Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 春のワルツ

   春のワルツ   
KBS 2TV 月火ドラマ 『春のワルツ』(봄의 왈츠.2006)

初放送 : 2006年 3月 6日
放送時間 : 毎週月&火曜日夜 9時 55分放映
演出 : ユン・ソッコ
脚本 : キム・ジヨン&ファン・ダウン
出演 : ソ・ドヨン, ハン・ヒョジュ, イ・ソヨン, ダニエル・ヘニー




ユン・ジェハ (ソ・ドヨン) コンクール入賞で国民の関心を一身に集める次世代のクラシックピアニストユン・ジェハ。
悲しみがピアノメロディーからも伝わってくるとの評価を受けるほど彼のピアノ演奏は何かが違う。両親にも丁寧で他の人々にも正直だ。しかしこの人…普通の性格ではない。 どれほど気難しいか。友達もたった一人しかいない。勿論友達はジェハが自分だけには善良で親切なやつだと言いはするが、誰がその言葉を信じるのか?事実、 ユン・ジェハ本人もそれほど悪いと評価を受ける性格、というわけではない。フィリップに見せるリラックスした姿。 といえども勿論カリスマ性は捨てていないが… それが本当の自分に近い姿だ。でも他人にはそんな姿そうそうは見せない。 親のジスクやミョンフンでさえ…それは幼い頃に葬った世の中で3人だけが知るユン・ジェハの真実のせいだ。

パク・ウニョン(ハン・ヒョジュ)
昼はキムパプ屋で一生懸命キムパプを作って売って、夜はトラック屋台でアクセサリーと衣類を売る。そのため人々に会うのが仕事でいつでも誰にでも親切だ。勉強はよく出来るほうではないが、夜遅く家に帰ってマメにアクセサリーを作り、眠るまでアクセサリー作る能力と努力だけは特別だ。その努力を神も認めたのか彼女のもとに遂に幸せなニュースがやって来た。別に期待もせず応募した工芸公募展で大賞に輝いたのだ。その上副賞がオーストリア本社見学。 ウニョンは夢うつつだ。幼い頃から特に何かを作るのが好きだったウニョン。 しかしたまに貝殻で何かを作っていると思い出す人がいる。憎い人。 恨めしい人。 その人は今何をして暮しているのか? 幼い頃やって来て自分の人生を根底から変えてしまったその人… 一度会ってみたい。

ソン・イナ (イ・ソヨン) クラシックアルバム公演企画会社企画チーム長。
イナに会った全ての人々はたちどころに彼女を羨ましがる。何一つ非の打ち所が無い。それでもイナはいつも胸の奥深く自分にも欠けているものがある..足りないものがあると言いたい。 それがユン・ジェハだ。 それほどイナにはユン・ジェハが特別な人だ。そしてユン・ジェハを思うたびに思い出す事が一つ。 ピアノだ。幼い頃ジェハと共にコンクールに出場するほどピアノが巧かったイナ。しかしジェハが韓国を去って以降ピアノを遠ざけるようになった。その後ジェハに会うために、また新しい夢を見つけるためにジェハのいるカナダに向かった。そこでジェハを捜すのには失敗したが、芸術経営を学んだ。帰国して両親が運営する会社で末端職員からスタートして企画チーム長になったイナ。ある日オーストリアで活動中のユン・ジェハの記事を見てユン・ジェハの韓国進出を推進することを決意する。 オーストリアに向かうイナ。15年ぶりにジェハに会うという期待にただただときめくばかり。

フィリップ(ダニエル・ヘニー) ユン・ジェハのグローバルマネジャー
一時はピアノを勉強したが今はピアニストのマネジャーに路線変更したケース。幼くして音楽の神童との期待を集めたフィリップ。 ピアノ、 チェロ、 そしてギターまで … 多方面に渡り、ある程度までは上達するのだがいつも限界にぶつかった。専攻で選択したピアノでも限界にぶつかるのは同じだったが、もしかしたら数日後には才能が発揮され立派な演奏が出来るかも知れないと思ったりもした。 その期待を打ち砕いたのがユン・ジェハだ。フィリップが胸の中で認めた本物のベストフレンド。 訳もなく意地悪をする時もあったが、彼の演奏を聴けばフィリップ本人の心も動いた。ピアノもやめたが音楽とは別れがたく、見つけた道がマネジャーだった。自分の人間関係の力量でユン・ジェハレベルの演奏実力だったなら…意味ある仕事が出来ると確信した。韓国人の母とオーストリア人の父の間に生まれた。[写真=NEWSIS]

