Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 応答せよ1988(응답하라 1988)

   応答せよ1988(응답하라 1988)   
tvN『応答せよ1988』
初放送:2015年11月6日
放送時間:金・土曜夜7時50分
演出:シン・ウォノ
脚本:イ・ウジョン
登場人物:ソン・ドンイル、イ・イルファ、ラ・ミラン、キム・ソンギュン、チェ・ムソン、キム・ソニョン、ユ・ジェミョン、リュ・ヘヨン、ヘリ、リュ・ジュンヨル、コ・ギョンピョ、パク・ポゴム、アン・ジェホン、イ・ドンフィ、チェ・ソンウォン、イ・ミンジ、イ・セヨン、キム・ソル、チャヨプ





ドクソン役(ヘリ)
姉に押さえつけられ、弟と小競り合いし、切ない思いをすることも多いドンイル家の次女。ニックネームは「特別に勉強できない頭」の略「トゥッコンデ」だ。999位とほぼ最下位の成績だが、成績なんて特に気にしない最高にクールな女。教科書よりハイティーンロマンスに、成績よりは外見に関心がある愉快で溌刺とした18歳だ。勉強以外は、したいことも、好きなことも沢山ある。一味違うセンスで、サンムン洞一のファッションピープル、元祖「ファッピー」だ。上下ジーンズで合わせて着用、テープで二重まぶた作るために鏡の前から離れることができない。多才でノリも良く、あり得ないダンスで友達を爆笑させ、大家であるソンギュンのギャグパートナーとして、この路地で雰囲気メーカーを務めている。しかし、家ではただ、“差別”と“迫害”の中でかろうじて生き抜いている、韓国の代表的な「次女」である。しかし、切ない思いをすることが多かったドクソンにもいよいよ希望の光が見え始めた…まさにその名を聞くだけで胸ときめく「初恋」が訪れたのだ。それも同じ町内に住む幼馴染を相手に、一世一代生まれて初めての愛、初恋が始まったのである。

ジョンファン役(リュ・ジュンヨル)
この世の全てに対して多くの不満を抱える無愛想なソンギュン家の次男。サッカーができなくなったら死んでしまいそうなほどサッカー馬鹿、町内では喧嘩っ早く“ケジョンパル”と呼ばれている。日ごろから不満が多く、不平を述べずにはいられない性格で、一度にYESと言ったためしがない。散々水を差し、罵り、無愛想に振舞った後、結局仕方ないように頼みごとを聞き入れる典型的な“悪い男”タイプ。家でも特別変わりはない、無愛想でシックな息子である。両親との会話は、「はい、いいえ、知りません "がすべてであるほど無口鈍い。言い方から行動まで艶がなくて生意気なジョンファンが唯一笑う瞬間は、サッカーする時だ。サッカーで鍛えた集中力と格別な勝負欲のせいか、意外に学校の成績は良い。体格が良く、運動も、勉強もできるので、周りの学校の女子生徒たちにモテそうなものだが…やはり性格、その喧嘩っ早い性格が問題だ。そのため女性の友人は、18年来の幼馴染ドクソンだけだ。

ソヌ役(コ・ギョンピョ)
サンムン高校生徒会会長兼サンムン洞の路地に住むママたちのワナビー息子。友達にも先生にも人気が高いジェントルマン。同年代の男子には、まず見受けられない甘さと気立てが良い性格の持ち主だ。しかし、幼馴染の友人に比べてほんの少し大人っぽいだけで、彼らと一緒にいるときは、紛れもない18歳の高校生である。意味もないいたずらに勝負欲を燃やし、19禁映画を観に行こうと誘えば、仕方ないふりしてついて来る。無愛想なジョンファンとは違い、家でもムードメーカーの役割を果たす素直で優しい息子であり、時には娘のように母親にすべての秘密を打ち明け共有する。だが最近、そんなソヌにも母親に言えない秘密ができた。「片思いの彼女」だけは母親にも、友達にも言えないまま、一人思いや悩んでいる。今まで一度も好きだと告白も出来ぬまま、3年という時間が流れた。88年冬、もう長きにわたる片思いを終えたいと思っている。方法は…告白のみだ。

