Home > ムービー[映画] > 俳優紹介 > ポン・テギュ (Bong Taekyu. 봉태규)

     ポン・テギュ (Bong Taekyu. 봉태규)     



[プロフィール]
生年月日:1981年5月19日
身長:175cm & 体重:61 & 血液型:A型
デビュー:2000年映画『涙』
趣味:絵、字を書くこと & 特技:美術
学歴:ミョンチ専門大学 演劇映画科卒業

[映画]
2013年 『ミナ文房具店』
2008年 『カルジギ』
2007年 『二つの顔の彼女』
2006年 『愛情の欠乏が二人の男に与える影響』、『家族の誕生』『サンディーソウル』『放課後の屋上』
2005年 『クァンシクの弟クァンテ』
2004年 『品行ゼロ』
2001年 『ジャングル・ジュース』
2000年『涙』

[ドラマ]
2008年 MBC 『ワーキングママ』
2004年 MBC 『漢江水打令』
2004年 SBS 『波乱万丈 ミス・キムの10億作り』
2003年 MBC 『ノンストップ4』
2003年 MBC 『屋上部屋のネコ』

ポン・テギュはスカウトで俳優になった人物である。2枚目ではないが見ているだけで楽しい彼は、自由で飾り気のないイメージで多くの人々に愛されている俳優の一人である。特に彼は誰よりも撮影場に一番乗りし他の俳優とスタッフに気を使う情熱と、ムードメーカーを務める努力を忘れない俳優でもある。もちろん作品の中で見せる彼の演技力は疑う余地がない。

平凡な…いや、それ以下かもしれない…個性的なボン・テギュ。彼には言葉では説明することができない雰囲気と演技力を持つ。デビュー当初は他の俳優に比べ「必ず目立たなければならない」と言う思いにとらわれていたというほどに目立っていた。スタイルも目を引くが、多くのコミックキャラクターで彼は普通の俳優にはできない役を演じてきた。彼はシナリオを選ぶ目が違うのか、不思議なほどに平凡な役はないと言っても過言ではないだろう。

ある程度演技力と認知度を得ると、彼は2年半ほどファッション事業と演技を並行させてきた。普通、一般人が着こなすには難しい装い(?)、あるいは一般人には想像することもできない独特なファッション感覚でファッション事業に跳びこみ、俳優ともうひとつのタイトルを追加したがそれもつかの間、演技にだけに専念するために、それまで育ててきた事業を閉じた。その代わり2007年から漢陽大学で最高エンターテイメント課程を学んでいる。

初盤のコミックなキャラクター、あるいは非現実的なキャラクターにだけ集中してきたボン・テギュだが、映画『家族の誕生』以降自然な演技を学ぶようになった、多くのキャラクターが入りまじるオムニバス映画で多くの俳優が出演する中で、彼は息する方法を学んだのだ。その時点で彼にとって、必ずしなければならない「オーダーメイド」のような役割であったとも言える。

作品ごとに、まじめに演じてきた彼にも必ず成したいことがある。それは、まさに映画ヒット!過去『かまきり』という映画を通じて、風変りなコミック映画にも挑戦し、『二つの顔の彼女』でチョン・リョウォンと共演し興行を指折り数えたが、まだ学ばなければならないことが多いのか、まだ神様は彼が望む興行を成してはくれなかった。ところが、彼は少しづつゆっくり努力する。誰よりも気軽に接することができる親しみ深い演技と、鋭い感受性でキャラクターを分析する。そのため、彼の映画への道は無限だ。

彼は9年も付き合っている恋人がいる。タレントイ・ウンだ。正直な性格のため恋人がいることも公開し、その出会いを重ねているが、今年あたり嬉しいニュースが聞かれるかもしれない。
[ 戻る ]   [ ポン・テギュ 関連商品検索 ]  [ ポン・テギュ 関連ニュース検索 ]