Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > ライフ(라이프)

   ライフ(라이프)   
JTBC『ライフ』
初放送:2018年7月23日
放送時間:月、火 午後11時
演出:ホン・ジョンチャン、イム・ヒョンウク
脚本:イ・スヨン
登場人物:イ・ドンウク、チョ・スンウ、ワン・ジナ、イ・ギュヒョン、ユ・ジェミョン、ムン・ソリ、ムン・ソングン、チョン・ホジン、テ・インホ、ヨム・ヘラン、チェ・ユファ、オム・ヒョソプ、キム・ウォンへ




イェ・ジヌ役(イ・ドンウク)
サングク大学病院救急医療センター専門医。韓国医療界の現実であれ、大型病院の問題であれ、やるからには悩みながら生きていくには日常が忙しすぎる救急医療センター所属。本音を簡単に露出するほうでもなく、注目されるのが好きなわけでもないから、仕事だけシて静かに暮らしている。同僚たちとも真剣な話は避けるほうだから、冗談なんかを言ってみるが、ジヌの心の中には医師が行くべき道に対する明確な基準がある。だが、この基準に反する事件が発生することになる。彼の職場であり、母校であり、家のようなサングク病院に大企業出身の専門経営者ク・スンヒョが社長に就任したのだ。医療機関と企業を同じように経営し、収益モデルに集中する社長ク・スンヒョを止めないとこれから病院がどうなるのか、はっきりと見えるジヌ。彼が声を出し始める。まだ青年医師の彼の声は、最初は小さかったが根気がある。歩みは遅くても止まることなく、沈んだように見えても、いつも模索していて、諦めず持ちこたえていく。人を信頼して受け入れるのに時間がとても長くかかるタイプだ。




ク・スンヒョ役(チョ・スンウ)
サングク大学病院総括社長。手を付けるのは好きだが収拾できない父親と、これに比例して小言が増えた母親と一緒に暮らしている。ファジョングループ奨学金第1期の受益者として卒業後、ファジョングループに入社し、奨学生の頃から彼のことを目にかけていた1代目会長に随行していたら、グループ最年少CEOまでに至った。そのため1代目会長の隠し子だという噂もあったが、実力と実績でそんな噂を一掃した。強い労組で有名な貨物会社を4年間率いたが、グループが最近買収したサングク病院に総括社長として赴任した。親しい弟分が彼のことを働きアリと呼ぶほど仕事をする。手から離さない携帯電話には、絶えず仕事に関連する情報のメッセージが画面に浮かび、オフィスに向かう足取りさえ速い。絶えず事業の方向を構想しながらプランBを探し、今後起こるであろう状況を予測して準備しようと努力する。企業として営業利益の追求はあまりにも当然のこと、だが、人間としての倫理と越えないようにしないといけないことは分かっている。人より物が先だったこれまでの事業場ではこの基準点に対して心配する必要がなかっただけだ。命に関わる大学病院で一日一日を過ごすほど、他の場所では考える必要がなかった社会的人間としての基準点を自覚して、それをさらけ出すようになる。


イ・ノウル役(ウォン・ジナ)
小児青少年科専門医。イェ・ジヌとは医大の同期同窓。ジヌとは性別を区別がない曖昧な仲。医師だけでなく、スタッフとも親しくしているが、彼女が気になるのは、信頼できる存在なのかもまだ分からない新社長のク・スンヒョだ。スンヒョを冷血人間だと見ている同僚たちとは違い、彼女は病院をよく知らないから、病気の患者に接した経験がないからそうなのだと一抹の希望を持ってスンヒョに病院のあちこちを見せようと努める。ノウルはむしろ今がチャンスじゃないかと思うようになるのだが…。


イェ・ソヌ役(イ・ギュヒョン)
健康保険審査評価委員会に勤務する整形外科専門医。サングク大学医学部を卒業し、他の医療機関で整形を専攻した。専門医になったが、結局現場は諦めて現在は健康保険審査評価委員会で審査員として勤務している。ソヌは病院に残れなかった。母と兄の支援がなかったら、最初から夢も見ることができなかっただろう。ところが、そのありがたい家族に大きな借りを作ってしまった…ソヌの胸を苦しめるのは、母にも兄にも長い間告白できなかった心の負債だ。