テク役(パク・ボゴム)
路地にある貴金属店「鳳凰堂」の一人息子。囲碁界の神と呼ばれる韓国国宝級棋士だ。11歳でプロになり、13歳で世界最年少タイトル獲得者となって以来、88年、現在までに囲碁ランキング1位、賞金1位の座を守り続け、囲碁界の神と呼ばれているテク。しかし、サンムン洞では、神より…は、おバカに近い。ラーメンもうまく作れず、靴紐もうまく結べない…できることは唯一囲碁だけだった…近所ではいつも世話を焼いてあげないといけないコ・ギルドン叔父さんの家のヒドンと呼ばれている。友達は、近所で一緒に成長したジョンファン、ソヌ、ドンリョン、ドクソン。四人だけだ。大会で賞金を獲得する度に、おごってくれとねだり、海外で対局を行った時は、ウィスキーを買ってきてくれと常にテクに面倒くさい頼みごとをする。それでもいつも兄のように、姉のようにテクのそばを守る彼らがいることで、孤独で痛む胸を笑いと幸せで治癒することができた。

ドンリョン役(イ・ドンフィ)
男ばかり4人の兄弟の末っ子。ダンスで学校を掌握したサンムン洞のダンススター。近所では、トカゲと呼ばれている。消防車、バク・ナムジョンダンスから、ボビー・ブラウンのウサギダンスまで、踊れないダンスはない。英単語一つまともに覚えられないが、一度見たダンスは、すぐに真似して踊ることができる、生まれながらのダンサー!それだけではなく、可愛い女子高生が出没する地域、エロビデオ、エロ映画の上映劇場など、そっち(?)情報に詳しく、友達の間でも情報通として活躍中だ。そのため、学校の成績は言うまでもなく最下位。1000位である。過度に楽観的な性格のせいで、大学はあきらめて久しい…勉強には全く関心がない。4人の兄たちと育ったせいか、見て学んだ人生に関する知識が豊富だ。そのため友達は、悩みごとができると、まず最初にドンリョン導師の元を訪ねてくる。

企画意図
あなたが最も幸せだった時代はいつですか?386世代も88万ウォン世代でもない、それでもまだ既成世代とは呼ばれたくない一人の女性がいる。韓国で最も多い1971年生まれ。45歳のソン・ドクソン。ドクソンが、18歳だった1988年、建国以来最大イベントである「ソウルオリンピック」が開かれ、センター試験を受けた1989年、ベルリンの壁が崩壊した。大学に入学した1990年、MBCラジオ『ペ・チョルスの音楽キャンプ』が放送開始された。誰にとっても自分が生きてきた時代は、特別なものなので、過ぎ去った日々を鮮明に覚えている。//給料日に父親が買ってきた黄色の鶏の丸焼きが入った袋。ご飯が冷めないように布団の奥まで父の茶碗を入れていた母。

家族全員が集まって観ていた『一つ屋根の三家族』前の家、隣りの家、後ろの家みんなで分け合いながら暮らしていた近所の人たちを思い出す。通り過ぎた思い出は、ふと思い出しては思いに更けさせ、今日を生きていく源になる。

『応答せよ1988』は、私たちが過ごした時間に関する話であり、あの時代に青春時代を過ごした、そして現代の若者たちに送る慰めと励ましである。今を生き、耐え、頑張って生きている全ての人に送るラブソング、春のように短く、青春のように刹那に過ぎたあの頃に旅立つ。
  [ 応答せよ1988 関連商品検索 ]  [ 応答せよ1988 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 応答せよ1988 関連ニュース:::
『応答せよ1988』、中国において韓流ドラマで根強い人気 2017/09/09(Sat) 16:30
リュ・ジュニョル♥ヘリの恋愛、『応答せよ1988』が縁 2017/08/16(Wed) 15:00
Girl's Dayヘリ、パク・ポゴム、リュ・ジュンニョルからコ・ギョンピョまで..『応答せよ1988』のメンバーと共に 2017/04/09(Sun) 10:30
『応答せよ1988』キム・ソルちゃん、すっかり大きくなってキッズファッションリーダーに 2017/01/22(Sun) 13:30
『鬼<トッケビ>』最終回視聴率20.5%…『応答せよ1988』を抜いてtvNドラマ歴代トップ 2017/01/22(Sun) 13:00
『鬼』が視聴率上昇、『応答せよ1988』より高い人気 2016/12/04(Sun) 15:00
『応答せよ1988』パク・ボゴム、台湾初の海外ファンミーティング開催、先輩ソン・ジュンギも応援 2016/04/24(Sun) 16:00
「『応答せよ1988』ドラマコンサート」、昨日(5日)再会した双門洞の人々 2016/03/06(Sun) 09:30
『応答せよ1988』出演陣、双門洞でファンサイン会....人だかり 2016/02/16(Tue) 09:30
『応答せよ1988』4兄弟の『花より青春inアフリカ』予告編公開 2016/02/13(Sat) 20:20