Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > スケッチ(스케치)

   スケッチ(스케치)   
JTBC『スケッチ』
初放送:2018年5月25日
放送時間:金、土 午後11時
演出:イム・テウ
脚本:カン・ヒョンソン
登場人物:RAIN(チョン・ジフン)、イ・ドンゴン、イ・ソンビン、チョン・ジニョン、カン・シニル、イム・ファヨン、イ・スンジュ



カン・ドンス役(RAIN)
ナビプロジェクトチームのリーダー。チュンギ警察署強力班のエース刑事。表面上は犯人を捕らえるためなら法と規範を軽く破ってしまう熱血刑事に見えるが、実際は緊急な事態になるほど冷静に状況を分析し、それに最も適切な行動をとる合理的な男。ハンサムなマスクにどこでも自信のある言動をとるから浮気者のようだが、彼にとって女性はミン・ジスただ一人だけだ。毎日、命がけの仕事でも、ジスがいるから耐えられるし、ジスがいるから頑張れってこれた。愛する人と幸せな家庭を築いて将来生まれてくるジスとの間の子どもたちに今より少しでも正義が通用する世の中を見せてあげたいというのがドンスの夢だった。だが、そんなドンスの夢は、ジスが何者かに殺害されながら砕け散った。なんで防げなかったんだろうか。ジスを殺したそいつを捕まえられるのはナビプロジェクトチーム(以下、ナビチーム)しかないと考え、ドンスはチームへの合流を決意した。


キム・ドジン役(イ・ドンゴン)
ドジンは誰よりも幸せな男だった。愛する妻とお腹の赤ちゃんまで。自分の子どもにとって特殊戦司令部隊員として絶対恥ずかしくない誇らしい父になると誓った。妻にはこれから一生守ってあげると約束した。3人には、永遠に幸せな未来だけがあるようだった。少なくともあの日が来る前までは。運命のあの日、ドジンのすべてが壊れた。ドジンが留守のとき、普段から彼女を狙っていた暴漢が妻を襲い、激しく抵抗した妻は殺されてしまった。愛する妻は凄惨に死んで冷たい遺体となり、お腹の赤ちゃんも日の目を見ることもできないまま目を閉じた。ドジンは、復讐を考えた。これ以外、ドジンができることは何もなかった。やつを殺すため緻密な計画を立てるドジン。ついに計画を実行に移そうとする瞬間、ある男が現れた。


ユ・シヒョン役(イ・ソンビン)
未来を描くことができる刑事。ナビプロジェクト捜査チームの中核。自動技術と名付けられた方法で、1日から最長3日の間の未来を描くことができる。可愛く溌剌に見える印象とは裏腹に、口から出てくる言葉は憎まれ口で、憎たらしい行動をとる。時には必要以上に荒っぽい姿を見せてドンスと対立したりするが、実はこれらはすべて知りながら救うことができなかった犠牲者への罪悪感から始まった行動だ。子どもの頃に急に始まったスケッチ。自分が無意識のうちに描いたスケッチが、将来起こることの予知だということを知ったシヒョンは悩みぬいた末、決断を下した。自分の能力で、できるだけ多くの人を救うこと。これが両親の死に償える唯一の道だと。自分の能力は、悪魔が下した呪いじゃなく、神からの贈り物なのだ。そうしてシヒョンは警察官になった。自分が持っている能力を使って、できるだけ多くの人を救うことができるように。


チャン・テジュン役(チョン・ジニョン)
本庁内査課の課長。ドジンの背後に立って未来の犯罪者たちを処断している男。シヒョンより強力な予知能力を持っている人物で、いかなる場合にもぶれない冷たさと余裕を持っていて、誰よりも冷酷に作戦を組んでドジンに指示を出す。自分の本当の正体を隠したまま、自分の役職や能力を利用して、ドンスやシヒョン、ナビチームを締め付ける彼は、おそらくナビチームにとってドジンより危険な相手かもしれない。


ムン・ジェヒョン役(カン・シニル)
ナビチームの総責任者。本庁課長兼ナビプロジェクトの総責任者。チームのトップらしく慈愛とカリスマを兼ね備えている。捜査チームとナビチーム間の橋渡しはもちろん、チームを解散させようとするなどの外圧を防ぐなど、チームの心強い支えになっている。


