Home > エンターテイメント > ドラマ紹介 > 笑え、トンへ (웃어라 동해야)

   笑え、トンへ (웃어라 동해야)   
KBS第1テレビ 帯ドラマ『笑え、トンへ』

初回放送:2010年10月4日 夜8時25分
放送時間:毎週月〜金曜日 夜8時25分
脚本:ムン・ウナ
演出:キム・ミョンウク
登場人物:チ・チャンウク、オ・ジウン、イ・ジャンウ、アレックス、パク・チョンア





カール・レイカー(トンへ)役(チ・チャンウク)
カール・レイカー、韓国名はトンへ。なぜか 米国人夫婦に養子縁組された精神年令が9歳の韓国人未婚の母、アンナから生まれたせいで人生が本当に大変だった。でも、母親に似て笑顔がさわやかで素敵なやつだ。目の色も肌の色も違う西洋人たちの間で世の中に一人だけの母親を守るために早くから世間を知ってしまったし、無条件強くならなければならなかった。プライドが高く、何でも一生懸命やる。幼い頃彼は大韓民国が嫌いだった。しかし韓国からきた留学生「セワ」に出会って6年も愛することによって全てが変わった。

イ・ボンイ役(オ・ジウン)
生活が経済的に大変なため、ありとあらゆるアルバイトをやってきた。稼いだお金は家の借金返済に使われたが、それでもいい。家族が幸福になるならば何でもする。貧しいという理由で結婚が破談になってしまった以後、愛に不信を抱くが、米国やってきたトンヘがセワを愛する姿を見てその不信が消えて行く。以後、トンへに対する憐憫が愛に変わってしまう愚か者。ご飯を食べる時、人々が幸せそうになるのを見るのが好きで料理人になった。現在、カメリアホテルの韓国料理部で末っ子コックとして一生懸命に生きている。

キム・ドジン役(イ・ジャンウ)
堂々としていて自身満々でユーモアのある性格で、両親の長所だけ選んで似た。幼い頃からヘスクによってホテルの後継者として育てられた。現在、カメリアホテルの副総支配人として優れた能力を発揮してヘスクと共にホテルを国際的企業にする野望を持っている。血縁者のいないチョ・ピルヨン会長夫妻に実の孫親のように優しく接する。キチンとして知的なセワが気に入って積極的に求愛をして、結婚まで成功したが、思いもよらない葛藤に包まれることになる。

イ・テフン役(アレックス)
几帳面で物静かな性格でソウル大学の法大出身だ。現在の新林洞(シルリムドン)の司法試験村のワンルームで何年目か司法試験に挑戦していたが、幸い今年の司法試験1次に合格して2次試験を控えている。母ソンオクの話を借りるとテフンはわが家の龍の卵(龍の卵のように大切な体)で、わが家のすべての期待を受けているが、スルリョの次女のセヨンとこっそりつきあっててセヨンが婚前妊娠してしまい、そんな両親の信頼を無惨に裏切ってしまう。結婚前にはセヨンのハツラツとして明るい性格が好きだったが、結婚後そのような長所はいきあたりばったりで身勝手な短所に変わりながらだんだん心が離れ始めるけれど...

ユン・セワ役(パク・チョンア)
トンへを愛したが、実際の結婚の前では不足な彼の条件に自分の人生を賭けることができなかった。そんな時、トンへとは違い全てのものを持っている男ドジンが求愛してくるとすぐにトンへを裏切ってドジンと結婚することになる。自分の心変わりでおかしくなったトンヘをなんとか引き離したけれど、彼が米国に帰らず姑のホテル「カメリア」で仕事をすることになるとびっくりして彼を追い出そうと努める。

企画意図
韓国から養子縁組された未婚の母から生まれた青年、カール・レイカー! 韓国の名前はトンへ! 美しいが精神遅滞の母親を守るために一生懸命に生きてきた彼が母親と自分を捨てた国、韓国へ恋人と結婚しようとやってきたが、またもや裏切られて... 偶然に父親をみつける過程で新しい愛と家族を作っていく熾烈で美しい孤軍奮闘記! 強くなれトンへよ! 笑えトンへよ!
  [ 笑え、トンへ 関連商品検索 ]  [ 笑え、トンへ 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]