Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 『彼女は綺麗だった』(그녀는 예뻤다)

   『彼女は綺麗だった』(그녀는 예뻤다)   
MBC『彼女は綺麗だった』【関連レポート】
初放送:2015年9月16日
放送時間:水・木曜夜10:00
演出:チョン・デユン
脚本:チョ・ソンヒ
登場人物:ファン・ジョングム、パク・ソジュン、コ・ジュニ、シウォン、ソ・ジョンヨン、イ・ビョンジュン、チョン・ダビン、パン・チュンソン、イ・イルファ、ファン・ソクジョン、アン・セハ、シン・ドンミ、パク・ユファン、カン・スジン、シン・ヘソン、チャ・ジョンウォン、ベ・ミンジョン、イム・ジヒョン、キム・ハギュン、チン・ヘウォン、チョ・チャングン




キム・ヘジン役(ファン・ジョンウム)
学生時代、学校にはこの子みたいな子が一人は必ずいた。全校で一番美人、しかも金持ち、さらに勉強もできて、特技もなぜか本当に多く、様々な大会で賞を総なめにするのだけでは物足りず、性格までものすごく良い、憎むことすらできない子。ヘジンが正にそんな子だ。いや、そんな子「だった」。父親の経営していた出版社がつぶれ、一瞬にして財産を失い、アルバイト前線に飛び込んだことで、上位だった成績も落ちた。そのくらいで不幸が終われば良かったのだが…。彼女は美貌まで失ってしまった。今、彼女の手元に残ったものは、学資ローンと哀れ極まりない学歴を持つ就浪生と言うみすぼらしい身分のみ。ところがある日、面白みのかけらもなかった彼女の日常が、騒がしくなる。15年前に別れた小学校時代の初恋相手太っちょチ・ソンジュンから連絡が来た!しかし、最も輝いていた時代の彼女の姿だけを知る彼と到底会う自信がわかなかった彼女は、親友であり9頭身美女のハリに頼む。「私の代わりにソンジュンに会いに行ってくれない?今日だけ。彼の前で、ハリがキム・ヘジンを演じて!」結局、初恋の相手を前に、姿を現すことができず隠れてしまう彼女。私は、本物のヘジンだけど、徹底して偽者にならなければならない。彼の前でだけは。

チ・ソンジュン役(パク・ソジュン)
モスト副編集長。「換骨奪胎(かんこつだったい)」という言葉は、彼を説明するためにできた言葉かもしれない。男性ファッション誌から飛び出してきたような、すらっとした現在の姿とは違い、思春期前までは、外見も性格も全くイケていなかった。同じ年頃の友達より背は10センチほど小さく、体重は10キロほど多く、女の子とは目も合わせられず、授業時間に発表もままならないほど、性格は小心者の極みだった。隣の家に住む学校の人気者ヘジンと小心者のソンジュンとの間には、しばらくの間、全く交流はなかったが、ある事件をきっかけに仲良くなり、母親の死と言う大きな事件を経て、ヘジンは母親に対する切ない思いを癒してくれる特別な存在になったが、ソンジュンが、突然の米国に行くことになり、仕方なく別れることになる。その後、彼は名門デザインスクールであるパーソンズを首席で卒業後、グローバルファッションマガジン『ザ・モスト』のニューヨーク本社シニアエディターとして勤務していた。モストの韓国版発行会社である「チンソンマガジン」の最年少副編集長として、破格の条件でスカウトされ、15年ぶりに韓国の地を踏むことになる。15年ぶりに韓国に帰ることになったとき、最初に思い出したのは母親、次にヘジンだった。この間、恋愛をしなかったわけではないが、心の片隅には、いつもヘジンの近況に対する関心や懐かしさのような思いがあった。最も幸せでありまた悲しい時間を共にし、慰められ、思い出を共有した人生でたった一人しかいない本物の友人であり、大切な初恋相手。思い出すだけで心が温かくなり、気分が良くなる彼女にまた会いたい彼。そして、初恋の彼女ヘジンに再開するが…。

