Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > ただいま恋愛中

   ただいま恋愛中   
ただいま恋愛中
演出:オ・セガン
出演:チェ・リムソ・ジソプ、チェ・ユニョン、イ・ウィジョン、クォン・サンウ、キム・ナウン 
放送: SBS TV 2002 .1〜(水,木)
Homepage: http://tv.sbs.co.kr/loving/





SBSの新ドラマスペシャル[ただいま恋愛中]では、互いに異性として好感を持つ異性間の友人関係が見せる微妙な感情をドラマを通じて解き明かしていく。

特に、異性の友人に恋人が現われた場合に経験する様々な変化を描き、人間として互いを先ず理解する段階を経て恋人まで発展する関係が一番理想的な恋愛形態だということを見せてくれる。

これ以外に自分が掘った落とし穴に自分がははまるというカサノバ的コミックや、最近特に多いという女性が感じる外貌コンプレックスを皮肉る。今回のドラマでは誰でも真正な愛を受けるなら、美しくなり、自信感を持つようになるということを描いたドラマ。

ユン・ホジョン(チェ・リム) - 1975年生、兎年。
このドラマの主人公。周りでも有り勝ちな平凡な20代女性。誰もが一度は経験したことがあることを経験して、誰もが一度は会ったことがあるような男たちと出会う。しかし、そんな平凡な事件すら自分だけの特別な経験として受け取り、その中で特別な何かを感じ取ろうとするところが彼女なりの非凡さである。

チェ・ギュイン(ソ・ジソプ) - 1975年生。
ホジョンのそばで絶えず影響を与える男。ホジョンの恋愛史の中で時には告白の練習相手になったり、時には裏切られた男の代わりに頬を引っ叩かれたりする。初めて会った時からホジョンに何となく好感を感じるが、その感情を愛として確信するまで長い時間がかかる。

カン・チャヒ(チェ・ユニョン) - 1975年生。ホジョンの高校の時の同級生で、ホジョンに初めての失恋の痛みを与えた張本人。しかし、自分の出生にまつわる悲しい秘密を告白することでホジョンが自分を憎めなく仕組んでおいて友だちになる。一番自信のあることが他人の男を横取りすること。女性たちの間では悪名が高い。男どもは勿論、必要な時はホジョンまでもためらいなく利用するが、自分なりの義理で死んでもホジョンの男だけは手をつけないことを約束する。しかし、初めて結婚まで決心したギュインがホジョンを好きなことが分かってジレンマに陥る。

カン・スジ(イ・ウィジョン) - 1975年生。ホジョンの高校時代の同級生で不細工な顔意外は、まったく申し分のない才女。しかし、明晰な頭脳と優しい心を分かってくれる男がいなくて恋愛経験が全くない。名前と顔の不調和が最大のコンプレックス。1時間以上会話をしたことのある異性がホジョンの弟だけなのに、その弟まで不細工な女だけを狙ったプレイボーイだと知り男に対する警戒心が高まっただけだった。

ユン・ホジェ(クォン・サンウ) - 1977年生。ホジョンの弟。ホジョンが感嘆するほどの美男子。母親の性格に似て現実的で計算的な面が多く、ビジョンのない男たちに心を奪われるホジョンを情けなく思う。自身が持った唯一の才能、すなわち女性を捕らえる魅力を利用して成功しようという野心的な抱負を抱いている。
  [ ただいま恋愛中 関連商品検索 ]  [ ただいま恋愛中 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]