Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 日差しが降り注ぐ

   日差しが降り注ぐ   
SBS 日差しが降り注ぐ (햇빛 쏟아지다) (2004.2.11放映)

演出 : キム・ジョンヒョン
シナリオ : チョ・ジョンファ
出演 : ソン・ヘギョチョ・ヒョンジェリュ・スンボム




がむしゃらに生きてきた一人の女の前に現われた二人の男..
2号線で一番幼いが一番がむしゃらに頑張るヨヌ(ソン・ヘギョ)は、今日もゴム手袋を販売している途中で警察の取り締まりにひっかかると死にもの狂いで逃げる。捕まえられるのは怖くないが品物を押収されたら終りだ!

捕まえられようとした瞬間、警察官の制服を着た一人の男がヨヌにそのまま飛び掛って捕まえる。
警察帽の下でクスクス笑っている男..まさしく彼はミノ(リュ・スンボム)だ!

ミノは幼い頃から隣りに住んでいた家族のような存在。年はヨヌより2つ多いがヨヌはいつも彼を「ミノ!」と呼びながら食って掛かっていた。今でもその呼び方が気楽だ。見た目にふしだらなやつが警察官になったと思ったら、2年前に何か過ちを犯したのか、急に江陵に左遷させられた。

ミノがヨヌを見つめる視線の中には愛と慈しみが溶け込んでいる。お父さんが亡くなって、甲斐性のない継父のためにお母さんのパン屋まで失い、継父が他に子供まで生ませておいて、母が死ぬとすべての重荷はヨヌの肩にかかってしまった。今も抵当につかまっている母のパン屋の建物に無鉄砲に住んでいる彼女は、母に対する愛憎のためにパンの臭いを嗅ぐのも嫌やだし、パンも食べない。何より愛なんてものが信じられない。

そんな彼女に、運命のように現われたウンソブ(チョ・ヒョンジェ)。彼に対する秘密が明かされながら転換点を迎えるようになるのだが…
フランスのパリからたった今韓国に着いたウンソブ(チョ・ヒョンジェ)は、自分の初恋であるスアの結婚をくい止めようと急いで結婚式場に向い、ヨヌ(ソン・ヘギョ)は懐中電灯を売るために今日も変わらず重たいカバンを引いて電車に乗る。偶然にウンソブの横に座ったヨヌは...

- 出処 : SBS 日差しが降り注ぐ Homepage
  [ 日差しが降り注ぐ 関連商品検索 ]  [ 日差しが降り注ぐ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]