Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 青い鳥の家 (파랑새의 집)

   青い鳥の家 (파랑새의 집)   
KBS第2『青い鳥の家』【関連レポート】
初回放送:2015年2月21日
放送時間:土・日曜日、午後7時55分
演出:チ・ビョンホン
脚本:チェ・ヒョンギョン
登場人物:イ・ジュニョク、チェ・スビン、イ・サンヨプ、キョン・スジン、チェ・ミョンギル、チョン・ジェスン、チョン・ホジン、イ・ヘスク、ソン・オクスン、チョン・ウォンジュン、オム・ヒョンギョン、ナム・ギョンウプ





キム・ジワン役(イ・ジュニョク)
仕事に対する推進力もあり、意志の強い性格。何より祖母と妹ウンスに対する心が限りない。突然の父の死によって順調なはずの人生が困難に陥ったが、血の繋がらない母・ソンヒがいなければ今の自分は無かったはずだと考える。大学時代はソンヒの負担を少しでも減らそうと、アルバイトをしながら勉強だけは疎かにせず、あれこれと資格を取るために忙しかった。ヒョンドとは幼い頃から両親の縁で友達だったが、いつからか変わった互いの境遇によって距離ができた。ヒョンドに対して特別なライバル心はないが、就職に対する悩みもなく自分の願い通りに生きるヒョンドが羨ましく思うのは仕方ない。ヒョンドの女性関係を誰よりもよく知っているだけに、ヒョンドがウンスに興味を持つことになると、もしかしたらウンスが傷つくのではないかと心配する。

ハン・ウンス役(チェ・スビン)
幸福ウイルスをまき散らす笑顔を持っている。絶対ポジティブアイコンだ。父がいなくて不幸だというより母がいるから良かった、祖母や兄がいるから良かったと考えるタイプ。たとえ母が違い、父の死によって姓も受けることができなかったが、ジワンが兄ではないと想像したこともない。ウンスにとってジワンは世界に一人しかいない良い兄であり、時には父のように頼もしく守り、支えてくれる人。またソンヒが実の母だという事実だけは一度も疑ったことはない。大学を卒業して安定した職を探せず、あらゆるアルバイトを転々としているが挫折しない。どこかに自分を受け入れてくれる場所があるはずだと固く信じる。

チャン・ヒョンド役(イ・サンヨプ)
テスの長男でヌガワールドの後継者。テスの意に反し、無名バンドのリーダーをしてテスを悩ませる。音楽は必ずしもしたいことではないが、幼い頃のジワンに対する劣等感で始めることになった。サンジュンが死ぬ前はジワン一家とは家族のように過ごしたが、母スギョンの影響でジワンに対して次第に劣等感とライバル意識を持つようになった。死んでも通いたくなかった父テスの会社に入ることになったのも、もしかしたらジワンに対する劣等感で決めたのかもしれない。入社してみると、社主の息子として確実にジワンより優位に立っていることが悪くない。そしてウンスに出会った。

カン・ヨンジュ役(キョン・スジン)
安定した職を得てこそ結婚もうまく行き、幸せの保障も受けられるという母ミンジャの洗脳教育に徹底して従ってひたすら勉強し、その結果としてSKYくらい難関と言われる教大に入学。難しいと言われる任用試験も好成績で通過して卒業と同時に任用された。あとは幸せなことだけが残ったと思っていた。しかし押し寄せる見合いの相手に会っても、子供たちを教えながら安定的な収入が得られても幸せではなかった。悩んだ末に、両親の意に逆らうことになっても自分が本当に望んだ道を歩むことを決心する。

