Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 本当に良い時代 (참 좋은 시절)

   本当に良い時代 (참 좋은 시절)   
KBS2『本当に良い時代』【関連レポート】
初回放送:2014年2月22日
放送時間:土・日曜、午後7時55分
演出:キム・ジヌォン
脚本:イ・ギョンヒ
登場人物:イ・ソジンキム・ヒソンテギョンリュ・スンスキム・ジホ、ユン・ヨジョン、チェ・ファジョン、オ・ヒョンギョン、キム・グァンギュ、キム・サンホ、キム・タニュル、ホン・ファリ、チェ・グォンス、チン・ギョン、ノ・ギョンジュ、コ・インボム、パク・チュヒョン、イ・エリヤ、オ・ヨン、イ・ユジュン、キム・グァンミン、ユ・ジュヘ、チャン・ジュニュ、イ・チョヒ、チュ・ミンハ、パク・ポゴム、ミナ




カン・ドンソク役(イ・ソジン)
誰にも1番を譲ったことがないIQ150の天才的な頭脳と、村ではまれに見る涼やかで品のあるビジュアルの持ち主。息が詰まるような貧困、何年も帰ってこない道楽者の父、代を継いで女中奉公をする見るからにみすぼらしい母、村のあらゆる事件や事故に係わる情けない兄弟たちの中でも、ドンソクはいつも屈しなかった。母が女中をする慶州の名士の娘ヘウォンを誘惑したのは、母とドンオクの復讐をするためだった。2014年、検事になったドンソクは15年間離れていた故郷に発令された。どうして再びここに戻ることになったのか…うんざりするような家族がいて、初恋の人ヘウォンがいるここへ…

チャ・ヘウォン役(キム・ヒソン)
父は慶州最高の名士だった。村の全員がヘウォン一家を羨望し、老若男女を問わず一家に出会った人たちはまず頭を下げた。ヘウォンは自分たちに対する村の人々の屈従が、針のむしろのように辛く不便だった。ドンソクが一緒に逃げようと言ったとき、この辛く苦しい状況でも愛を最後まであきらめないドンソクが、涙が出るほど有難かった。ところが…好きなわけではなかったと言われた。2014年、ヘウォンは留学を終えて故郷へまた戻ってきた。その間にヘウォンにはたくさんのことがあった。父の会社が不渡りを出し、あれほどあった財産はあっという間になくなって、突然父が死に、その不渡りと父の死にオ・チスが関係していたことも明らかになった。そのためオ・チスの息子オ・スンフンが代表を務める貸付業者に就職して、スンフンを熱心に誘って過激に(?)誘惑しているところだ。スンフンを誘惑してヘウォンはふとドンソクを思い出した。ドンソクもあのときこうだったのだろうか?

カン・ドンヒ役(オク・テギョン)
ドンソクの弟。「この子はカン・デソプの子だ」という1枚のメモを残して、誰かが門の前に置いて行った子を、ソシムがもらい乳で育てた息子。高校3年のとき、孤児院出身の女子学生ソ・ジョンアを露骨に無視した男子学生を、死なない程度に殴って退学となった。無力でコネもないジョンアも寃罪を被って退学処分となった。退学通知書を受け取った日、二人は気絶するまで酒を飲み、三ヶ月後にジョンアはドンヒに双子の妊娠を告げた。そして2014年、今はヘウォンが勤める貸付業者のオーナーオ・スンフンのボディーガードとして働いている。驚くほど無知で荒々しく過激で、言葉よりは拳が先に出る血の気が多い性格のため、ヘウォンとは天敵のように過ごす。ジョンアが捨てた双子はドンヒの弟妹として入籍した。そして7年が過ぎた今、この子たちが弟妹なのか子なのか、ときどき混乱したりもする。

カン・ドンオク役(キム・ジホ)
9才までは双子の弟ドンソクより、はるかに聡明で優れた子だった。神童とも言われた。9才になった年にドンオクはドンソクと一緒に事故に遭い、看護人は男という理由でドンソクだけを背負って遠い道のりを走った。頭を負傷したドンオクは奇蹟的に命は助かったが、その後遺症で7才児の知能となり、ドンソクはその日からまるで翼が生えたように這い上がり始めた。ドンソクのはばかりない進撃はドンオクの犠牲の代価のようで、ソシムはその後は一度もドンソクの成績表や賞状を見ず、一度も「よくやった」と称賛しなかった。ドンオクは母チャン・ソシムにとって、それほど心の底から申し訳なく、さらに申し訳ない子だった。

