Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > タンタラ(딴따라)

   タンタラ(딴따라)   
放送:2016年4月20日〜
編成:SBSの水木ドラマ 午後10:00〜
製作:ウェルメイドイェダン、ジェミナンプロジェクト
脚本:ユ・ヨンア
演出:ホン・ソンチャン、イ・グァンヨン
出演:チソン、イ・ヘリ、カン・ミニョク、チェ・ジョンアン




シン・ソクホ(チソン)

当代最高の男女アイドルグループを育てたマイダスの手。 最高のアイドルを率いて独立し、トップを目前にしている。 しかし、人生はひと時の春の夢なのか、一夜にして底辺でもない、地下の底辺にまで落ちてしまう。

どうにかしてもう一度這い上がらなければならない。 いや…トップではなくても、地獄のような状況から抜け出さなければならない。 学んだのは嘘と策略だけで、またそれで作戦を練る。 その嘘と策略の中で大事な人縁ができる。 そのまたつかの間の嬉しさ。 大事な人縁は悪縁になる。 長い間もつれた運命に直面して、この男は“真正性”という初心を取り戻す。  


グリン(ヘリ)

通っていた大学も休学し、1日にいくつもアルバイトをして忙しく過ごしている。 1人の弟のハヌルを守らなければならないという責任感だけがある。 ハヌルを大学に行かせ、良い会社に入れて、どうかすると結婚もさせる。 それがグリンがしなければならない当然のことだと思って生きている。 歌が上手いハヌルが、両親の事故で全ての夢をあきらめたのが残念と思う。 そんなある日、シン・ソクホというマネージャーが訪れる。 見ても見てもチンピラのようだ。 しかし、ハヌルは彼を信頼しているようだ。 またバンドを準備して、少しづつ笑顔を取り戻すハヌルを見ると、それで満足する。 濡れ衣を着て前科者になったハヌルが、また幸せになるなら、どんなことでもできる。 だから決めた。 弟のマネージャーになると。 


ハヌル(カン・ミニョク)
バンドをやりたい高校3年生。 人は自分の声に情緒と通俗があると、褒めてくれる。 ずっと前に兄が死んだ。 音楽を愛し、アルバムを出したかった兄。 その兄が早くこの世から去った後、両親は音楽、タンタラに対する敵対間ができた。 やりたいのは音楽しか無いのに、両親はひどく反対する。 

でもどうかしてやりたい音楽、バンドをやると強情を張っていたが、両親は事故で亡くなってしまう。 その後、音楽はハヌルの禁忌語になってしまった。 絶望の中ですごした日々、ある事件に巻き込まれて悔しいことに濡れ衣を着て前科者になってしまったハヌル。 もう全てがはかなく、笑うことの無いハヌルにずっと前の大事な人縁がやってきた。 シン・ソクホ…ハヌルに音楽の翼を付けてくれるのか、もっと絶望に突き落とすのか。 誰も予想できないことだ。 


ヨ・ミンジュ(チェ・ジョンアン)

ソクホの古い友人。 アルバム投資会社の末端職員だった時、ロードマネージャーだったソクホと知り合った。 いつの間にかミンジュは、アルバム投資会社の部長になっていた。 10余年をソクホの女性の友人として過ごした。 容貌や業歴は、恥じることの無いと思われるオールドミス。 家柄も大したもの。 ミンジュが財閥家の末娘であることをソクホも知らない。 
  [ タンタラ 関連商品検索 ]  [ タンタラ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 タンタラ 関連ニュース:::
“タンタラの義理”..チソンXハン・ジミン、ヘリがコーヒーカーのプレゼントに♥ランラン 2018/08/28(Tue) 20:30
『タンタラ』チェ・ジョンアン「とても優しいチソン、肩の荷を下ろしてあげたかった」 2016/06/23(Thu) 20:40
放映終了『タンタラ』チソン&ヘリ、ほかほかロマンス…花道歩く“タンタラバンド” 2016/06/17(Fri) 09:00
『タンタラ』チェ・ジョンアン、「チソンを10年間好きだった」と告白 2016/06/16(Thu) 10:00
『タンタラ』チソンとカン・ミンヒョク、お茶の間を泣かせた涙のブロマンス 2016/06/09(Thu) 12:00
『タンタラ』チソン&ヘリ、ロマンスは看病から 2016/06/08(Wed) 17:00
『タンタラ』チソン、絶叫シーンで爆発的感情...スタッフも圧倒 2016/06/04(Sat) 20:00
イ・ヒョヌ『タンタラ』特別出演!期待倍増!  2016/06/02(Thu) 20:40
『タンタラ』視聴率僅差で1位に…水木ドラマ激戦 2016/06/02(Thu) 11:30
チソン「『タンタラ』で良いメッセージ伝えたい」 2016/06/02(Thu) 09:00