Home > エンターテイメント > お笑いタレント > シン・ドンヨプ(신동엽)

     シン・ドンヨプ(신동엽)     


シン・ドンヨプ(MC、コメディアン)
生年月日:1971年2月17日
身長体重:176cm、68kg
所属会社:SM C&C
デビュー:1991年SBS特別採用お笑いタレント

[受賞経歴]
1994年 第30回百想芸術大賞TV男性芸能賞
1996年 第3回大韓民国芸能文化賞喜劇人賞
2002年 KBS芸能大賞・大賞
2012年 KBS芸能大賞・大賞
2014年 第50回百想芸術大賞TV男性芸能賞

[放送]
2001年 SBS『TV動物農場」
2010年 KBS2『対国民トークショー・アンニョンハセヨ』
2012年 KBS2『不朽の名曲:伝説を歌う』
2012年 tvN 『SNLコリア3』
2013年 JTBC 『魔女狩り』


シン・ドンヨプは大学祭で司会をしていて先輩のお笑いタレントイ・ソンミの目に留まり、1991年SBS開局と共に特別採用お笑いタレントに選抜された。無名時代を送ることなくギャグのコーナー「レールマン」で、流行語「アンニョンハシリョムニカ?」で一気に注目を浴びた。その後SBSの『うれしいわれらの土曜日』、MBCシットコム『男女6人恋物語』等に相次いで出演して人気を得た。

しかし1999年に大麻喫煙容疑で拘束起訴され、約11ヶ月間にわたって放送活動を中断した。当時公開恋愛中だったモデルイ・ソラとは、事件後も交際を続けていたが2001年に別れた。

2000年保釈後、MBC『日曜日、日曜日の夜に』のコーナー「ラブハウス」で復帰した。コーナーは人気が上がって再起に成功し、『ハッピートゥギャザー』『感嘆符』『ヘイヘイヘイ』などで全盛期を続けた。

しかしコントとスタジオでの個人の進行などのシン・ドンヨプのスタイルは、2000年代中盤からあふれたリアルバラエティー番組と共同MC体制には合わず、出演する様々な番組が低調な視聴率で廃止する不振に苦しめられた。

その後、2011年にSBS『キム・ヨナのキス&クライ』、KBS第2『不朽の名曲:伝説を歌う』等、オーディション形式の番組で特有の瞬発力のある司会進行で再び頭角を現し、KBS『対国民トークショー・アンニョンハセヨ』等でメインMCを担当した。2012年に出演したtvN『SNLコリア』から2013年JTBC『魔女狩り』まで、彼の専売特許である19禁ギャグとトークで、第2の全盛期をむかえて独自の位置に立った。

一方、2005年に自身の名を冠したエンターテインメント社DYエンターテインメントを設立した。その翌年、同業者が持株を処分し、2009年には所属会社De Chocolate E&TFとの経営権紛争の末に関係を清算した。2008年にはダイエット用靴事業の投資家兼共同代表になったが、加盟店主に詐欺容疑で訴えられもした。

2002年に再起に成功した番組MBC『日曜日、日曜日の夜に』のコーナー「ラブハウス」で、助演出を担当してたソン・ヘユンPDと2年間の交際の末、2006年に結婚した。
:::最新 シン・ドンヨプ 関連ニュース:::
シン・ドンヨプ&チャン・ナラ、SBS「演技大賞」のMCに確定“高級な進行を期待” 2019/11/20(Wed) 19:00
シン・ドンヨプ“過去に麻薬で罰を受けたと子供に告白した” 2019/07/07(Sun) 06:30
シン・ドンヨプ&キム・スク&キム・ジョンミン&ソルリ、アンチコメントと対面する..新バラエティー「アンチコメントの夜」 2019/05/25(Sat) 07:30
「アラフォー息子の成長日記」シン・ドンヨプ、「パク・ヒョンシクはキス職人…度が過ぎるように上手」 2019/05/13(Mon) 06:30
【フォト】シン・ドンヨプ&スジ&パク・ボゴム、2年連続百想MC 2019/05/01(Wed) 22:03
シン・ドンヨプ-スジ-パク・ボゴム、2年連続「百想芸術大賞」MC確定 2019/04/02(Tue) 18:00
「人生酒場」シン・ドンヨプ「イ・ビョンホン、90年代から英語を勉強『おまえ何がハリウッドだよ』と無視していた」 2019/02/15(Fri) 08:30
【ソウル歌謡大賞】シン・ドンヨプ-キム・ヒチョル、キム・ソヒョンは僕らが守る 2019/01/15(Tue) 18:30
【SBS演技大賞】イ・ジェフン-シン・へソン-シン・ドンヨプ、「MCでごあいさつします!」 2018/12/31(Mon) 20:15
イ・ジェフン、『SBS演技大賞』のMCに合流…シン・ドンヨプ&シン・ヘソンと一緒に 2018/12/14(Fri) 10:00
[ 戻る ]   [ シン・ドンヨプ 関連商品検索 ]  [ シン・ドンヨプ 関連ニュース検索 ]