詳しく検索する
 俳優紹介
 映画紹介
 Dr.Movie 自由コラム
 シネマスペシャル
 映画予告篇
 話題の映画DVD
 映画祭紹介
 ヒウォンちゃんの韓国ライフ
 じーにょのドラマ雑感
 ミンジャの韓国雑感
Home > ムービー[映画] > 俳優紹介 > イ・ミヨン(leemiyoun. 이미연)

     イ・ミヨン(leemiyoun. 이미연)     



[プロフィール]
生年月日:1971年 9月 23日
家族:両親、1男3女中の末っ子
身長:167cm
血液型 : A型
性格:磊落(らいらく)なほうなので、周囲に友だちが多い。
一度決心すれば誰も止められない頑固さもある。
魅力:晴れやかに笑う姿ときれいな肌。

〔ドラマ〕
2010年 KBS 『巨商・金万徳(キム・マンドク)』
2007年 MBC 『愛に狂う』
2001年 KBS『明聖王后』
1999年 SBS『オープンエンデェド』
1996年 MBC『離婚しない理由』
その他、多数(1987年〜)

〔映画〕
2012年 『会社員』
2007年『肩越しの恋人』
2005年 『台風(タイフーン)』
2002年 『中毒』
2001年 『黒水仙』
2000年 『インディアンサマー』 、『魚座』
1999年 『チュノミョン ベーカリー』
1999年 『我が心のオルガン』
1998年 『女高怪談』
1997年 『ナンバー3』
1995年 『サイの角のように一人で行け』
1992年『秋の旅』、『雪花』
1991年『雨上がりの午後が好きですか』
1990年『そう、たまには空を見よう』
1989年『幸せは成績順じゃないでしょう』

[受賞経歴]
第24回大鐘賞主演女優賞(中毒)
第21回青龍映画祭主演女優賞(魚座)
第20回青龍映画賞助演女優賞(女高怪談)
大鐘賞助演女優賞(女高怪談)
大鐘賞助演女優賞
映画評論家賞新人女優賞
白桑芸術大賞新人女優賞
KBS新人女優賞

イ・ミヨンは見かけはおしとやかで、とにかく可愛いが彼女に初めて会う人は誰もが弾けた性格に驚きを隠せない。87年「愛が花咲く木」で清純可憐なイメージを固めた後、青春スターとしての位置づけをした彼女なのでより生硬だ。しかし目を丸くしたのもつかの間、さわやかな語り口と親しみある性格は世俗の垢がついておらず、たちまち相手に安らかさを感じさせる。

89年カン・ウソク監督の「幸せは成績順じゃないでしょう」にキャスティングディレクターとして参加した筆者は、明るい目鼻立ちにしっかりした演技力を揃えたイ・ミヨンを主演級に推薦した。映画はイ・ミヨンの好演に助けられて興行に成功し、その後も数人が青春スターとしてハイティーン物の主演を任された。

しかし役者がいつまでも青春スターで残ってはいられない。変身を試みたのだ。ふっくらしていた頬をすっかり落として、シャープで都会的なイメージでドラマと映画に姿を現した。特に映画「サイの角のように1人で行け」では、円熟した主婦の姿をリアルに消化してイメージチェンジに成功した。2000年12月、イ・ミヨンは「魚座」で青竜映画祭の女優主演賞を受賞した。

1999年の女優助演賞に続く受賞のためか、静かに落ち着いていたが喜びに上気した表情を隠せないイ・ミヨンの天真爛漫な姿は、授賞式が終わった後にも様々な新聞を通して長くファンの目に写された。受賞インタビューでも明らかにしたが、イ・ミヨンは離婚の痛みを体験した。相手はタレントキム・スンウだった。どんなに丈夫で凛々しい彼女でも、簡単に悲しみから抜け出すのは難かしいだろう。その時、幸い映画「インディアン・サマー」の撮影に没頭して気持ちを収拾したと言う。

以前、彼女はGMのコンピレーョン・アルバム恋歌の70数曲を全部選曲したりもした。シン・スンフンの「離別その後」、ジョ・ソンモの「次の人には」、キム・ジョンファンの「存在の理由」など、元来感性的な彼女が気持ちをなだめる時に聞いた音楽を一つに集めたので、一曲一曲に縁と愛情があるという。そうだからか、アルバム販売量も一日の量が違ったといった。

彼女の演技は、ますます奥深い香りを漂わせて熟していく。内面の深さも、その行く末が分らないほど深まっている。だから我々は彼女に強烈な力量を感じるのである。“女チェ・ミンス”というニックネームは、伊達についているわけではない…。2005年、彼女は韓国芸能人として初めて、世界的な化粧品ブランド“ランコム”のアジアモデルになった。活発に活動しなくても、イ・ミヨン固有のブランド価値が相変わらず輝いているという端的な例である。

俳優の中でイ・ミヨンほど目が潤んでいる女優はいないだろうと、時折言われる。そして人間の目がそれだけ多くのことを語れるという事も、俳優イ・ミヨンに会って初めて分った。「演技はわたしの夢です。夢を見続けられたらうれしいです…」と語るイ・ミヨンは、最上の俳優である。

筆者は脂の乗った時期のように少女の役は引き受けられないが、内面がほのかに香る成熟した女性として一ランクアップグレードした今のイ・ミヨンが良い。しばしばこの時代のおばさんは女でも男でもない第3の性だと言われるが、人情深く献身的な彼女たちがいない世の中は考えることもできないだろう。役者として、また美しい女性として力強く泣き笑い生きていくイ・ミヨンを見て、今日も疲れた日常の中でもさわやかなな笑いをとりもどす。
:::最新 イ・ミヨン 関連ニュース:::
イ・ミヨン、セウォル号被害生徒のために1億ウォン寄付 2014/05/01(Thu) 10:00
イ・ミヨン、ムン・グニョン&キム・ボムのヨーロッパ旅行にびっくり 2013/12/21(Sat) 20:00
『花よりお姉さん』、イ・ミヨン-イ・スンギ“姉弟”に注目! 2013/12/07(Sat) 20:00
イ・ミヨン、「荷物持ち」イ・スンギの遅さにキレる 2013/11/30(Sat) 22:00
イ・ミヨン「5年ぶりのスクリーン復帰、役は母親役」 2012/10/09(Tue) 17:17
イ・ミヨン、「ソ・ジソプ、無人島に連れていきたい男」 2012/09/16(Sun) 19:00
ドンジュンの発言に恥ずかしがるイ・ミヨン 2012/09/12(Wed) 14:05
イ・ミヨン「左にドンジュン、右にジソプ、幸せです!」 2012/09/12(Wed) 14:02
ソ・ジソプ「イ・ミヨンさん、うわさと違って愛嬌があって親しみやすい」 2012/09/12(Wed) 13:00
イ・ミヨン、「変らず永遠の愛を夢見る」 2011/08/20(Sat) 15:28
[ 戻る ]   [ イ・ミヨン 関連商品検索 ]  [ イ・ミヨン 関連ニュース検索 ]

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved