Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 風船ガム(풍선껌)

   風船ガム(풍선껌)   
tvN『風船ガム』
初放送:2015年10月26日
放送時間:月・火曜夜11:00
演出:キム・ビョンス
脚本:イ・ミナ
登場人物:イ・ドンウク、チョン・リョウォン、イ・ジョンヒョク、バク・フイボン、ペ・ジョンオク、バク・ジュングム、キム・ジョンナン、パク・ウォンサン、イ・スンジュン、キム・リナ、アン・ウヨン、イ・ムンス、コ・ポギョル、パク・チョルミン、キム・サグォン




パク・リファン(男、33歳)/イ・ドンウク
情が深く多感なフン&ファン漢方病院の医師。老若男女問わず、誰にでも優しい男だ。優しい眼差しを送る彼が、唯一冷たく接する相手、それは物心がつく前から苦楽を共にし、一緒に育ってきた幼なじみのヘンアだ。誰にでもオープンマインドで共感力に優れており、世界一周旅行を3回くらいはしてきたかのような寛大さが際立っているが、実は33年間の間一度も旅行に行ったことがない。幼い頃、父親はおらず女手一つで自分を育てるためにこの世の誰より忙しい母親のために、クラスで身長が低いと馬鹿にされないくらい成長した頃からは、世の中から必ず守ってあげなくてはならない二人の存在があったため。その二人とは、女手一つで自分を育ててくれた母ソニョンと叔父ジュンヒョクに守るよう頼まれたヘンア。そのため、リファンは、この二人の幸せを守るため、今まで走ってきた。ところが最近、一人秘密で恋愛し、何も言わずに別れたヘンアを見るたび妙な気分になる。ヘンアが、自分に度々嘘をつくのが悲しいのか、ヘンアが一人苦しむ姿に胸を痛めているのか、それともヘンアの元彼が気に入らないのか、自分でも自分の気持ちがよく分からない。ただ叔父ジュニョクが死ぬ前に自分に頼んだからなのか、自分の気持ちの問題なのか、時間が経つにつれ、どんどん混乱してくる。そして、自分の気持ちを確認しようと、ヘンアとキスをした。そして気づいた。この感情は確かに愛であるということに。

キム・ヘンア(女、33歳)/チョン・リョウォン
孤独でも、悲しくても、泣かないたくましい経歴8年のラジオPD。親も兄弟姉妹もいない天涯孤独な孤児だ。いつも幸せそうに笑っているが、いつ独りになるかわからないと言う思いから、全て独りで耐え抜く生活に慣れている。周りに彼女の味方が沢山いる。シークレットガーデンの家族たちや言葉と表情は氷のように冷たいが、自分のことを考えてくれる気持ちは炎のように熱いテヒもそうだし、四半期ごとに栄養剤を送ってくれ、一人で苦しんでいると怒ってくれるリファンもそうだ。しかし、その誰一人として自分の本物の家族にはなれないという現実もよく分かっている。ヘンアが本当に欲しかったのは、本物の家族。心配で胸を痛めたり、白髪が増え、誰が合って間違っていると小競り合いをしながら、いっその事死んでやると言いながらも、夕食の時間になると、何もなかったように一緒に食卓を囲むことができる家族。そんな家族がヘンアは欲しかった。自分にとって本当の家族がいないことを知っているため、今、自分の味方である人々がいなくなるのが一番怖い。だから何も変わらないように努力して、何も変わらないよう最善を尽くしている。最近、2年以上秘密で恋愛をしていた先輩カン・ソクジュンと別れ、気持ちの整理をしているところだ。彼を避け、しばらく借りたリファンの手が、今まで感じたことがないくらい熱い。ヘンア自身の心も前とは違う。果たして私は、リファンの手を取っても良いのだろうか?

