Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 殴れ

   殴れ   
SBS 「殴れ」 (2003.10. 8. 放映)

演出:イ・ヒョンジク
シナリオ:イ・ユンジョン
出演:チュ・ジンモシン・ミナ、ソン・シギョン



法より拳が通じる世の中で、悲劇的な運命の中で出会った男女が、拳より愛を選んで希望を探して行くというストーリー..殴れ!
「リング」という合法的な空間、死闘のあげくに不意の事故が起こる。

最後のパンチだけでも食らわさなかったら生きていたのに...
罪意識に陥ったボクシング有望株。
彼は一人ぼっちになった死んだ選手の妹にボクシングを教えることで、罪意識を洗い流すことができるのか?残された妹は兄を殺した恩讐を心から赦して受け入れることができるのだろうか?!

兄の敵が自分の恩人になって帰って来る。その愛は成立できない愛なのか、いや成立してはいけない愛なのか?!
間違ったことを見れば我慢できないタフな少女がボクシングという運動を通じて女に成長する。
この不適な女性ボクサーが、二つの拳だけで荒い世の中に挑戦状を突き出す。
兄のユチョル(キム・クァンイル)の新人王4強戦競技の応援しに駆け付けたユビン(シン・ミナ)は、体育館のトイレ前で偶然にハンセ(チュ・ジンモ)とでくわす。
のらりくらりするハンセを見て不気味に見えるが、華麗な個人技で相手をKOさせるハンセを見ると感歎と共に、兄のユチョルがあんな選手と決勝戦でぶつかるのかと考え、警戒の視線を送る。新人王決勝の前日。
チェチョルは決意を固めて、華やかなアウトボクサーのハンセを迎え運命のリングに上がる。チェチョルはハンセに急所をやられ、ハンセはもうグロキー状態であるチェチョルに決定的なカウンターを相次いで命中させてチェチョルを倒す。

ユビンは急いで駆けつけて来たが試合は終わっていて、兄が試合の途中に頭を殴られたことを知って泣きながら抱きつく。チェチョルは精密検査の通報を受けて、翌日病院を退院するが遺懸症と嘔吐症状を見せて意識を失ってしまう。

2年後..
プロテストの日に向かうユビンに拳闘の哲学を植えつけてくれる。
ヘミは偶然にハンセの秘密を立ち聞きするようになってプロデビュー前日、「決勝-ハンセ」と書かれた録画テープをユビンに送る。
ビデオを見守ったユビンの顔はますます硬直していく。ハンセの秘密を、兄のチェチョルの死の現場を知るようになる。ビデオを見て硬直しているユビンの前にハンセが現われる。
ハンセはユビンの肩を取って理由を教えようとするが、すでに固くなってしまったユビン。ユビンは感情を抑えられないままプロデビュー戦を行う。練習の時とは違い怒りのパンチを爆発させるユビンを見て妙に思う。
ユビンはある瞬間、自分がめちゃくちゃに殴った相手選手から死んだ兄を見付けて油断した瞬間、殴られてノックダウンする。血と涙でぐちゃぐちゃになったユビン...
ハンセはユビンが自分の正体を知ったという事実が分かって衝撃を受けるようになるのだが...

- 出処 : SBS「殴れ」homepage
  [ 殴れ 関連商品検索 ]  [ 殴れ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 殴れ 関連ニュース:::
キム・ブソン「財閥家の既婚男性の子を妊娠…死ぬほど殴れた」 2020/08/18(Tue) 14:00
“暴行デマ”イム・ジェボム、「実生活では殴れない」 2011/11/30(Wed) 23:00
現場出動した119隊員殴れば刑事処罰 2010/02/17(Wed) 12:17