Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 『烏鵲橋の兄弟たち』(오작교형제들)

   『烏鵲橋の兄弟たち』(오작교형제들)   
KBS2週末ドラマ『烏鵲橋の兄弟たち』
初放送:2011年8月6日土曜午後7時55分
放送時間:土・日午後7時55分
演出:キ・ミンス
脚本:イ・ジョンソン
登場人物:ペク・イルソプ、キム・ジャオク、ユイ、チョン・ウンイン、リュ・スヨン、チュ・ウォン、ヨン・ウジン、キム・ヨンリム、イ・ヨンハ、チョ・ミリョン、キム・ヨンゴン、パク・チュングム、チェ・ジョンユン、チョン・ミソン




ファン・チャンシク役(ペク・イルソプ)

4人の息子の父。自称ロマン派の夫でも、ポクチャには悟りを知らない一生の悪縁だ。若い頃から少しでも大変だと逃げてしまうチャンシクの性格のために、お金のトラブルや拳のトラブルなど、いつも後始末はポクチャの役目だった。相変らず一発逆転を夢見て末っ子テピルとロトを買い、忘れた頃に借金や投資などでポクチャを落胆させるが、すぐに反省と強い回復力で人生を楽観する。一言で表現すると、本人は実に気楽だが妻は死にそうな本意でない粗末な夫。

パク・ポクチャ役(キム・ジャオク)

4人の息子の母。手が乾いたことのないファン家の長男の嫁の役目と4人の息子を育てる間、可愛い女らしさと朗々とした声はどこかに消え去り、大きく響く声、ずうずうしさとほのめかし、度胸と小細工だけが上手になった。今はニワトリを3秒で捻り、広い畑の畝も半日あれば耕すことができる。人情に厚く、好奇心も旺盛で、ユーモア感覚に長け、ふてぶてしく、時には厚かましくてずるがしこい。子供のことなら火の中水の中、また子供のことは一から十まですべて知りたがる。

ファン・テシ

ク役(チョン・ウンイン)

長男。長男としての責任感は強いが、能力はない。優柔不断で小心で決断力に不足するので悩んで夜が明ける。優秀なテボムとテヒによって、青少年期にストレスをかなり受けた。そのため二十代後半は何かを見せるためにフィリピンに進出して、旅行会社の事業などでいろいろと模索したが、結局何も成し遂げられずに帰ってきた。今はもとの物理治療師に復帰して、週末ごとの見合いで運命の彼女を待っているところだ。

ファン・テボ

ム役(リュ・スヨン)

二番目。幼いころからエリートで優れた容姿、何でも最高にやり遂げなければ気がすまない勝負師だ。IBC放送局記者として立て続けに特ダネをスクープして、入社1年で社内では最高に嘱望される記者に浮上した。特ダネのためには手段と方法を選ばずに飛びつくため、ことごとく対立する。人間としても記者としても完壁に見えるが2%不足している。

ファン・テヒ役(チュ・ウォン)

三番目。チャンシクの弟である父が交通事故で死に、母が再婚してチャンシクとポクチャの三番目の息子として育った。顔も良く、体格も良く、頭も良いが、かなり無愛想で断固としていて、空世辞も言えないどころか口数も少ない。一度決心すれば最後まで変わらず、融通性もなく頑固で、文句を言ったり甘える人間が耐えられない。自分がそうしたことがないからだ。食らいつく根性と推進力、融通性のない捜査方法で狂った奴という評価をたくさん受けるが、企画捜査で卓越した能力と検挙率を記録する。

ファン・テピル役(ヨン・ウジン)

末っ子。容貌に不足ないファン家だが、4人の息子の中で最もソフトでかわいい。豊かなユーモアのセンス、弁舌で、腕も利き、末っ子らしい愛嬌にもあふれている。家に何か事件が起これば必ず関わる。雰囲気を高揚させる時もあるが、時には災いをかきたてることもある。 一度だけの人生、カッコよく生きたくていつも事業アイテムの構想に忙しい。唯一の人生の目標は「お金!」、理想の人は「金持ちの優しいお姉さん」だ。

ペク・チャウン役(ユイ)

他人の視線にこだわらない自尊心の終結者。重症な味噌女で多血質のチンサン(珍象)女だ。美しい容姿とは違い、頭にくれば無条件にラッパ飲みで、憤怒のゲージが急上昇すればしばしば理性を失う実に絢爛たる性格だ。はた目には裕福な家で何の憂いも心配もなく育ったように見えても、幼くして母を失い、二人のステップマザーを経て現在3番目のステップマザーと暮らす孤独で辛酸な人生だった。そのような環境でも歪まずにまっすぐに育ったのは、ひたすら父ペク・イノの愛のおかげだ。真心の前に武装解除されると、限りなくか弱く愛らしい。

企画意図
烏鵲橋の農場で展開する家族ドラマ。熱血母さんパク・ポクチャ。珍象父さんファン・チャンシク。一瞬にして世の中に投げ込まれたペク・チャウン。そしてファン家の4兄弟。その家族がソウル近郊の農場で、大家族を形成しながら暮らしていく物語だ。時にはゴマ粒のようで、時には地雷畑のような彼らの奇想天外、予測不可能な日常の叙事だ。奇跡のような縁と魔法のような愛の物語。相反するキャラクター、多様な個性を持った息子たちと、格差の大きい環境と価値観を持った人々の色彩豊かで現実的な愛と結婚の物語だ。結婚の障害もあり、感動的な克服もある。基本的にハッピーエンドだ。愛と人生に関する楽観と肯定を描くだろう。それがファンタジーなら、このドラマはファンタジーだ。

 
  [ 『烏鵲橋の兄弟たち』 関連商品検索 ]  [ 『烏鵲橋の兄弟たち』 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 『烏鵲橋の兄弟たち』 関連ニュース:::
『烏鵲橋の兄弟たち』放映終了…チュウォン「心から幸せだった」所感 2012/02/20(Mon) 15:00
『烏鵲橋の兄弟たち』最終回、自己最高視聴率36.3%マーク! 2012/02/20(Mon) 10:16
『烏鵲橋の兄弟たち』自己最高視聴率33.6%…40%突破なるか? 2012/01/16(Mon) 10:15
『烏鵲橋の兄弟たち』ユイ、甘いバックハグの愛嬌に“ドキドキ” 2011/12/25(Sun) 21:01
チュ・ウォン、『烏鵲橋の兄弟たち』延長放送で、『太陽を抱いた月』電撃降板 2011/12/06(Tue) 19:09
『烏鵲橋の兄弟たち』視聴率30%再突入…週間視聴率トップ 2011/11/21(Mon) 08:29
週末ドラマ『烏鵲橋の兄弟たち』視聴率30%、再奪還 2011/11/14(Mon) 10:03
『烏鵲橋の兄弟たち』、30%台目前にしてまた挫折…週末ドラマ1位 2011/11/06(Sun) 19:02
週末ドラマ『烏鵲橋の兄弟たち』、視聴率爆発…30%台目前 2011/10/17(Mon) 20:00
『烏鵲橋の兄弟たち』、自己最高視聴率を再び更新…26.8% 2011/09/19(Mon) 09:55