Home > ムービー[映画] > 俳優紹介 > チン・ヒギョン(JinHeekyung. 진희경)

     チン・ヒギョン(JinHeekyung. 진희경)     



生年月日:1968年9月7日
身長、体重:174cm、56kg
血液型:A型
特技:チェロ、水泳

[映画]
2011年 『サニー(SUNNY)』
2006年 『連理の枝』
2004年 『孤独が身もだえする時』
2002年 『家門の栄光』
2000年 『綜合病院』、『青春』、『ジャカルタ』、『私も妻がいたら良い』
1999年『新装開業』
1998年『乙女達のディナー』
1997年『ホリデーインソウル』、『モーテルサボテン』
1996年『銀杏の木の寝台』
1995年『爪』
1994年『コーヒー・コピー・コッピ(鼻血)』

[ドラマ]
2006年 MBC 『朱蒙』
2005年 『悲しき恋歌』
2003年 MBC 向いの家の女
2001年 MBCシチュエーションドラマ『恋人達』、SBS『白夜3.98』

[受賞内容]
1995年大鐘賞新人賞

ある人は彼女のこ惑的な視線が伝説的な女優Greta Garboに似てるといい、またある人は彼女をホンコン女優のイムチョンハと比べたりする。中性的でありながらセクシーなイメージ。スクリーンを圧倒するカリスマが二人の共通点だという。だったら純韓国産俳優チン・ヒギョンの本物の魅力は果たして何だろうか…

元々はチェロを専攻した音楽家だったが、89年ファッションモデルに変更した。映画俳優兼モデルであるチン・ヒギョンは、様々な映画で毎回異なる姿に変身する。けれども彼女が預かった役割は典型的なヒロインとは距離のある作品だった。

モデルチン・ヒギョンのイメージをコピーしたデビュー作「コーヒ・コピー、コッピ(鼻血)」ではもちろん主演を預かったが、作品性や興行の面では失敗し、その後に「爪」、「銀杏の木の寝台」「モーテルサボテン」「ホリデーインソウル」「乙女たちのディナー」に至るまでチン・ヒギョンの劇中キャラクタは退廃的なイメージで、表向きは完璧であるがコンプレックスのある現代女性たちを主に演じた。

内向的とは言うが率直で堂々たる彼女。これからやってみたい役割を聞いてみると「女軍」という。彼女は、いつも限定されたイメージに留まらず憂愁に満ちた目とファンタステックな雰囲気で、観客を吸い込みそうな吸引力を持っている数少ない女優だ。[写真=newsis]
:::最新 チン・ヒギョン 関連ニュース:::
『SUITS/スーツ』チャン・ドンゴン&チン・ヒギョン、緊張感の裏に和気あいあいの撮影場 2018/05/31(Thu) 19:00
『SUITS/スーツ』チン・ヒギョンXチェ・ジョンアン、チャン・ドンゴンを守った女たち...ウーマンス光った 2018/05/18(Fri) 10:00
『サム、マイウェイ』クァク・シヤン、今日(26日)に登場…チン・ヒギョンの正体が明かされるか 2017/06/26(Mon) 15:00
ユ・ホジョン-ホン・ジンヒ-チン・ヒギョン、「昔の香水を感じてください」 2011/04/19(Tue) 07:10
チン・ヒギョン、「晩婚新婦の百万ドルの愛嬌」 2008/02/17(Sun) 16:21
「9月の新婦」チン・ヒギョン、「新郎は心が広くて、いい人」 2008/02/16(Sat) 12:26
【結婚記者会見】 チン・ヒギョン、「私にはとても大切な縁です」 2008/02/15(Fri) 16:14
【結婚記者会見】 チン・ヒギョン、「彼に電話で愛嬌を振りまきます」 2008/02/15(Fri) 16:13
【結婚記者会見】40歳のチン・ヒギョン、「秋に結婚します」 2008/02/15(Fri) 16:12
タレントチン・ヒギョン、1歳年下事業家と9月挙式 2008/02/13(Wed) 14:17
[ 戻る ]   [ チン・ヒギョン 関連商品検索 ]  [ チン・ヒギョン 関連ニュース検索 ]