Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > アングリー・マム (앵그리맘)

   アングリー・マム (앵그리맘)   
MBC『アングリー・マム』【関連レポート】
初回放送:2015年3月18日
放送時間:水・木曜日、午後10時00分
演出:チェ・ビョンギル
登場人物:キム・ヒソン、チ・ヒョヌ、キム・ユジョン、キム・テフン、オ・ユナ、イム・ヒョンジュン、コ・スヒ、キム・ジヨン、チョン・グックァン、ユン・イェジュ、バロ、ジス、リジ、パク・ヨンギュ、パク・グニョン、キム・ヒウォン、キム・ビンチュン




チョ・ガンジャ役(キム・ヒソン)
アランの母。伝説のケンカ番長だったママ。背が小さく鈴のような目をしていたため、小さい頃のニックネームは“バンウル(鈴)”。佛光洞で豚プルコギ専門食堂“テジオンマ”を営む平凡な主婦。細い体に力だけが取り柄で、包丁を見事に使う。カッとなる性格で口も悪い方だが、気性を抑えて生きようと務める。特に家族に対して従順で、献身的な妻、嫁、母になろうと体が壊れるほど粉骨砕身する。ただでさえ童顔なのに、若くして産んだ娘なので誰も親子として見てくれない。娘はどう考えているか分からなくても、彼女にとって娘は人生の理由であり、ぬかるみのような暗闇の中から彼女を助けるために空が授けてくれた綱。34年の人生でたった一つ良かったことはアランを産んだこと。彼女にとっては夫も義母も知らない過去があったから…

パク・ノア役(チ・ヒョヌ)ミョンソン高校の新任国語教師でミョンソン高校最高のお人好し。世の中はまだ美しいと信じる純粋な男。人の話をそのまま信じて、疑うことを知らない。暴力が嫌いで、暴言が嫌いで、争いごとが嫌いだ。度が過ぎるほど真っ直ぐなのかと思えばナイーブな性格で少し抜けていて、騙すのにはぴったり。ソウル大国語国文学科を次席で卒業し、在学中に新春文芸に当選するほど優れた実力を備えていたが、世渡りが苦手で過度におとなしいため教師面接でいつも落第。七転八倒の末に私立名門のミョンソン高校国語教師の座をようやく手に入れるが…

オ・アラン役(キム・ユジョン)
現在、高校2年生。ガンジャの娘。賢くてシックで早熟だ。言うことは全て的を射ている。大人たちと学校を信じていない。その中でも最も信じられない大嘘つきは母親だ。自分が高校生の未婚の母の娘だと知っている。母に死んだ姉などいないから。自分まで嘘つきにした母を嫌い、世の中に信じられる人は一人もいないと思っている。私の本当の父親は誰だろうか。アイデンティティの深刻な混乱を体験している。思いがけず一緒に学校生活を送ることになった母の策士の役割を務める。

ハン・コンジュ役(コ・スヒ)
ガンジャの友人で助力者。老け顔でぽっちゃりしたおばさんのような印象だが、組織管理する時は恐ろしいカリスマを見せる。女子校時代、ガンジャとは大の仲良しだった。17年ぶりに現れた昔の友人ガンジャの頼みに理由を尋ねることも問い正すこともせず、自分のことのように助ける。ガンジャを偽装入学させることから母親役まで、純粋な友情を見せる。義理を失ったら終わり。太平洋のような背中に広がる龍の刺青が滑稽だ。

ホン・サンテ役(バロ)
会長の息子。優等生のふりをしているが、番長も動かす教室権力の頂点。気に食わない先生は容赦なくクビにしてしまう。気に食わない生徒は番長を動かして自ら退学するようにいじめる。そのやり方が父親のホン会長にそっくりだ。違う点があるとすれば、サンテは内心でそんな自分を嫌っているということ。唯一、自分に正論で向かってくるアランを嫌う。もしかするとアランのことが好きなのかもしれない。だからもっといじめて困らせているのかも。彼が見て学んだ愛とは、そうするものだから。