企画意図
彼らに徐々に春がやって来ている。 彼らは皆春の日差しみたいな新しい愛を夢見ている。秋の童話、 冬のソナタ、 夏の香りに続くユン・ソッコ監督の季節シリーズ完結版。「世の中がいくら変わっても今もどこかにはこのように純粋で、美しく愛する人々がいる。」季節シリーズを企画しながらユン・ソッコ監督が一貫して見せようとする主題はまさに純粋な愛です。最後の<春>もやはりこの主題の延長線上にあります。長い冬を経て氷を割って出てきた若芽のように、 長い夜を経て透明な朝の日ざしを受ける草の葉の露のように、人々の心に深い響きを与え世の中を清く浄化してくれる美しい恋物語をもう一度描こうとしています。
運命によって孤島となってしまった男…そして彼を抱く海のみたいな女 人々の中でもいつも寂しい男がいます。今の自分、 過去の自分、叶えたい自分、 見えてくる自分、 そのうち本当の自分は誰なのか? どこから糸口を解くべきなのか、全てのものがもつれてしまって、益々疎通不可能になって、彼は既に感情を捨てて頭でだけ世の中を生きようとします。そうやって世の中で益々孤立した島となって行く彼に1人の女性が現われます。そして自分を ‘守護天使’だと呼ぶ彼女によって荒れて寂しい彼の島に少しずつ春がやって来ます。
人間本来の傷を治癒して弱い魂を包み込む愛という名の薬人々は誰も各自の絶望と傷を抱いて生きています。ドラマ<春のワルツ>は漠然たる現代人達に純粋で美しい愛の力を気づかせる治癒のドラマです。 全てを収容する大自然と変わらない季節の美しさ。その中で繰り広げられる2男女の純愛譜的な愛。 ドラマ<春のワルツ>ユン・ソッコ監督特有の繊細さと、叙情的な映像美を通して再び私たちが胸の奥に葬ったおぼろげな純粋へのノスタルジーを感じさせることでしょう。

『春のワルツ』現場公開
『春のワルツ』制作発表会
季節シリーズ完結編『春のワルツ』現場公開

出処 : KBS放送 http://www.kbs.co.kr/drama/springwaltz/
  [ 春のワルツ 関連商品検索 ]  [ 春のワルツ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 春のワルツ 関連ニュース:::
『春のワルツ』ハン・ヒョジュ、 涙を拭いて笑う感性的なポスター公開 2009/07/01(Wed) 17:04
『春のワルツ』ソ・ドヨン、ハン・ゴウン&イ・シヨンと同じ事務所に 2009/06/01(Mon) 20:03
ドラマ『春のワルツ』ハン・ヒョジュ、「実際の性格は愛に消極的」 2008/07/25(Fri) 19:08
歌手ウ・スンミン、『春のワルツ』ハン・ヒョジュに歌をプレゼント 2008/02/14(Thu) 17:45
【止められない結婚の制作発表会】『春のワルツ』ソ・ドヨン、「コメディ演技に 2007/11/01(Thu) 18:01
『春のワルツ』ソ・ドヨン、『止められない結婚』でラブコメに挑戦 2007/10/12(Fri) 13:15
『キム・サンスン』&『春のワルツ』のダニエル・ヘニー、日本で人気 2007/08/06(Mon) 09:51
『春のワルツ』S.Jin、NHKオーケストラの伴奏で慌惚な熱唱 2007/08/03(Fri) 12:38
『春のワルツ』ドラマ挿入曲歌ったS.Jin、日本進出 2007/07/31(Tue) 16:35
『冬のソナタ』から『春のワルツ』まで…日本でドラマコンサート開催 2007/07/30(Mon) 16:30