Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > スパイ (스파이)

   スパイ (스파이)   
KBS第2『スパイ』【関連レポート】
初回放送:2015年1月9日
放送時間:金曜日、午後9時30分
演出:パク・ヒョンソク
脚本:ハン・サンウン、イ・ガン
登場人物:キム・ジェジュン、ペ・ジョンオク、ユ・オソン、コ・ソンヒ、チョン・ウォンジュン、チョ・ダルファン、キム・ミンジェ、リュ・ヘヨン、イ・ハウン





キム・ソヌ役(キム・ジェジュン)
母と情緒的連帯感が格別な、健全な意味のマザコン。国家情報院の現場要因だったが、作戦失敗後、現在は対北朝鮮分析チームに所属。優秀な頭脳に観察力、洞察力を備えている。同僚の命を奪ったギチョルを捕まえようとする。





パク・ヘリム役(ペ・ジョンオク)
前職は北朝鮮情報部員。中国でのスパイ活動中、ターゲットだったウソクを愛して子供を妊娠。自身の痕跡を消し、ウソクについて韓国に移り住んで27年間は正体を隠して平凡な韓国の主婦として生きた。息子を心から愛する息子バカ。





ファン・ギチョル役(ユ・オソン)
労働党対外連絡部所属の工作員。かつてはヘリムの直属の上官だった。内心はヘリムを愛していたが、ヘリムが計画した爆発事故で死ぬところだった。ヘリムが生きていてウソクと韓国に行ったことを知っているが、自らが復讐するために誰にも話していない。





イ・ユンジン役(コ・ソンヒ)
ソヌの彼女。社会に出たばかりで旅行会社で働き始めた新入社員。ソヌを心から愛しているが、全てを話せるわけではない。ソヌに自分の秘密を告白するかどうかを悩むが、話せば彼と会えなくなり、自分の家族にも危険が及ぶことになると分かっているので黙っている。だからといってソヌが危険に陥るのを見ていられない。結局は片方を選択しなければならない時が来る。





キム・ヒョンテ役(チョ・ダルファン)
ソヌの国家情報院の先輩。一見すると退職だけを待つ老いぼれのように見えるが、実は虚々実々、情報戦にいて知らないことがない諜報専門家だ。本来は情報局のエースだったが、一回のミスで部下を失い、今は閑職にとどまっている。





企画意図
「私がやるわ。私が全てやるから、私の息子には手を出さないで。お願い…」諜報ドラマといえば難しくて複雑だと考えやすい。巨大な陰謀と優秀な特殊要員など、現実とかけ離れた物語というジャンル的特性上、登場人物の感情よりもナラティブに集中するためだろう。しかし、このドラマは愛する息子を守ろうとする母の気持ち、その普遍的な感情に集中することよって視聴者が頭で物語に付いていくことではなく、心で言葉の一つ一つを感じて納得することを目標にする。息子を守るためならば両袖をまくり上げて立ち向かう母親。母が息子を守るために起こす無謀な戦い、死を顧みない戦争。でも戦わなければいけない、母親だから。家族だから。「世の中に裏切りのない忠誠がどこにある?家族も一度捨てれば他人になる」ある家族に巻き起こるスパイ戦。愛する家族を騙し、騙されなければならない家族&諜報スリラードラマ。大衆的な家族ドラマの形態に諜報スリラーを加え、斬新ながらも親しみやすいドラマを目標にする。
  [ スパイ 関連商品検索 ]  [ スパイ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 スパイ 関連ニュース:::
『工作』ファン・ジョンミン“スパイvs事業家1人2役、上手くやりたかった” 2018/07/18(Wed) 06:30
『工作』北朝鮮に行ったスパイ、ファン・ジョンミンのキャラクタースチール公開! 2018/06/25(Mon) 22:30
“最年少スパイダーマン”…『スーパーマンが帰ってきた』ウィリアム君、初めてのロッククライミング 2017/06/11(Sun) 13:30
防弾少年団、スパイはジンだった…一人でモクバン 2017/03/22(Wed) 13:30
イ・ミンジョン&イ・ビョンホン、息子の止められないスパイダーマン好き“可愛い” 2017/03/13(Mon) 10:30
ハン・チェア主演の『非正規職特殊要員』韓国コミカルスパイ映画派閥を引き継ぐか 2017/02/12(Sun) 11:30
イ・ビョンホン&イ・ミンジョンの息子ジュンフくん“茶目っ気いっぱいのスパイダーマン”近況公開 2017/01/06(Fri) 16:00
【IT】“スパイ”疑惑のHUAWEI通信機器、韓国市場に少しずつ浸透 2016/12/14(Wed) 15:45
『スーパーマンが帰ってきた』テバク&ロヒ、“スパイダーマン”名場面に挑戦 2016/08/27(Sat) 19:30
ソン・ガンホ&コン・ユ、映画『密偵』の中の“スパイブロマンス” 2016/08/25(Thu) 22:20