カン・ドンタク役(リュ・スンス)
苦悩と真剣は3秒ももたない。すべての悩みの結論は「うまくいくだろう!」の一言で終わる。そして本当にすべてが考えた通りにうまくいった。一つを除いて。ドンタクはバツイチ男だ。それも子供がいる。カンムルの母親とは狂ったように愛し合った。二人はトップスターを夢見るエキストラだった。演劇部で鍛えたドンタクの演技力はなかなかのものだったが、あまりにも大きな難関があった。まさに標準語!! ソウルの女性と交際して強い慶尚道の抑揚を直そうとしたり、穏やかなソウル男の口調を学ぼうと努力したが……直らなかった。生活のために台詞のないエキストラのアルバイトがぴったりで、そこでカンムルの母親と出会った。そしてキスをする間柄になり、結婚指輪をはめる間柄になり、カンムルに共に責任を持つ間柄になった。そして2014年、彼女は家を出て、カンムルのために俳優の夢を諦めた。

チャ・ヘジュ役(チン・ギョン)
地方放送局のリポーター。慶州一の美人と自負し、容姿を整えることにオールインしてきた半生だ。天職は芸能人と考えていたが50%不足な演技力、60%不足な歌の実力、70%不足なダンスの実力のおかげで、オーディションというオーディションはすべて落ちた。毎日徒労ばかりの娘が痛ましく、父が友達に頼んでくれて放送局でリポーターをすることになった。ところがカメラの前に立てば凍りつき、誰かが台本にないことでも言おうものなら、緊張して方言が飛び出す。そして2014年、鼻くそもこれよりは大きく見える家で、妹ヘウォンと母と暮らしている。自分が稼いだ金はすべて自分に投資して、ヘウォンが稼いだ金までむしり取ってショッピングと美貌に投資する。そうはしても…30代に見えるだけ…

カン・サンホ役(キム・グァンギュ)
二人の兄嫁が経営するチョッパル店の料理長。かよわく感性的で、スウィートで多情多感で、繊細で愛嬌に溢れている。幼い頃、双子の弟サンシクがおもちゃの銃やロボットで家の中を散らかしまわっているとき、サンホは静かに正座してクロス刺繍をしたり洗濯物をたたんだり、母を手伝ってもやしの下ごしらえや、大根の皮を剥いた。だけどゲイではない。感性がそうだということだ。詩が好きで、音楽が好きで、ドラマが好きで、料理が好きで、おしゃべりが好きだ。しかし腹が立ったときは、一瞬のうちに激しく爆発して別の人間になる。

企画意図
貧しい18才の少年が旅立った故郷の家に、検事という職業で成功して15年ぶりに帰ってくる。戻りたくない故郷だった。恥ずかしくて決まりが悪くて怒りも感じ、嫌いで憎くて逃げたかった家族だった。もしかしたら再びそこに行って、さらに傷つくかも知れないし、憎しみに満ちるかも知れないし、腹を立てて怒鳴るだけで帰ってくるかも知れない。しかし、もしかすると初めて勇気を出して有難かったと伝え、申し訳なかったとも伝え、あなたたちのために胸が痛かったとも伝え、愛しているという言葉も伝えながら…荒れた母の手を握って、兄と弟と初めて焼酎の杯を酌み交わし、姉とともに村を散歩して、甥姪にすてきなおもちゃを買い与え……彼らと過ごした時が人生で最も美しかった、本当に良い時代だったということを悟るかも知れない。
  [ 本当に良い時代 関連商品検索 ]  [ 本当に良い時代 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 本当に良い時代 関連ニュース:::
『本当に良い時代』、ハッピーエンドで終了 2014/08/11(Mon) 22:00
オク・テギョン『本当に良い時代』放送終了の感想に、「実感が湧かない」 2014/08/11(Mon) 20:00
『本当に良い時代』オク・テギョン、「本当に良い俳優の発見」 2014/08/10(Sun) 21:02
『本当に良い時代』オク・テギョン、ワイルドな男に変身! 「怒りのチャジャン 2014/07/19(Sat) 20:34
『本当に良い時代』、キム・ヒソンの真心にユン・ヨジョンも根負け 2014/05/04(Sun) 22:02
『本当に良い時代』イ・ソジン&キム・ヒソン、哀切なロマンスのスタート 2014/04/28(Mon) 11:07
『本当に良い時代』、視聴率はロマンスに乗って上昇 2014/04/27(Sun) 21:00
『本当に良い時代』イ・ソジン、キム・ヒソンに向けた愛 2014/04/26(Sat) 14:00
『本当に良い時代』、イ・ソジンの切ないプロポーズが話題 2014/04/21(Mon) 15:17
『本当に良い時代』オク・テギョン、二の腕露出で女心誘惑 2014/04/20(Sun) 17:29