詳しく検索する
 バラエティー
 お笑いタレント
 俳優紹介
 ドラマ紹介
 スターインタビュー
 newface紹介
 制作スタッフ紹介
 話題のドラマ関連商品
 ヒウォンちゃんの韓国ライフ
 じーにょのドラマ雑感
 ミンジャの韓国雑感
Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 新妓生伝 (신기생뎐)

   新妓生伝 (신기생뎐)   
初回放送:2011年1月22日 夜9時50分
放送時間:毎週土、日曜日 夜9時50分
脚本:イム・ソンハン
演出:ソン・ムングォン
出演陣:イム・スヒャン、ソン・フン、ハン・ヘリン、キム・ボヨン、キム・ヘソン





タン・サラン役(イム・スヒャン)
舞踊学科卒業生。どこに行ってもずば抜けた美貌で人々の視線を集めるが、本来本人は難しい家庭環境と早く亡くなった母親、そしてぎこちない仲の育ての母親などあまり誇れない家庭環境のせいであまり楽しくない。物静かで優雅なタイプ。大変な家庭環境の中でも屈せずプライドを守って自身とは色々な面で環境が違う友人たちの間で自身を守って生きていく人物。偶然に知り合ったるお金持ちの家お坊ちゃんタモのことが内心好きだが、自身の身の上のために表情に出すことができず、友人で裕福な家の一人娘のララがアプローチするのを眺めるだけだ。そんなある日、偶然に見た韓国唯一の伝統奴生(芸者)の置屋「芙蓉閣」の常務トファによって奴生(芸者)にならないかと誘われるが...

ア・タモ役(ソン・フン)
大学卒業後、父親の会社で経営修行中だが、自身には厳しくて子犬にだけ愛情を注ぐ父とは折り合いが悪い。プライドが高くて女を軽く見るナルシスト。だが、確かに自身が素敵に見える方法をとてもよく知っている。偶然出会ったタン・サランとお互いに侮れない愛のかけひきをすることになる。

クム・ナラ役(ハン・ヘリン)
クム・オサンの一人娘(実際にはクム・ガンサンの娘)でタン・サランとは大学同期。舞踊学科卒業生。裕福な家の一人娘でかわいがられてきたので困難を知らず、自分が願うことは何でも成就しないと気がすまない。友人たちの間でルックスで負けるのが嫌いなお姫様。自身の出生の秘密を知らず、ともすれば自分に関心を持つ叔母(実は実の母)が嫌いで面倒がる。

オ・ファラン役(キム・ボヨン)
「芙蓉閣」の大マダムであり奴生(芸者)。一生自身に磨きをかけながら生きてきた人物。一生集めてきた数百着の美しい韓服がこの人物の人生を語る。一日に何度も韓服を着替えるほど身なりにこだわる。現存唯一の正統芸奴としてのプライドと最高級置屋の大マダムというプライドがすごい。一生結婚できない奴生だが、クム院長に対する純情を持っている。最高の奴生を育てることに最善を尽くす。

ハン・スンドク役(キム・ヘソン)
「芙蓉閣」のコック長で正統奴房料理を伝授したファランの母から料理秘法を伝授を受けて「芙蓉閣」の料理の責任を持っている。素朴できちんとしたタイプ。用心深くて出しゃばらないことが美徳だと知っている人物。片方の脚が若干不自由。今は単純な「芙蓉閣」のコック長だが彼女の過去は何か秘密がありそうだ。

企画意図
「解語花」とも呼ばれる彼女たち、女性の地位と活動が抑圧された朝鮮時代から賎民という身分にもかかわらず、社会文化の主導者だったら伝統芸術と女流文学の継承者であり社会の指導層のパートナーであった。一緒に国が戦乱に苦しむ時期には誰より活発で積極的な愛国者であり、活動家であり、思想家であった。ドラマは最高の教養と芸術を兼ね備えた奴生(芸者)たちの伝統を守って韓国最高のVVIPらを相手にする最高級置屋が現存しているという仮定の下にこれをめぐる人物らの愛と哀歓、痛みを描き、今は消えてしまった文化的プライドによって奴生(芸者)の役割を今一度スポットを当ててみようと思う。
  [ 新妓生伝 関連商品検索 ]  [ 新妓生伝 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 新妓生伝 関連ニュース:::
『新妓生伝』は「新幽霊伝」?幽霊も笑って去る 2011/07/11(Mon) 23:00
『新妓生伝』イム・ソンハンの底力?自己最高視聴率連続更新 2011/06/13(Mon) 10:30
『新妓生伝』非難にもかかわらず視聴率↑…週末ドラマ1位 2011/04/25(Mon) 11:30
『新妓生伝』、自己最高視聴率を記録 2011/04/03(Sun) 21:02
『シークレットガーデン』後続作『新妓生伝』、視聴率下落…9.4% 2011/01/31(Mon) 23:05
イ・ダヘ「イム・ソンハン作家の『新妓生伝』出演しない」 2010/11/25(Thu) 20:14

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved