Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > イブのすべて

   イブのすべて   
イブのすべて
放送:MBCミニシリーズ-2000.4 〜 7
演出:イ・ジンソク
出演:チャン・ドンゴンチェ・リムハン・チェソクキム・ソヨン
公式ホームページ(MBC):http://www.imbc.com/drama/eve/index.html





一時、女子大生が最もなりたい人といえば、一位が有望な女性アナウンサーだった。ある程度の美貌と実力を備えなければならないアナウンサーの華やかさに、女子大生たちは魅力を感じたわけだ。このドラマでは、アナウンサーの夢を叶えようとした二人の女の子にスポットを当てた。

手段と方法を選ばないホ・ヨンミと、純粋さをもち、自分の価値を認めてもらいたいチン・ソンミ。もちろん、彼女らが願うことは「プロ」になることだ。彼女らが、プロになるために徹底した努力を見せてくれる。

あらすじ

ヨンミ(キム・ソヨン)の夢は決してみすばらしくない。彼女の最終目標はアナウンサーウーマン。不遇だった過去と自身を侮る世の中に対する復讐として、女性ならばだれもがなりたい9時のアナウンサーの位置を狙う。疎外されているという考えにかられたヨンミは、ただ世の中に対する敵愾心と、自身の成功だけしか見えない。

ソンミ(チェ・リム)の父親のキソンの親切は、成功の踏み台でしかない。ヨンミ(19)は、父親が死んだという消息を聞き、涙さえ流さなかった。むしろ「今から、自分は自由の身だ」と考え、さらに興奮させた。母親の連絡先さえ知らない。

ソンミ(チェ・リム)の父のキソンは、父を失ったヨンミを娘のように面倒をみてあげた。ソンミとヨンミは、父親によって親しく過ごすが、ヨンミは幸せそうに見えるソンミが羨ましく嫉妬心が生じる。そうしながら、ソンミが持っているものが羨ましく、結局はボーイフレンドのウジンを奪う。

愛していたウジンを失った悲しみに苦しんだソンミは、心の整理の為に前から計画していたロンドンへ語学研修にいく。そこで留学生のヒョンチョルに出会う。ヒョンチョルは、自分と同じように傷だらけだけど、肯定的で、きれいな心を持ったソンミに好感を感じる。

ソンミもやはりヒョンチョルに頼り、二つとない友情を積む。再び韓国に戻ってきたソンミと、ヨンミはテレビ局のアナウンサーとして合格した。

華麗で優しく自分の位置を確保していくヨンミに比べて、性格上、親和力の落ちるソンミは、立地を固められないでいる。見習いの時から、ヨンミとの差がつき始めた。

そうしてソンミにチャンスができたら、毎回ヨンミが妨害する。そんな中で新理事としてヒョンチョルが登場する。全ての人から若し実権者として見えるヒョンチョルだが、ソンミには優しい先輩でしかない。

こんな姿は、前からヒョンチョルを好きだったチュウヒ(キム・ジョンウン)の目に、良く写るはずがない。また富豪の息子ということでエサを見つけたヨンミ。だが、ヒョンチョルとソンミの関係は急速度に近ずいていく。


innolifeのじーにょの韓国ドラマ雑感12回「イヴのすべて」

◆関連ニュース
韓国ドラマ『イブのすべて』が日本で10月放送(2002/08/20)
  [ イブのすべて 関連商品検索 ]  [ イブのすべて 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 イブのすべて 関連ニュース:::
チャン・ヒョク主演中『イブのすべて』人気に放映終了 2010/10/15(Fri) 22:05
チェリム、中国リメーク『イブのすべて』特別出演 2010/05/27(Thu) 17:07
チャン・ヒョク主演中国版『イブのすべて』、制作発表開催 2010/04/02(Fri) 21:08
チャン・ヒョク、中国版『イブのすべて』に主人公で出演 2010/03/27(Sat) 23:19