Home > ムービー[映画] > 俳優紹介 > チャン・ジニョン(JangJinyoung. 장진영)

     チャン・ジニョン(JangJinyoung. 장진영)     
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:@sasanqua6  投稿日:2014-04-16 11:05:40  [修正]  [削除]
「ロビースト」で貴女の事を知り「青燕」で貴女のファンになりました。
貴女の出演作品は永遠に残ります。此れからも、私が生きてる間は貴女のファンでいます。  ご冥福をお祈りしております。
投稿者:さんた  投稿日:2010-02-19 22:21:09  [修正]  [削除]
昨日、アンビリーバボーを見てジニョンさんのことを知りました。ご主人との魂でのつながりに心を打たれました。彼女の作品を見てみたいと思います。ご冥福をお祈りします。
投稿者:ana  投稿日:2010-02-19 20:52:31  [修正]  [削除]
昨夜のアンビリーバボーは涙・涙でした。魂で結ばれているお二人は何度生まれ変わっても愛し合う運命なのでしょうね。
わたしもそういう人と巡り合いたいと思いました。

ご冥福をお祈りいたします。
投稿者:n  投稿日:2010-02-19 20:47:34  [修正]  [削除]
投稿者:ゆうた  投稿日:2010-02-19 18:13:10  [修正]  [削除]
アンベリーバボーを見て胃癌で亡くなられた事を知りました。僕は、ジニョンさんのいつでも前向きな姿を見てファンになりました。。つらい事があっても前向きに頑張ろうと思いました。ジニョンさんありがとう。 
    1 2 3 4 5 6 7   最後





[プロフィール]
生年月日: 1974年6月14日
身長: 169cm & 体重: 49kg
特技(趣味) :ピアノ、水泳、ダンス
ミュージックビデオ
ユン・オ[これからは]
キム・ジャンフン[世の中が君を欺いたとしても]

[映画]
2006年 『恋愛、その耐えられない軽さ』
2005年 『青燕』
2003年 『菊の花の香り』『シングルス』
2001年 『ソルム(鳥肌)』
2000年 『サイレン』、『反則王』
1999年 『ジャギモ』

[ドラマ]
2007年 KBS 『ロビイスト』
MBC シートコム『男3人女3人』
MBC 週末ドラマ『心が優しくなくちゃ』
KBS ミニシリーズ『私の中の天使』
SBS シートコム『スンプン産婦人科』

映画俳優のチャン・ジニョンは、少し変わった方法でスターになった。92年ミス忠南ジンに選ばれ芸能界入りを果たした彼女は、スマートな体型と西洋的で可愛らしい容姿によってCM界の妖精と呼ばれるほどになった。以後、50編あまりのCMに出演、純粋な美しさとセクシーな魅力を同時に振りまきながら人気モデルとして活躍していた。そうした中、KBSミニシリーズ<私の中の天使>で一躍ヒロインに抜擢され、演技の道へ足を踏み入れた。

映画ではデビュー作<ジャギモ>で愛した人を忘れることができずに心痛める医者の役を熱演して好評を得たし、<反則王>ではクールな中性的キャラクターのプロモーターであり館長の娘役を演じ新人らしからぬ安定した演技を見せてくれるなど、幅広い演技の実力を認められた。そんな彼女は映画「ソルム(鳥肌)」(監督ユン・ジョンチャン)で大変身を遂げた。トレードマークだった長い髪をバッサリと切り捨て魅力的なボディーラインを安物の衣裳で徹底的に隠してしまった。更に、絶えず心細い表情でタバコを吸いながら顔面いっぱいの赤い痣と傷をメークしなければならなかった。女優なら誰しも美しく魅力的な姿でカメラの前に立ちたいのが当然。しかし、チャン・ジニョンがこのようにイメージチェンジをしたのに、むしろ以前には感じることがなかった独特の雰囲気と魅力が強烈に感じられるようになった。

専属モデルをしている化粧品会社の了解を得ながらも果敢な変貌を敢行したのは、単純にイメージチェンジだけの次元ではない。チャン・ジニョンという女優の中に内在している可能性を引き出し、認められようとする演技者らしい発想が彼女を変えたのだった。

チャン・ジニョンは映画の中で、夫の暴力と子供の失踪という試練を経ながら崖っぷち立った女だが、ほんの少しメーキャップをして服を着替えれば洒落た都会の女性に変わる。ひと言でいえば千の顔を持った女優ということだ。

このイメージを100%生かして制作されたのが、コンピレーションアルバム「LOVE」である。キム・ソックンと一緒にアルバムジャケットを飾った彼女は、薄気味悪い位に美しく透き通るくらいに初々しい。今まで彼女が演じてきたどのキャラクターとも似ていなかった。もしかしたらチャン・ジニョン自身に一番近い姿かもしれない。2006年映画『恋愛その堪えがたい軽さ』 大韓民国映画大賞で主演女優賞を受賞したこと以外には、特別注目されなかったが、「チャン・ジニョンという女優の再発見」と評価された映画である。勿論『鳥肌』『青燕』での演技も良かったが、『恋愛その堪えがたい軽さ』でのヨナは、とても立体的な人物だ。ヨナは現実からスクリーンに入って来た女性のように、リアリティーが抜群に引き立つキャラクター。

彼女がこんなにも自由自在に変身できる原動力は、暇さえあれば読書するためだろう。撮影現場でもシナリオを読まないときは、いつも手に本を持っているという彼女は、先天的に持つ感性と後天的な努力でカメレオンのように変化自在な姿を演出しだしているのだ。
:::最新 チャン・ジニョン 関連ニュース:::
“8周忌”故チャン・ジニョン、菊の花のように悲しく切ない 2017/09/01(Fri) 14:00
チャン・ジニョンさん、今日(1日)菊の香りを残して旅立って7年目 2016/09/01(Thu) 10:00
9月1日、故チャン・ジニョン7回忌…菊の花が咲く頃逝った彼女 2016/08/30(Tue) 18:00
故チャン・ジニョンの父、全財産還元記事は誤報 2016/05/12(Thu) 19:00
女優故チャン・ジニョンさん遺族、全北大奨学金1億ウォン寄託 2012/09/03(Mon) 07:59
9月1日故チャン・ジニョン2周忌、特集放送 2011/08/30(Tue) 22:11
故チャン・ジニョンの純愛、映画より美しかった 2010/09/04(Sat) 20:19
昨年37歳で逝ったチャン・ジニョンさん、“結婚式の映像”初公開 2010/08/31(Tue) 15:05
故チャン・ジニョン1周忌、ドキュメンタリーと映画で再び会う 2010/08/30(Mon) 12:17
故チャン・ジニョンの夫、ホームページに故人の生前写真公開 2010/02/09(Tue) 07:59
[ 戻る ]   [ チャン・ジニョン 関連商品検索 ]  [ チャン・ジニョン 関連ニュース検索 ]