Home > ムービー[映画] > 俳優紹介 > チン・ギョン(jingyeong 진경)

     チン・ギョン(jingyeong 진경)     



女優
所属会社:スタービリッジエンターテインメント
生年月日:1972年3月27日、慶尚南道馬山
学歴:韓国芸術総合学校大学院修士
デビュー:1998年 演劇『御史パク・ムンス』

受賞
2014年 SBS演技大賞ミニシリーズ部門女優特別演技賞
2014年 第50回百想芸術大賞映画部門女優助演賞

演劇で10余年間活動してキャリアを積み、冷徹なカリスマ、刃のような冷たさ、コメディーまでもこなすと評価されている。 また、どんな役でも自然な演技ができる女優。 

1998年に演劇『御史パク・ムンス』でデビュー、主に演劇舞台で活動してきた。 ドラマや映画出演が多くない理由として「私のようなキャラクターや私が得意な演技を見せられる配役が少ないから」と、している。 最近では、ドラマや映画活動が“多作女優”と言われるほど多くなっていることについて「はっきりした理知的な女性が脚光を浴びる時代になり、自分が女優として脚光を浴びる時が来たようだ」と、話した。 

演劇舞台生活、いくつかの映画やドラマ活動で顔を知られ始めた中、2012年のKBSのドラマ『棚ぼたのあなた』でミン・ジヨン役で印象付け、2013年の映画『監視者たち』で注目され始めた。

その後、2014年にSBSのドラマ『大丈夫、愛だ』でソン・ドンイルと離婚した夫婦を演じ、率直で堂々としたイ・ヨンジン役を務め、続けてSBSのドラマ『ピノキオ』で冷徹な悪女ソン・チャオク役でパク・シネと母娘の対立を熱演した。 また、スクリーンでも『スロービデオ』に出演して、活動を続けた。

2015年に『暗殺』と『ベテラン』の1千万人の観客を突破した2つの映画に2週間のタームをおいて連続出演した。 2作は、特別出演と助演だったが、配役は2作とも“不義に屈しない強靭な女性”だった。
:::最新 チン・ギョン 関連ニュース:::
【社会】検察“チン・ギョンジュンの140億ウォン全財産凍結”裁判所に請求 2016/07/20(Wed) 12:45
【社会】チン・ギョンジュン検事長、賄賂容疑で緊急逮捕 2016/07/15(Fri) 12:45
『ピノキオ』イ・ジョンソク、チン・ギョンに「証拠を持って問いただしにくる」 2014/12/26(Fri) 08:22
民間査察の核心人物「チン・ギョンラク元課長」、検察に自主的に出頭 2012/04/13(Fri) 12:25
「査察核心」チン・ギョンラク前課長に召還通報 2012/04/06(Fri) 06:21
検察、「証拠隠滅」チン・ギョンラク元課長、強制拘留を検討 2012/04/02(Mon) 12:30
[ 戻る ]   [ チン・ギョン 関連商品検索 ]  [ チン・ギョン 関連ニュース検索 ]