Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 馬鹿ママ (바보엄마)

   馬鹿ママ (바보엄마)   
SBSドラマ『馬鹿ママ』
初回放送:2012年3月17日
放送時間:土・日曜、午後9時50分
演出:イ・ドンフン
脚本:パク・ケオク
登場人物:キム・ヒョンジュ、ハ・ヒラ、アン・ソヒョン、キム・ジョンフン、キム・テウ、シン・ヒョンジュン、ユ・イニョン、コン・ヒョンジュ、パク・ヒョンシク、キム・ハギュン、キム・チョン、サ・ヒ、パク・チョルミン



キム・ヨンジュ役(キム・ヒョンジュ)
ファッション雑誌の最年少の女性編集長。IQ200の天才の娘と、ロースクールの教授を務める夫がいて、他人の目には完壁だ。ニューヨーカーのようにシックで都会的なイメージの風格のある彼女だが、実は慶尚道の片田舎で無知な姉の手で育ち、家族という蟻地獄から抜け出すために執拗に努力して今の位置についた。すべてを持っているようだが、愛人がいる夫に離婚を要求され、反抗期真っ盛りの娘だけでなく田舎の姉まで同居して、故郷を出てからあくせく守ってきた強固な城が崩れ始める。




キム・ソニョン役(ハ・ヒラ)
無公害な田舎の女。IQ72で知的障害3級。老いた母コプタンは痴呆症がひどくなり、弟デヨンは果樹園を奪い取られて刑務所暮らし。一人とり残されたソニョンをヨンジュがソウルに連れてきて、ヨンジュとヨンジュの娘タッビョルと暮らし始める。ソニョンがヨンジュとタッビョルにしてあげられることは、幼いころに身体が丈夫になるようにと、父と薬草を採りながら習った自然食で食卓を整えることだ。




パク・タッビョル役(アン・ソヒョン)
子供を持つすべての親が望む天才。仕事しか知らない母が家族の亀裂の原因だと感じ、母に対する猛烈な怒りを感じる思春期の少女。タッビョルの頭脳はすでに高等教育の段階を越え、ヨンジュから離れてチョンドのドイツ留学について行きたかったが、チョンドの涙ぐましい懐柔策とヨンジュの説得で韓国に留まった。




チェ・ゴマン役(シン・ヒョンジュン)
船舶王の息子で何不自由なく育った数字の天才。大韓民国史上、最年少でM.I.Tの招請交換学生として米国に行っているあいだに飛行機事故で両親と死別し、奇跡的に一人生き残った。「人は嘘をついても、お金は絶対に嘘をつかない」が人生の座右の銘である彼は、人ではなくお金だけを信じている。世の中と断絶し疎通を願わなかった彼の前に、純粋なソニョンが現れて次第に同化されてゆく。




パク・チョンド役(キム・テウ)
望みのものを得るために全てをオールインする男。賢い頭脳と端正な容姿を利用してフェミニストを装って女たちを誘惑する生まれつきの浮気者。「最後の生きた良心であり、法的精神…」そのように自身を装うが、成功するためには火や水も辞さない。ヨンジュが金持ちの娘と信じ込んで意図的に接近したが、事実を知って裏切る。彼の目標はロースクール専任教授。大学の財団理事長の娘と結婚するために、ヨンジュに離婚を請求してあらゆる策を講じる。




イ・ジェハ役(キム・ジョンフン)
神経外科のドクター。大学に入学したときヨンジュに一目ぼれして今まで片思いしていた。公務員である父と教師だった母の望みどおり医大を目指し、一浪して合格した。神経外科のレジデントを最も優秀な成績で卒業し、専門医の資格証まで取得したが、医大の3年先輩のスインが現れて、結婚まで約束するがそれほど幸せではない。雑誌のコラムでヨンジュと再会して再び胸がときめき始める。




企画意図
世の中のどの娘が、母を嫌わなかったことがあるだろうか? 『馬鹿ママ』は母と娘の熾烈な愛憎を描いた4ヶ月間の同居記だ。IQ72で知的障害3級、そのうえ未婚の母だったので姉という名で生きなければならなかった母と、平凡ではない出生の秘密と運命の鎖から抜け出すためにもがく娘、このドラマは心臓病で余命宣告を受けた娘と、脳腫瘍を持つIQ72の母が死ぬ前にお互いにしてあげたかったことに挑戦するヒューマンドラマで、母の足りなさを恥じる世の中のすべての娘たちが、与えることしか知らない馬鹿な母たちに送る最後の愛の告白だ。
  [ 馬鹿ママ 関連商品検索 ]  [ 馬鹿ママ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 馬鹿ママ 関連ニュース:::
春のように華やかな『馬鹿ママ』女優陣! 2012/03/13(Tue) 16:24