チュ・エヨン役(オ・ユナ)ホン会長の個人秘書で内縁関係にある。ガンジャの同級生。相手によって名門女子大出身の女バージョンから浅はかな女バージョンまで変身可能なカメレオン。美しい顔の裏に本性を隠して生きる悲しくて残酷な秘書。ひどく貧しかった母のもとで育った自分を守ってくれる囲いとして金と男が必ず必要だと信じている。裕福で年老いたホン会長が囲いになってくれると思ったが、出す金は少しのはした金で、年の割に力が有り余って疑い深く、暴力まで。ホン会長の地獄から抜け出す計画を立てている時に野望あふれる若い男ト・ジョンウから誘惑される。

アン・ドンチョル役(キム・ヒウォン)
やくざ出身のミョンソン建設の雇われ社長。カッとなる性格に卑怯で世渡り上手。20代、チルソン派の行動隊長から始めてソウルに進出。ゴロツキの三流やくざとして建設業サービスをしている時にホン・サンボク会長の目に留まり、ミョンソン建設の雇われ社長まで成り上がった。ホン会長の忠犬で、不法資金の処理が必要な時には各種の手抜き工事に動員されてホン会長の私腹を肥やし、甘い汁を吸う。見習いやくざの高校生コ・ボクドンを自分の家に住まわせている。自分の後継者として早期教育を実施中。

ト・ジョンウ役(キム・テフン)/strong>
ミョンソン高の法人企画室長。教育長の隠された息子。最高のスーツと好感度の高い顔、優しい口調で、一見すると誰にでも信頼を与えるタイプ。人気満点イケメン教師の仮面を被っているが、実際は学校の不正な金を管理する秘密の場所・法人企画室の企画室長。現教育部長官の隠された婚外子。清廉潔白なイメージで次期大統領選候補として噂される教育部長官の恥部であり汚点のような存在で、父親から徹底的に否定された息子。

企画意図
一日と置かずに聞こえてくる学校暴力と子供たちの悲しい便りの前で手をこまねいて、ため息と涙でエプロンを濡らした母のためのヒーリングファンタジーが始まる。政治に無関心で経済に無知で、ニュースよりドラマが好きな単純無知な母親。しかし自分の子供を守るためなら包丁を持つことだってできる伝説の番長出身の母親が学校暴力の被害者になった娘に代わって学校に行ったら、どんなことが起こるだろうか。単純な学校暴力問題だと思っていたことが巨大な私学不正へと広がり、私たちの子供を脅かすならば?このドラマは暴力と不正が乱舞する世の中に子供を送り出した多くの親が不安に思っていた問題の核心に触れる一種のファンタジーだ。常識が通じる世の中を作るために、私たちの子供を守るために孤軍奮闘する一人の母親の物語が、ドラマを見る多くの親に代理満足とカタルシスを与えられるだろう。“かつては町を牛耳っていた番長出身の母が江南の中心にある私学マフィアの世界に入り、権力の腐った部分をえぐり取る物語で時には痛快に、時には涙ぐましく繰り広げようと思う。
  [ アングリー・マム 関連商品検索 ]  [ アングリー・マム 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 アングリー・マム 関連ニュース:::
ドラマ『アングリー・マム』ジャズOSTリリース 2015/05/14(Thu) 11:30
『匂いを見る少女』、『アングリー・マム』終了効果? 自己最高更新 2015/05/14(Thu) 09:05
水木ドラマ『アングリー・マム』ハッピーエンドで終了…最終回視聴率9.0% 2015/05/08(Fri) 08:30
『優しくない女たち』視聴率UP1位…『アングリー・マム』と『匂いを見る少女 2015/05/07(Thu) 10:30
チ・ヒョヌ、『アングリー・マム』放映終了の所感「春のような作品として記憶さ 2015/05/07(Thu) 09:03
『アングリー・マム』、『匂いを見る少女』を抜いて水木ドラマ2位再奪還 2015/04/30(Thu) 09:05
ジャッキー・チェン、キム・ヒソンの『アングリー・マム』撮影現場に差し入れ 2015/04/21(Tue) 19:00
『アングリー・マム』キム・ヒソン「93年生まれジスとのラブライン、代理満足 2015/04/21(Tue) 15:00
ユチョン&シン・セギョンの『匂いを見る少女』、『アングリー・マム』抑えて2 2015/04/17(Fri) 11:00
パク・ユチョン『匂いを見る少女』、『アングリー・マム』を抑えた…水木ドラマ 2015/04/10(Fri) 10:00