オ・ヨンシム役(イム・ファヨン)
ナビチームの技術サポート担当。あらゆる知識で武装した歩くデータベース。警察ハッカー大会で4年連続優勝したほどの優れたハッキン​​グ能力を備えている。現在ナビチームでコンピュータ関連業務と各種資料の収集と分析を担当している。「遊ぶ時は遊んで働く時は働く」をモットーに、仕事ができて遊ぶときは遊ぶホットな姉貴スタイル。シヒョンを実の妹のように可愛がり、女性としての生き方についてアドバイスや忠告を惜しまない。


ユ・シジュン役(イ・スンジュ)
ソウル中央地検の検事。シヒョンの実の兄で、ソウル中央地検の検事。ハンサムなマスクとソフトな笑顔にマナーの良さまで備えた男。そこに持って生まれた捜査企画力で大型事件をいくつか解決し、大衆的認知度も高いスター検事。同時に生まれつき持った政治的バランス感覚で、検察内の上部組織との関係も円滑な方。一人だけの妹シヒョンが抱えている心の傷や悩みを誰よりもよく理解しているから、その分シヒョンを可愛がって大切にしている。また、ナビチームが難関に直面するたび、可能な限りサポートを惜しまないなど、チームやシヒョンにとって心強い味方になっている。


企画意図
1つ目。予知能力を素材にしたウェルメイドドラマを目指す。
このドラマは、予知能力を素材に、腐敗した財閥や権力層一色の悪人たちとの対立構図、または千編一律的な愛の物語から抜け出し、今まで見たことがない新鮮な面白さを見せようとしている。

2つ目。現実世界には存在しない素材の中に、共感できる韓国的情緒を溶かし込む。
残念な事件のように熱い涙を流して不義なできごとに心から怒り、視聴者と一緒に呼吸する主人公たちのドラマ。明らかに西洋の感覚で作られた米ドラマとは違う共感を呼ぶことができると。その共感がまさにこのドラマが持つ最も強力な原動力になるだろう。

3つ目。クールな清涼感のあるサイダーのようなドラマを追求する。
スピード感のある展開を通して、予知能力を武器に見る人の怒りを誘う悪を懲らしめていく主人公の姿は視聴者に今まで感じられなかった痛快さをプレゼントするだろう。

4つ目。一人を生かすためにの百人の犠牲、百人を生かすための一人の犠牲。
一人を生かすための百人の犠牲、百人を生かすための一人の犠牲。もしあなたなら、どのような選択をするのか。
  [ スケッチ 関連商品検索 ]  [ スケッチ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 スケッチ 関連ニュース:::
GOT7、『ユ・ヒヨルのスケッチブック』で「JYP内売り上げ1位、新社屋持分率1位」 2018/09/27(Thu) 22:00
『スケッチブック』SUPER JUNIOR D&E、ユ・ヒヨルと一緒にピッタリ合った群舞 2018/08/25(Sat) 12:00
放映終了『スケッチ』チョン・ジフン(RAIN)、2年ぶりの復帰…再び立証した“信じて見る俳優” 2018/07/15(Sun) 10:30
『スケッチ』RAIN&イ・ドンゴン「最後まで助けてくれた同僚たちありがとう」 2018/07/14(Sat) 20:30
『スケッチ』RAIN&イ・ソンビン、イ・ドンゴンのアジト捜し出す 2018/07/07(Sat) 10:00
『スケッチ』、チョン・ジフンXイ・ソンビンの予想はずれた.. “興味津々どんでん返し” 2018/06/30(Sat) 09:30
“独歩的ビジュアル”…『スケッチ』RAIN、警官の制服認証ショット 2018/06/29(Fri) 16:45
『スケッチ』イ・ソンビン、カメラの外でもあふれる情熱 2018/06/28(Thu) 10:00
イ・ドンゴンの傷…新しい局面を迎えた『スケッチ』 2018/06/28(Thu) 09:00
『スケッチ』、イ・ソンビンの父の死に…チョン・ジニョンの背後に誰が? 2018/06/23(Sat) 15:30