Home > エンターテイメント > newface紹介 > コ・ウナ (Ko EunA)

     コ・ウナ (Ko EunA)     
  [ コ・ウナ 関連商品検索 ]  [ コ・ウナ 関連ニュース検索 ]


コ・ウナ(Ko EunA)、『クムシルをうまく演じたくて眠れませんでした』

小さくて長細い顔にぎゅっと集まった目、鼻、口、それに170cmのすらっとした長身にか細い体つき。新鋭俳優コ・ウナを初めて見た瞬間「人形みたいだ」とまず感じた。苦労など知らないで育って、ずば抜けた外貌のおかげで自然に芸能界に足を踏み入れることになった俳優志望生みたいだと言おうか。

しかしインタビューが始まった瞬間からコ・ウナに対する考えは少しずつ変わった。写真の中の絵のような少女が彼女の全部ではない。きちんきちんと自分の考えを話すコ・ウナの表情はきれいな顔のせいではなくその話の中から感じられる情熱のせいで輝く。

コ・ウナは人気裏に放送中のKBS2水木ドラマ「黄金のりんご」で末娘クムシルの大人役を引き受けてパク・ソルミ、チ・ヒョヌ、キム・ジフンと並んで主演の座を射止めた。「黄金のりんご」はKBSドラマシティー「夏、別れ話」の出演がドラマ経験の全部であるコ・ウナにとって本格的なお茶の間デビューになる。それに騒がしい青春シットコムも、若者達のハツラツとした愛を扱ったミニシリーズでもない、30部作の時代ものだ。もうやっと高校2年生の学生であるコ・ウナにはとても負担な荷物ではなかっただろうか?
-『時代ものに出演、とてもうれししい!』
-しかし意外な返事。『私は時代ものなのでとてもうれしいです。元々時代ものに必ず出演したかったんです。実はゴム靴を履いて髪をおさげにして白いチョゴリに黒いスカートを着て出る本当の時代ものがやりたかったんですけど... (笑い)』
ソウルっ子のような外貌とは違い全羅南道(チョルラナムド)長城(チャンソン)の果樹園の末娘として育ったコ・ウナはドラマの中で消化しなければならない方言も、ちょっと田舍臭く感じられるかも知れない1970年代の衣裳もむしろとても情があふれて気に入るだけだ。むしろ負担なのは周囲の期待だ。
今までLoveholicの「スカイ」、イ・スンチョルの「十を数えてみて」などミュージックビデオで演技の可能性を見せたし、デビュー1年目で10本が超えるCFを撮って来たからコ・ウナに注がれる期待の視線は意外に多い。

『「黄金のりんご」の最初の放送が終わってホームページに文を書いたら「期待している」、「良い姿を見せてくれ」と言うリップルが多かったんですよ。気分はもちろんとてもよかったです。でも私がそれほど演技でお見せしなければならないようで負担も大きいです。期待が大きければ失望も大きくなるはずだから。』
このためにこのごろ全然寝れなかったそうだ。密かにストレスもすごく受けた。そうでなくても慶尚道の方言での演技のため負担が大きいのに9話のシナリオ草稿を受け取ったら1シーンから21シーンまでクムシルが登場しているというのだ。子役たちはまたどんなに演技がうまいことか。「私が登場した時、子役のほうがましだったと言われたらどうしよう」ととかく悩みで頭の中がいっぱいになった。
-『まだすべてのものが不思議だけれど、これからたくさん学びます。』
-それでもコ・ウナの口元からは笑いが去らない。『有名な先輩たちと一緒に共演できるようになったでしょう。特に「女人天下」のイ・ドッカ先生が大好きだったんです。いつもTVで見ていた先輩たち、先生たちと一緒にやることになってとても光栄です。たくさん学んで行きます。』

今ちょうど顔を知らせ始めたコ・ウナには本当に「黄金のりんご」が演技者として成長することができる絶好の機会だ。意欲でいっぱいのせいでめいっぱい緊張したコ・ウナに演出者のシン・チャンソクPDは『カメラの前で震えないで。普段私たちの前で笑うようにそのほほ笑みを失わずに演技すればいい』と愛情のこもった忠告を惜しまなかった。『この不安感と緊張感もいつかは楽になってカメラの前でも慣れるでしょう?』自らに念をおすように問い返すコ・ウナの姿。幸いに今年の夏、映画「サンデー・ソウル」を撮影しながらカメラの前で演技する時に必要な技術的な部分にだいぶ慣れたことが助けになった。

CFやミュージックビデオなど瞬間的な感情表現が必要な演技を主にやって来たコ・ウナにとって『相手と一緒に取り交わす、長い呼吸の演技』を学んだことは貴い経験だった。『それでもまだ不思議です。私がその現場にいて私が撮ったと言うことが分かりながらも私の姿がTVに出るのが不思議です。とても不思議です。すべて不思議です。』不思議だという事を何度も言った。初々しい新人らしさをいっぱい漂わせながら笑うコ・ウナの頭の中は現在いちめん「黄金のりんご」でいっぱいだ。

これからどんな演技者になりたいかという、新人たちに投げられるお決まりの質問にも彼女はこんなふうに言った『「クムシルにはやっぱりコ・ウナがぴったりだ」という評価を一番聞きたい。方言演技もその地方の人たちが見た時「ぎこちなくないね」、「思ったより上手だね」位にだけ認められたい』と用心深く付け加える。

じっと考えてみたら本当に欲が多いようだ。二つの希望両方をさっと聞けばかなり簡単に聞こえるがよく考えてみたら実は一番難しい目標のようだからだ。思いきり清らかに見える微笑の後に力強い覚悟を隠した新人コ・ウナ。彼女が演技者として成長して行く過程をきちんきちんと見守るのがすごく楽しみになりそうな予感がする。「クムシル」になったコ・ウナの姿は来たる14日に放送される「黄金のりんご」の9話から「いよいよ」会ってみることができる。

[写真=joynews24]
  [ コ・ウナ 関連ニュース検索 ] [ 戻る ]  
:::最新 コ・ウナ 関連ニュース:::
チ・ソヨン、夫ソン・ジェヒに「コ・ウナとキスシーン撮影した?」めちゃめちゃ嫉妬 2018/02/08(Thu) 08:30
『恋愛に口出し』コ・ウナ、「恋人と4年間スキンシップしなかった」 2018/02/01(Thu) 16:30
コ・ウナ、映画『ビスティガールズ』で花柳界マダム役を熱演…ダウンロード1位 2017/07/16(Sun) 07:30
コ・ウナ「チョン・ジュニョンと恋愛? 可能性0%、大切な存在」 2017/07/13(Thu) 21:30
“男の友達と女の友達”チョン・ジュニョン&コ・ウナ、兄妹のような親友同士 2017/06/14(Wed) 13:45
パク・ジェジョン&コ・ウナ、メロシーンの質問に“当惑” 2014/03/19(Wed) 15:07
コ・ウナ、ダイエット成功“Sラインアピール” 2014/03/19(Wed) 15:06
コ・ウナ“超ミニだから隠さなきゃ” 2014/03/19(Wed) 15:05
パク・ジェジョン&コ・ウナ“恋人同士みたい” 2014/03/19(Wed) 15:03
コ・ウナ“ホットな超ミニ!” 2014/03/19(Wed) 15:02