ハン・ソンヒ役(チェ・ミョンギル)
物静かで温和だが、心の中に痛恨の念が多い。今はジワンとウンスが人生の楽しみだ。ソンヒにとって幸せとは、いつも簡単に壊れるものだった。早くに両親と死別して保育園で育ち、幼い頃の初恋の相手であるサンジュンとはサンジュンの母から反対されて実らなかった。結局、大人になってサンジュンと再会し、妻を亡くしたサンジュンと再婚して幸せを手に入れようとした途端、サンジュンが突然亡くなって再び水の泡となった。ソンヒはウンスを抱いてジニを訪ねてサンジュンと自分の娘だと話し、ジニがあれほど反対する結婚をするしかなかった理由がこの子のためだと、家族として受け入れてほしいと説得して一緒に住むことになる。サンジュンの母であるジニと息子ジワンと一緒にいられることだけでソンヒは癒やされた。初めはウンスが、ジニとジワンと暮らすための手段だったが、家族という名前で暮らすうちに愛着が生まれて情も湧いた。今は誰とも代わることができないソンヒの娘だった。しかし今、幸せだと感じる度に再びこの幸せが壊れるのではないかと、自分でも知らないうちに不安になる。

チャン・テス役(チョン・ホジン)
事業手腕が優れている。人に接する時、自身の利益によって顔が代わる二重的な人。まともに習えなくても独学で経営学と英語を勉強するほど頭が良い。ジワンの父であるサンジュンとは古くからの友人だったが、サンジュンがこの世を去ってジワンの家族とは疎遠になった。その後“ヌガワールド”を立ち上げ、生まれ持った能力で順風満帆に中堅企業へと育てた。成功に対する欲望が大きかっただけに、仕事に関することならば徹底的で情熱的だ。良い会社を作るために汗と努力を惜しまず、今では優良中堅企業から大企業へと成長する一途をたどっていた。それだけにヒョンドが受け継いで守ってくれることを望んだ。そんなテスの心も知らず、自分勝手なヒョンドと常に葛藤することになる。

企画意図
大部分の親たちは子供たちに無限投資をする。もしかしたら自分の子供が競争で遅れをとるのではないかと恐れ、能力がなければ金を借りてでもしれやりたいのが親だ。そんな親の無限投資をある子供は当然だと、ある子供は余計だと、ある子供は足りないと考える。彼らの違う立場と環境は葛藤と混乱を生み出すが、それを克服して調和していく明るさと希望があるドラマを描こうと思う。人生が続く限り試練も続くが、結局は克服していく青春の成長ドラマであり、血のつながりを越えた家族の拡張に関するドラマで、幸せの本質を考えてみるドラマだ。
  [ 青い鳥の家 関連商品検索 ]  [ 青い鳥の家 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 青い鳥の家 関連ニュース:::
最終回『青い鳥の家』視聴率27.5%で週末1位…ハッピーエンド 2015/08/10(Mon) 06:30
『青い鳥の家』チョン・ホジン、いよいよ悪行告白「友達の全財産盗んだ」 2015/08/09(Sun) 08:30
『青い鳥の家』視聴率25.8%で1位、チョン・ホジンとイ・ジュニョクの父と 2015/08/03(Mon) 09:30
『青い鳥の家』キョン・スジン、寝入ったイ・ジュニョクの唇をこっそり“盗む? 2015/08/02(Sun) 10:30
『青い鳥の家』チェ・ミョンギルとチェ・スビン、本当の母性愛、真の家族 2015/07/26(Sun) 11:30
『青い鳥の家』実の母親のことを知ったチェ・スビン…彼女の涙はいつ乾くのか 2015/07/20(Mon) 12:30
視聴率1位『青い鳥の家』チェ・ミョンギル、チョン・ホジンに毒舌&ビンタ「人 2015/06/28(Sun) 11:30
『青い鳥の家』キム・ヘソン、カッコウのような最悪の悪女 2015/06/21(Sun) 11:30
『青い鳥の家』3.7%上昇して視聴率25.4%…週末ドラマ全体1位キープ 2015/06/15(Mon) 11:30
『青い鳥の家』視聴率23.1%、週末ドラマ視聴率…1位キープ 2015/06/08(Mon) 09:45