Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > Lovestory in harvard

   Lovestory in harvard   
SBS ラブストーリー イン ハーバード(Lovestory in harvard)
(러브스토리 인 하버드, 2004)

演出-イ・ジャンス
シナリオ-チェ・ワンギュ
出演-キム・レウォンキム・テヒイ・ジョンジン、キム・ミン




キム・ヒョヌ(キム・レウォン)-韓国から留学して来たハーバードロースクール新入生。代々名のある法律関係の家柄の出身。お爺さんは尊敬される最高裁判官..お父さんはローファーム代表。叔父さんは検察高位幹部。姑母は法大教授。兄さんは検事。お姉さんは判事だ。頭脳、包容力、行動あらゆる面で余裕がありお金や名誉、権力などに拘束受けない暖かい心の持ち主。

イ・スビン(キム・テフィ)-ハーバードメディカルスクール3年。幼い時に移民に来て、苦労するお父さんの下で独立心と生活力を全身で体得した強くて利口な女性。自分感情に率直で堂々として、ヒョヌとの愛のためなら自分の夢を実現させることができる一生に一度のチャンスを放棄することのできる、本当の愛を知ってる女性。

ホン・ジョンミン(イ・ジョンジン)-アメリカ的合理主義者、原理原則主義者、礼儀正しいマナーと清潔な身なり貴族的風貌を持った彼。クールで理知的で自信感溢れる彼を見れば、苦労なんて知らずに育ったおぼっちゃまという先入観を持ちやすいが、お父さんがかろうじて掘り起こし出した事業体がヒョヌの父親が主導したローファームとの訴訟で負けてしまい、それによってお父さんさえ失った傷を持っている。

ユ・ジナ(キム・ミン)-典型的なアメリカ人として育った。自分が目標にする対象はどんな手段を使っても成してしまう執拗さと所有欲を持った。ジョンミンを自分のものにしようとして愛してしまい、またその愛を奪うために自分を捨てる状況にまで至るが、彼の心を得るのに失敗する。

あらすじ
世の中の一番熾烈な所で彼らは会った。

きしむ重い木の椅子、何百年の間ゆっくり腐食されて来た場所、そしてその歳月を共にした名前の分からない幾多の若い魂たち。ハーバードの図書館は灯りが消えない。そこの若者達は百年前からそのように今も図書館の片隅で夜をあかし、彼らの胸には常に夜明けの冷ややかさが滲んでいる。

このドラマは世の中で一番熾烈な所、ハーバード大学で会った人々の話だ。目的は違うが彼たちの共通点は、学問を喜んで楽しむ熱情、一番つらい所で自分をかなぐり捨てることのできる覇気だろう。われら主人公たちは、まさにその中心に立っている人々である。
(出処: http://tv.sbs.co.kr/lovestory/)
  [ Lovestory in harvard 関連商品検索 ]  [ Lovestory in harvard 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]