キム・シニョク役(チェ・シウォン)
モスト編集チームのフィーチャーエディター。くだらない冗談が好きなおちゃらけた性格で、どこか抜けたような人物。大抵のことでは緊張しない、余裕溢れる性格で、人の目を気にせず、言いたいことは全て口にするタイプ。みんなが、気を遣う上司ソンジュンにも、笑顔で言わなくてはならないこと、言いたいこと、さらには、言ってはならないことまで全て言う。一言で強者に強く、弱者に弱いタイプだ。何気なく投げる冗談や特に深く考えない奴のように見えるが、密かに思いやりがあって、全く考えのない奴ではないようだ。性格もファッションも自由奔放で、ジャージにスリッパをつっかけ、堂々と出勤することもよくある。そんな時は、近所の働きもせずプラプラしている男のように見えるが、ぱりっとスーツを着た日には、結構なビジュアルを誇る人物だ。一見、自分の能力の70パーセントくらいだけ使って、楽に働いているように見えるが、生来のセンスで結果は常に素晴らしい。ポジションはフィーチャーエディターだが、映画、写真、ファッション、文章、画像など、多岐にわたる才能を持ったマルチプレイヤーで、気の利いた記事のおかげで固定ファンもかなりおり、同種業界ではみんなが欲しがる人材でもある。

ミン・ハリ役(コ・ジュニ)
ホテリア。何故こんなに美しいのだろうかと不思議になるくらい超美人。華やかな外見と同じくらいファッションや好みも華やかで、スコーンと伸びた高身長と同じくらい、性格もさっぱりとしている。深刻かつ複雑なものは、まっぴらごめんと言う単純派。していることは、ひどく大人げなさそうに見えるが、そのような面までの子供のようにかわいらしく、かつ愛らしく見える魅力を持っている。12年前。両親の突然の離婚後、継母との暮らさなくてはならない家にいるのが嫌で、一生の友達であるヘジンと一緒に暮らすと言う条件で、20歳の時、独立を許可してもらった。その後、時には長年共にした夫婦のように、時には母と娘のように、時には姉妹のように、時には義理で団結した兄弟のようにヘジンと同居して10年目を迎える。ところが、彼女は生まれて初めて本気で愛したいと感じる男性に出会う。ところがよりによってその男は、全てを与えても惜しくない一生の友達ヘジンの初恋の相手、チ・ソンジュンなのだ。愛する友人との友情。そして生まれて初めて愛した男との愛の間で混乱に陥るハリ。世界で最も大切な二人のために、単純だった彼女の頭は、どんどん複雑になっていく。


企画意図
あなたはどれくらいあなたの人生の主人公らしく生きていますか?誰でも子供の頃は、世界は、自分を中心に回っていると思い暮らしている。だが、年を重ね、世間を知り、現実に流されながら、どんどん疲れ、「私はこのくらいで十分」と簡単にあきらめるようになり、挑戦することもなく、自ら妥協して生きているのではないだろうか。自らを「主演」ではなく、「助演」と考え、初恋相手の前に堂々と姿を現すこともできなかった「彼女」が、それにもかかわらず、自分を覚えてくれた…いや、今では自分から存在を知らせたい初恋の相手に再会し、人生の堂々たる「主演」に成長していく爽やかなロマンスを通して、このような問いを一つ投げてみたかった。「あなたは、どれくらいあなたの人生の主人公らしく生きていますか?」視聴者が、自分のスポットライトを自分の手でオフにして生きていくようなことがない事を願って…
  [ 『彼女は綺麗だった』 関連商品検索 ]  [ 『彼女は綺麗だった』 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 『彼女は綺麗だった』 関連ニュース:::
UNIQソンジュ、中国版『彼女は綺麗だった』男性主人公にキャスティング 2016/06/17(Fri) 08:30
歌手ガンソン『ヨンパリ』『彼女は綺麗だった』脇役出演…強烈な印象残す 2015/12/23(Wed) 08:30
『彼女は綺麗だった』ミン・ハリは綺麗だったし、コ・ジュニはもっと綺麗だった 2015/11/20(Fri) 22:20
『彼女は綺麗だった』ファン・ジョンウムのオーバーサイズファッションまとめ 2015/11/19(Thu) 22:40
『彼女は綺麗だった』ファン・ジョンウム「初回視聴率4.8%、作家が大泣きし 2015/11/12(Thu) 22:40
『彼女は綺麗だった』ハッピーエンドで終了、視聴率もハッピー…皆が主人公 2015/11/12(Thu) 10:30
『彼女は綺麗だった』最終回、ファン・ジョンウム&パク・ソジュンの甘いツーシ 2015/11/11(Wed) 22:00
『彼女は綺麗だった』、今日(11日)最終回…結末は?視聴率は? 2015/11/11(Wed) 12:00
『彼女は綺麗だった』ファン・ジョンウム、ジャクソン姿でファンサービス 2015/11/10(Tue) 20:20
『彼女は綺麗だった』チェ・シウォン、ファン・ジョンウムのほっぺにチュー、フ 2015/11/09(Mon) 07:15