Home > ムービー[映画] > 俳優紹介 > チョン・ジニョン(jungjinyoung. 정진영)

     チョン・ジニョン(jungjinyoung. 정진영)     





[プロフィール]
生年月日: 1964年10月16日
背: 173cm & 血液型: O
デビュー:1996年 演劇『徒労』
学歴:ソウル芸術大学 演劇科卒業

[受賞内訳]
2004年 第25回青龍映画祭 男優助演賞

[映画]
2011年『平嬢城』『特殊捜査本部』
2009年 『梨泰院殺人事件』
2008年『あなたは遠いところに』
2006年『偉大なる系譜』、『マイキャプテン キム・デチュル』
2005年 『王の男』『拍手している時に発て』『私の結婚遠征記』『ウエルカム トゥ トンマッコル』
2004年 『知ってる女』『かわいい』
2003年 『実尾島(シルミド)』『黄山伐』『ワイルド・カード』
2002年 『ムッチマ・ファミリー』、『復讐者に憐れみを』、『達磨よ遊ぼう』
2000年『飛天舞』
1998年『約束』
1997年『グリーンフィッシュ』
1994年『テロリスト』
1992年『閉じられた校門を開けて』

[ドラマ]
2012年 KBS 『ブレイン』
2010年 MBC 『同伊(トンイ) 』
2009年 KBS 『風の国』

大きな話題にはなっていないが、そっと映画ファンたちの心に残る俳優チョン・ジニョン。おそらく私達の脳裏に一番印象深く残っている映画は1998年チョン・ドヨン、パク・シニャン主演の「約束」だろう。
自分の命を救ってくれたボス(パク・シニャン)の忠実な右手となり、組職の安危の為に家族も捨て自ら死刑の道を招くオム・ギタクを演じ強い印象を植えつけた。
彼にはいつもソウル大出身の俳優という評価が付いてまわる。

俳優に学歴は全く意味なく、自らの才能と努力による道だと言う彼にとってソウル大出身が持つイメージは負担になるばかりだ。
だがソウル大出身という評価が役立つこともある。
現在彼が進行役を務めているSBSの時事プログラム「それが知りたい」の場合、彼の学歴と貴重なイメージが抜擢理由となった。俳優として様々な試みや配役をこなしたい彼としては自分のイメージが固まってしまうことを憂慮しているのだ。
くせっ毛にやや奥まった目元、とがった顎、見かけは柔らかいイメージとは程遠い。

メロドラマの主人公としてはルックスに少し欠けるのか、彼が引き受けてきた役は組職ボスの忠実な右腕、 キラーに理解を示す検事、喧嘩の強いお坊さんなど無難で柔らかいイメージとはとても言えない。しかし配役を改めてよく見てみると、映画の流れの中で重心的役割を担っていることに気づく。
柔らかい外貌が持ち得ない強い引力を持っているからだ。チョン・ジニョンの次回作は現在撮影中の「黄山伐」。その悲壮さと悽絶さで歴史に記録されている黄山伐戦闘を最近流行の方言コメディーに変形させたコメディー映画だ。
彼の引き受けた役は三国統一の1等功臣である新羅のキム・ユシン将軍。努力する俳優だとは言え、ソウル生まれの彼が見せてくれる方言は果してどんなものか気になる。またコメディーの巨匠パク・チュンフンと共演するとは封切が今から楽しみだ。
:::最新 チョン・ジニョン 関連ニュース:::
挨拶する俳優チョン・ジニョン 2016/11/30(Wed) 14:45
『富川国際映画祭』チョン・ジニョン、花の中年の華やかな登場 2016/07/21(Thu) 22:50
『華やかな誘惑』チャ・イェリョン、チョン・ジニョンの認知症狙った狡猾さ表わす 2016/02/24(Wed) 11:30
『華やかな誘惑』チェ・ガンヒ、チョン・ジニョンのチュ・サンウク殺害計画を知って後を追う 2016/02/10(Wed) 10:30
『華やかな誘惑』チャ・イェリョン&チョン・ジニョン、チュ・サンウクの復讐にお手上げ 2016/02/03(Wed) 23:00
『華やかな誘惑』拘束されたチョン・ジニョン、チュ・サンウクの復讐成功? 2016/02/01(Mon) 15:00
『華やかな誘惑』チェ・ガンヒ&チュ・サンウクvsチェ・ガンヒ&チョン・ジニョンのケミ対決 2016/01/27(Wed) 11:30
『華やかな誘惑』チュ・サンウク、チョン・ジニョンに復讐開始…純情男から魔性の男に変身 2016/01/05(Tue) 10:30
チェ・ガンヒ、復讐のためチョン・ジニョンに“華やかな誘惑”開始 2015/12/09(Wed) 11:30
『華やかな誘惑』チュ・サンウク&チェ・ガンヒ、切ない愛にチョン・ジニョン“ 2015/11/16(Mon) 22:20
[ 戻る ]   [ チョン・ジニョン 関連商品検索 ]  [ チョン・ジニョン 関連ニュース検索 ]