Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 大君−愛を描く(대군-사랑을 그리다)

   大君−愛を描く(대군-사랑을 그리다)    
TV朝鮮『大君−愛を描く』
初放送:2018年3月3日
放送時間:土、日午後10時50分
演出:キム・ジョンミン、イ・スンフン
脚本:チョ・ヒョンギョン
登場人物:ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク、リュ・ヒョヨン、ソン・ジヒョン、ヤン・ミギョン、ソン・ビョンホ、キム・ミギョン、イ・ギヨン、ムン・ジイン、ジェホ、チュ・スヒョン、ハン・ジェソク、ユン・ソ

企画意図
王の息子として生まれたが、王になることができなかった運命の男たち。王子の身分で栄華を享受するが、世の中に出ることができなかった。その束縛に反旗を翻すと、世の中は彼らを逆徒にしてしまう。一人の女性を我がものにしようと、その女性を守ろうと、王になろうとしていた二人の男の戦争のような愛、今その愛がやって来る。

弟を殺しても欲しかった愛、世の中の誰も近づくことができなくしたかった、その女性をめぐる彼らの熱い欲望と純情の記録を描いたドラマ。





ウンソン大君イ・フィ役(ユン・シユン)
朝鮮の王子。朝鮮社交界最高の花婿候補。王位継承序列3位の高貴な身分に絶対美貌を誇る超絶モテ男。詩と絵に堪能していて、書体は中国名筆チョ・ソンソルの生まれ変わりだと称賛され、中国の使臣が先を争って持っていこうとするほど。次男チニャン大君に王才が見えると屈強な武人としてイメージメイキングするのとは正反対に、フィは自身に王才がないことをわざと見せようとしていた。






ソン・ジャヒョン役(チン・セヨン)
誰からも愛される朝鮮の代表的美女。子供の頃から美貌で有名だった少女。当然、朝鮮一番の美色だと全国から求婚者が列をなした。美しい姿とは反対に彼女の性情は竹を割ったような士だった父とそっくり。他人のことになると正義感や惻隠の情を見せ、自分のことには炎のような情熱で何事もつき進めてします。






チニャン大君イ・ガン役(チュ・サンウク)
フィの兄。第二の李芳遠を夢見る挑戦者。生まれてみると王の息子だった。だが、彼は万年2番目だった。長男の兄は自動的に世子に上がり、八方美人で天才の弟は努力もせずに簡単に人から愛される。悔しかった。長男でなくても王位に上がった父王を誇りに思って子供の頃、何も知らずに「次男として生まれたが、王位に上がられた父君に似たい」と言って要注意人物として烙印を押され警戒された。そうして目をつけらてしまった後、生涯を自分自身の存在を証明することだけに捧げた。父王の愛と関心が世子の兄に注がれたため、彼にできることは偏愛を超える不断の努力だけだった。






ユン・ナギョン役(リュ・ヒョヨン)
チニャン大君の妻で、ジャヒョンの友。名門家だが官職は低かった坡平尹氏ユン・ボンの次女。3男7女の大家族の中で次女として生まれ、注目されない悲しみを抱いていた。いつも両親の関心と愛情に渇望していたから、万年2番目のチニャン大君の飢えた心を誰よりもよく理解している。名門家の娘たちジャヒョン、ソルファと交際しながら自らのレベルを上げるため努力している。






ルシゲ役(ソン・ジヒョン)
女真族との混血児。鴨緑江の支流パジョ江流域に住む女真族の少女。母は征伐により捕まった朝鮮女性で、父は誰か分からなかったが、族長イ・マンジュだという説が支配的。身柄を解かれるなり自決してしまった母のおかげで、卑しく育った。生き残るため人間というよりは獣に近い本能でかろうじて生存しきたから、男に劣らない弓と槍の名手となった。


  [ 大君−愛を描く 関連商品検索 ]  [ 大君−愛を描く 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]