Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 笑って、ママ (웃어요 엄마)

   笑って、ママ (웃어요 엄마)   
初回放送:2010年11月6日 夜8時50分
放送時間:毎週土、日曜日 夜8時50分
脚本:キム・スンオク
演出:ホン・ソンチャン
登場人物:チ・スウォン、イ・ミスク、カン・ミンギョン、イ・ジェファン、ユン・ジョンヒ





ユン・ミンジュ役(チ・スウォン)
ぺ・ヨヌの母。チョ・ポクヒとは幼ななじみで大学教授。若い頃、夫に捨てられて女でひとつで二人の子供を育て、大学教授にまでなったキャリアウーマン。友人のチョ・ポクヒと2人だけが通じる長い間の友情でとても親しい間柄だ。死ぬほど愛した夫に捨てられたという傷と恥辱でその時から曲がった性格になってしまった。

チョ・ポクヒ役(イ・ミスク)
シン・ダルレ、シン・モル、シン・ソラの母。カン・シニョンの姑。子供の成功のためにとても冷酷に子供たちを思い通りにしようとする女王蜂のような母親だが、娘の死を目の前にしてトゲウオのように自身の全てを捧げて愛を見せる強い母性愛の所有者。

シン・ダルレ(カン・ミンギョン)
幼い頃から母親に連れられ放送局を回った。恥ずかしがり屋で内向的な性格なので、カメラの前に立つのが死ぬほど嫌だったが、ママがパパとお金のことでケンカし、薬を飲んで自殺未遂を起こした騒ぎを体験した後、あきらめて母親の意に従う人生を選択する。

シン・モル(イ・ジェファン)
カン・シニョンの夫。プレイボーイで見栄っ張りで優柔不断な性格。強いママの下で育ってマザコンなところがある。多情多感な性格とハンサムな顔で女に人気があるが、本来女に対し責任を負う方法も知らず、幼稚な偽善でぎっしりつまっている。

カン・シニョン役(ユン・ジョンヒ)
政治家として特に知略がない夫の代わりに、演説文の代筆はもちろん、自分を犠牲にして四方八方飛び回って内助して、夫の名前を知らせるのに一助する。全身で記者たちと戦って夫の汚らしいスキャンダルをおさえ、あたたかくて優しい男のイメージを植え付けるために自らショーウィンドー人生を選択する。

企画意図
「母親は何を力に生きるのか?」という問いに答えることができるドラマ。娘の成功だけのために娘と対立した独裁者のようだったママが、娘がいつ死ぬかも知れない不治の病にかかったことを知って、その娘のために人生で一番幸せな時間を作ろうとする涙ぐましい奮闘記。[写真=JOYNEWS24]
  [ 笑って、ママ 関連商品検索 ]  [ 笑って、ママ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 笑って、ママ 関連ニュース:::
『笑って、ママ』ファン・ボラ「劇中での妊娠、初めには本当に嫌だった」 2011/03/01(Tue) 15:11
『笑って、ママ』、同時間帯週末ドラマトップで爽やかにスタート…視聴率14. 2010/11/07(Sun) 22:09
『笑って、ママ』イ・ミスク、「破格的なママの役をお見せします」 2010/10/29(Fri) 21:22