Home > ムービー[映画] > 俳優紹介 > ホ・ジュノ(HerJunho. 허준호)

     ホ・ジュノ(HerJunho. 허준호)     



[プロフィール]
生年月日: 1964年4月14日
身長・体重: 180cm・75kg
趣味:マンガ本を読むこと
特技:野球、バスケットボール

[映画]
2005年「強力3班」
2002年「4足指」
2001年「火山高」
1997年「最後の防衛」
1996年「トゥメン」「大人達は青魚を焼く」
1995年「海賊'」「テロリスト」
1993年「その島に行きたい」
1992年「白い戦争」

[ドラマ]
2004年 KBS [拝啓ご父母様]
2001年「ホテリア」
1998年「復讐血戦」「見てまた見て」/ 2000年MBC 「ワンチォ」
1995年「若者の日向」「アスファルトの男」「愛したら」
1994年「最後の勝負」
1993年MBC「お母さんの海」
1992年MBC「歩いて空まで」

[ミュージカル]
キャッツ、彷徨する星達(1983)、ウェストサイドストーリー(1994)、ピピン、サウンドオブミュージック(1996.1)、南と北DMZ(1996.6.6-6.13)、ベビーベビー(1997.3)、トム・ソーヤーの冒険(1998.1.7-1.25)、ピーターパン(1998.5.5-16)、ライフ(1998.6.20-7.12)、ギャンブラー(1999.5.8-23)

彼の名前の前には本当に多くの種類の修飾語が付く。タレント、映画俳優、歌手、2世俳優。大韓民国で彼の名前を知らない人は一人もない。ホ・ジュノが、一時代を風靡した映画俳優ホ・ジャンガンさんの息子というのはよく知られた事実だ。

彼はアクションスターホ・ジャンガンの息子としてミュージカル俳優として出発した。遅い出発で助演としてたくさん出演したが、初主演作<トゥメン>の興行失敗でTVと継続的な助演にとどまっている。反抗児的なイメージで、演技派俳優としてアクション演技で真価を発揮している。

しかし高校の時まで、ホ・ジュノは野球選手だった。父親が亡くなった後、母親の事業失敗で家の都合が難しくなると、彼は学費を兔除してくれる高校野球の選手として活動した。そして体育特技者優待のあったソウル芸大舞踊科に進学した。

83年に入学するやいなや大韓民国舞踊祭に出場する機会が与えられた。キム・オッギュン教授が振付した‘エミレエミレ’が彼の初デビュー作。以後4〜5年間約20編あまりの舞踊に出演して、演技者としての基礎を押し堅めた。ホ・ジュノはまた演技やミュージカル、歌手活動をしながら万能エンターテイメントの姿を見せてくれた。
:::最新 ホ・ジュノ 関連ニュース:::
ホ・ジュノ、9年ぶりドラマ出演? 検討中 2016/04/26(Tue) 15:00
ホ・ジュノ、內禁衛將のポーズ 2008/08/18(Mon) 19:49
ホ・ジュノ監督の次期作『幸福』、ネチズン41.6%が好興行を予感 2007/09/29(Sat) 21:28
『エンジェル』ホ・ジュノ、米撮影中に焼肉12人分をペロリ 2007/05/22(Tue) 00:13
チョン・ジェヨン、ハン・ウンジョン、ホ・ジュノ、大作『神機箭』キャスティン 2007/04/06(Fri) 17:55
ホ・ジュノ、飲酒運転で書類送検 2005/09/25(Sun) 21:01
「シルミド」のホ・ジュノら、ミュージカルスター来日イベント開催! 2005/03/01(Tue) 10:13
[ 戻る ]   [ ホ・ジュノ 関連商品検索 ]  [ ホ・ジュノ 関連ニュース検索 ]