Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > パンチ(펀치)

   パンチ(펀치)   
SBS『パンチ』【関連レポート】
初回放送:2014年12月15日
放送時間:月・火曜日、午後10時00分
演出:イ・ミョンウ
脚本:パク・ギョンス
登場人物:キム・レウォン、キム・アジュン、チョ・ジェヒョン、チェ・ミョンギル、オン・ジュワン、ソ・ジヘ、パク・ヒョックォン、キム・ウンス、ソン・オクスン、イ・ヨンウン、イ・ハヌィ、キム・ジヨン




パク・ジョンファン役(キム・レウォン)
“風が吹く。生きなければならない。風が吹かない…それでも生きなければならない”
堂々とした口調、余裕のある微笑み、相手の意中を見破る洞察力、男の心を揺さぶる野性と女の心を震わす理性の両方を持っている。国家が付与した検察権力を私的に利用しても少しの呵責もなく、快く権力の忠犬になり、喜んでイ・テジュンの手下になった。法律よりイ・テジュンの指示が重要で、道徳や正義より権力の風向きにより判断して動いている。しかし、冷めたコーヒーが悲しい理由は熱かった記憶のためであるように、成功のために走るパク・ジョンファンの後ろ姿が悲しい理由は青春に身を焦がした熱かった心臓のためであろう。



シン・ハギョン役(キム・アジュン)
“この世の中に、同じ男に二回もプロポースする女が私以外にいるだろうか?今日、婚姻届を提出した。最後の日まで私の夫として生きて。私はあなたの妻として…戦うから”高校3年生よりも育てにくいと言われる7歳の娘イェリンを育てているソウル地検強力部の検事。イェリンを幼稚園の終日クラスに預けているが、事件が立て込んだり取り調べが長くなる時には一日に二回も家と検察を往復して娘を迎えに行き、調書を書き、子供の食事を用意し、捜査資料を整理し、子供を寝かせ、徹夜で取り調べをして落ち着く暇がない。大手ローファームから数億ウォンの年俸でスカウトが来たことや大企業の法務チームから役員クラスの待遇を約束するという提案を受けたこともあったが、シン・ハギョンは全て断った。もしかしたらシン・ハギョンはパク・ジョンファンが以前の姿に戻るのを待っているのかもしれない。



イ・テジュン役(チョ・ジェヒョン)
“30年も苦労して生きてきたのに疲れたのか?ジョンファン、なぜ今になって俺の元を離れて、俺にこんな思いをさせるんだ”
男らしい性格と声、強い慶尚道方言を駆使する。本一冊を買う金がない家に生まれ、ソウル地検長まで上りつめた。しかし、この地位では満足しない。人が良さそうな表情をしながら行く道を阻む数十人の検事を辞めさせ、歩いてきた足跡は不正と不法によって綴られてきた。全てはさらに高い地位まで上るためだった。そんなテジュンが心から信頼したのはジョンファンだけだった…だから自分を押し倒そうとするジョンファンを絶対に許すことができない。



チェ・ヨンジン役(ソ・ジヘ)
専門高校を卒業してソウル大法大を卒業した。貧困の影もなく、人生の屈曲もない。司法試験を一度で合格した財力、外見、実力、家柄、人格、何一つ欠けるところがない完璧な女性。パク・ジョンファンのそばで彼の仕事をサポートしているが、時々は助力者の心以上を見せることがある。



イ・ホソン役(オン・ジュワン)
そよそよと歩き、ゆったりと話すソウル地検東部支庁検事。ちょっとのことでは風呂に入らない。体臭がするのは基本。取り調べ中の被疑者があまりの臭いに鼻をつまんで背を向ければ、“僕は体が臭うが、君は人生が臭う”と言ってさらに近づいて座り、顔を突き合わせて取り調べをする。関心がない顔で被害者に核心だけ話せと言うが、全財産を失った庶民のためにマルチ商法詐欺犯を3年にもわたり追跡して逮捕する、万事が面倒な表情をした心の温かい検事。検察の誰もが認める。イ・ホソンこそ一点の曇りもない唯一の検事だと。



ユン・ジスク役(チェ・ミョンギル)
逆らうことができないカリスマがあふれ、温和な口調で語る言葉には拒否できない原則が隠れている。解放直後に最高判事となった祖父を筆頭に、3代で10人あまりの判検事を輩出している法曹名門一家の出身。検察の自慢であり、改革の象徴。数多くの検事たちのロールモデルであり、女性検事たちの憧れだ。



チョ・ガンジェ役(パク・ヒョックォン)
望む結果を得るためなら証拠操作は基本、証人懐柔は必須。以前から悪名高いチョ・ガンジェは20年の間、イ・テジュンの最側近だった。いつもイ・テジュンの横には自分がいると考えていたが、パク・ジョンファンによって東部支庁へと送られるとすぐに侮辱感と憎しみで目がくらむ。共にイ・テジュンを補佐しながらも、常にジョンファンと葛藤する人物だ。



企画意図
人間は最も華麗な瞬間に、最も大切なものを失う。成功の頂点!イ・テジュを検察総長にしたパク・ジョンファンの未来は輝かしいものを思われたが、衝撃!パク・ジョンファンは知ることになる。自身が悪性腫瘍を患ったということを。残された人生が6カ月だということを。ジャングルのような世界を傷だらけで生き延びた一人の男の血が滲む懺悔録、そして彼を正義で癒やそうとする女の物語。夜が深まるほどに星が輝くように、絶望が深いほどに人は輝く。自分のために涙を流してくれるたった一人の人、絶望の淵で光になってくれるシン・ハギョンを救うために、パク・ジョンファンは立ち上がる。
  [ パンチ 関連商品検索 ]  [ パンチ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 パンチ 関連ニュース:::
『マッド・ドッグ』ユ・ジテ&ウ・ドファン&ファヨン、水木ドラマにパンチ 2017/10/08(Sun) 17:00
“まなざしまで、ファイター”..サランちゃん、パパそっくりなパンチ 2017/09/14(Thu) 21:30
『操作』オム・ジウォン-ユ・ジュンサン-ナムグン・ミンの3人が共助、“サイダーのようなパンチ” 2017/08/16(Wed) 09:30
MayBee、夫ユン・サンヒョンの応援で『ウク氏南征記』にカメオ出演し核爆弾パンチ飛ばす 2016/03/20(Sun) 11:00
『女を泣かせて』のキム・ジョンウン、不倫夫イン・ギョジンにパンチ食らわし鼻 2015/06/14(Sun) 12:25
『輝いたり、狂ったり』、自己最高13.1%..『パンチ』のいない月火ドラマ 2015/02/24(Tue) 09:06
『パンチ』終了...視聴率はGood、放送事故はBad 2015/02/18(Wed) 10:00
月火ドラマ『パンチ』最終回まであと1話…14%聴視率上昇 2015/02/17(Tue) 07:35
月火ドラマ『パンチ』視聴率12.7%、同時間帯1位キープ 2015/02/10(Tue) 07:33
月火ドラマ『パンチ』1位キープ、視聴率更新…12.8% 2015/02/04(Wed) 07:10