カン・ソクジュン(男、43歳)/イ・ジョンヒョク
完璧主義のラジオ局部長。過去に特派員として活躍していた時代から追っかけファンがおり、どこに行ってもファンを引き連れ、彼が放つ一言一言がマスコミに、そして大衆に影響を与える生来のジャーナリストである。神秘主義で数多くの噂が放送局で囁かれているが、その全ての噂について真実を知っている人間は、わずか2人のみ。唯一の飲み友達ニンジャ、そして少し前に別れた恋人ヘンア。特に裕福な家庭で生まれたわけでもなく、幼い頃からすべて一人で解決しなくてはならなかった。野心に燃えていたわけではないが、自分が少しでも世界を変えられる位置に上がるために若さを、時間を、青春を費やした。そのため、目を覆った競走馬のように走り、周りが見えなくなっていたとき、まるで最初からそこにいたかのように、いつも彼のそばにいたヘンアが大切であり、当たり前のように感じていた。自分の人生に自然に入ってきたヘンアが、そんな風に一生一緒にくれると思っていた。しかし、彼女は去った。捕まえる機会も与えてくれぬまま、僕の人生から消えてしまった。

ホン・イスル(女、33歳)/バク・フイボン
シックな財閥3世の歯科医師。韓国人なら、通りがかりの子供もすぐに分かる有名な財閥家の1男2女の末っ子娘として生まれた。財閥家の末っ子娘の人生は、多くの者がそうであるように、お金で手に入れられるものがあまりに多く、手に入れられないものについて考えたことはない。手に入れられなかったことがないためだ。いつも自分が必要とする前に、準備されていた。そのようなことが、当然のような人生だった。しかし、あふれるお金を自分の装い、飾るために使うことはなかった。歯科医院を運営するほど、自立しようと努力し、毎年、恒例行事のように参加する集まりで顔を合わせる、外見だけが華やかな良家の箱入り娘のようにはならないことで自尊心を守った。結婚については、大きな意味はないが、財閥家によくあるそこそこな人に出会い、話が通じるなら早目に結婚するつもりだった。今回も宿題を一つ済ませようと言う気持ちで出かけたお見合いの席だった。そしていつもと同じく、お茶でも飲んで家に帰ろうと思っていた席でリファンに出会った。そして初めて何かを手に入れたいと思った。ところがこの男、リファンだけは、手に入れられる方法が何もない。30年以上にわたって形成された彼の世界は、あまりにも強固で入り込むことができず、お金も、能力も、家柄も自分の取り柄が何もない。しかし、待てる。リファンは、情が深く、自分は多くのものを手に入れており、この心が折れることはないから。

企画意図
ドラマ『風船ガム』は、欠乏感抱いている人々が、最終的にその心の隙間を埋め、完璧になると言う話ではない。彼らはそれぞれの心のすき間を抱いたまま、一緒にいることで、もう少しだけ幸せになったという大人の童話になるだろう。
  [ 風船ガム 関連商品検索 ]  [ 風船ガム 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 風船ガム 関連ニュース:::
チェ・ジウ『キャリアを引く女』赤いストッキングに風船ガムまで…酒場のマダムに変身 2016/10/11(Tue) 21:20
『風船ガム』製作陣「視聴率の切り札?一生懸命作るのみ」 2015/11/22(Sun) 12:00
イ・ドンウク&チョン・リョウォン、甘い風船ガムキス公開 2015/11/17(Tue) 20:00
『風船ガム』チョン・リョウォン&イ・ドンウク「君の全財産のおれ、絶対なくな 2015/11/11(Wed) 11:30
イ・ドンウク&チョン・リョウォン主演ドラマ『風船ガム』、ロマンスソングOS 2015/11/10(Tue) 20:40
『風船ガム』チョン・リョウォンの元彼イ・ジョンヒョクがイ・ドンウクに嫉妬「 2015/11/03(Tue) 11:30
俳優イ・ドンウク&チョン・リョウォン、リアル交際?『風船ガム』でラブラブな 2015/11/01(Sun) 13:00
『風船ガム』チョン・リョウォン、ずば抜けたスタイルの秘訣は? 撮影会場で楽 2015/10/24(Sat) 21:40
イ・ドンウク『風船ガム』、「視聴率5%越えれば年末奉仕活動を計画」 2015/10/20(Tue) 09:00
イ・ドンウク&チョン・リョウォン、12年ぶりに『風船ガム』で共演 2015/10/19(Mon) 19:00