし、ユ・ジウォンを通じて今まで見せたことのない新しい魅力で忠武路を魅了する。

このように映画『ペースメーカー』は、多様な魅力の助演俳優が繰り広げる華麗な演技の対決で、無限の感動を一層グレードアップするだろう。
戻る