チュ・ギョンムン役(ユ・ジェミョン)
サングク大学病院の胸部外科センター長。いつの時代でも必要な理想的な医師だが、多少ハムレット型だから右往左往をよくする。100%サングクの卒業生で構成されたセンター長中、唯一他校出身だということを本人も意識していて、できるだけ衝突しないよう頭を低くしているが、胸の中では炎が燃え盛っている。権力を握って同僚の上に立ちたいという欲望ではなく、改善されない医療環境に何度も挫折しながら鬱憤が溜まったものだ。時には何もかもひっくり返してしまいたいし、時には何もかも辞めて故郷に戻って悠々自適に暮らしたい。でも、今日も手術室からのコールを拒めず駆けつける。


オ・セファ役(ムン・ソリ)
神経外科センター長。女性の神経外科専攻自体が珍しかった20年前からこの分野で頭角を現していたテクニシャン。その中でも最も要求の厳しい脳神経が主専攻だ。サングク大学病院で女性が神経外科センター長になったのはセファが初めて。両親とも本校医学部教授だ。忙しくて偉大な両親の下で存在感を示そうとする意欲が幼い頃からとても強かったが、その意欲よりも強いのが手術に対する情熱だ。新しい手術法が出てくると、お菓子屋に入った子供よりも目を輝かせる。ただ、少し冷たい性格のため、患者に直接接することはあまり好まない。元の性格が優しくもないが、医師の仕事のプライドが強すぎて、親切にしなければならない理由がわからない。彼女が一番嫌いな言葉は、まさに医療行為がサービス業だという言葉だ。一体どうして医療がサービスに分類されるのか分からない。


キム・テサン役(ムン・ソングン)
サングク大学病院副院長、整形外科センター長。サングク大学病院の万年副院長。4回再任に成功した院長イ・ボフンの下で3回副院長の座を守った。延々と11年もだ。かつて兄弟のように親しかった医学部の先輩で職場の上司だったボフンとの仲に溝ができると、人の良いイ・ボフン院長の下で憎まれ役を担当し、後始末は全部任されていたテサンは、我慢できなかった。だから、誰にも気づかれないよう、小さな罠を仕掛けたのだが…。


企画意図
私たちの体の中で起こる激しい抗原抗体反応のように、守ろうとする者と変えようとする者の信念が病院内の様々な群像の中で衝突する医療ドラマ。
  [ ライフ 関連商品検索 ]  [ ライフ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 ライフ 関連ニュース:::
『シングル男のハッピーライフ』ソンフン、汗を流して苦難の道(?)…トライアスロン訓練 2018/10/05(Fri) 23:30
『シングル男のハッピーライフ』ハン・ヘジン「鼻の手術したと騒ぎになった。実は彼氏と?…」 2018/09/29(Sat) 23:30
『シングル男のハッピーライフ』チョン・リョウォンが自宅のドレスルームを公開! 2018/09/22(Sat) 09:00
チョン・リョウォン、『私は一人で暮らす』…ラブリーなシングルライフ公開 2018/09/11(Tue) 18:00
“終了D-2”『ライフ』イ・ドンウク&チョ・スンウ、名残惜しさを和らげる写真大放出 2018/09/09(Sun) 10:00
『シングル男のハッピーライフ』東方神起ユンホ、母校訪問…通知表公開 2018/09/07(Fri) 17:00
『シングル男のハッピーライフ』ユンホのさく烈するモーニングダンス! 朝から激しく 2018/09/06(Thu) 20:00
ソン・スンホン『シングル男のハッピーライフ』出演認証!スタジオに登場するか? 2018/09/03(Mon) 17:45
ソン・スンホン『シングル男のハッピーライフ』撮影後コメント「楽しい思い出を作ってくれてありがとう」 2018/09/01(Sat) 21:30
ソン・スンホン、『シングル男のハッピーライフ』にサプライズ出演...パク・ナレとピンク気流 2018/09/01(Sat) 10:00