Home > エンターテイメント > newface紹介 > イム・シワン(Yim SiWan 임시완)

     イム・シワン(Yim SiWan 임시완)     
  [ イム・シワン 関連商品検索 ]  [ イム・シワン 関連ニュース検索 ]


生年月日:1988年12月1日
所属グループ:ZE:A、ZE:A FIVE
所属会社:スター帝国
身体:173cm、55kg
デビュー:2010年ZE:Aシングルアルバム『Nativity』

[ドラマ]

2014年 tvN『未生』、MBC『トライアングル』
2013年 KBS第2『恋愛を期待して』
2012年 MBC『スタンバイ』、KBS第2『赤道の男』、MBC『太陽を抱く月』

[映画]

2013年 『弁護人』

[ミュージカル]

2013年 『ヨセフ・アメージング』


「大根役者」物議の中心となっていた“醜いアヒル”が白鳥に生まれ変わった。演技ドルの評判を最も高めた一番の貢献者が、まさにZE:Aのイム・シワンだ。『太陽を抱く月』や『赤道の男』でスタートして、映画『弁護人』で注目された時でさえもそうだろうかと思っていたが、『未生』で見せた彼の演技は、賛辞を受けるのに充分だった。アイドルという本業を越えて、演技力が立証された信頼できる俳優に成長した。

『未生』で話題になってからは“俳優”イム・シワンに対する好評があふれている。これにイム・シワンは、「『未生』のチャン・グレを演じて僕は、認められたというよりは僕の演技的な実力が明らかになった、そのような作品だと考えるようになった」とし、「限界を感じたので、さらに前進しなければならないと考え、また単純に接近してはいけないと思った。演技的な部分では相変らず未生だと考える」と率直な気持ちを表わした。真剣な姿勢と落ち着きで演技に挑戦している彼の姿が、視聴者の心を動かしたのではないだろうか。

“演技ドル”を越えて20代を代表する男性俳優に位置づいたイム・シワン。“完生”に向かって続く彼の成長記に期待が集まっている。
  [ イム・シワン 関連ニュース検索 ] [ 戻る ]  
:::最新 イム・シワン 関連ニュース:::
カンヌ招請『不汗党』、ソル・ギョングXイム・シワン2次ポスター公開 2017/04/18(Tue) 16:00
パク・ヒョンシク、グァンヒ、イム・シワンが抜けたZE:Aの将来は? 2017/04/12(Wed) 22:30
『ワンライン』イム・シワンxチン・グ、Bカットも歴代級ブロマンス 2017/03/31(Fri) 08:30
『ワンライン』、イム・シワンのスチール公開…このようなボス、どこかいませんか? 2017/03/28(Tue) 23:30
映画『ワンライン』イム・シワン、魔性の目公開“誰でもやられる” 2017/03/25(Sat) 06:30
『ワンライン』、イム・シワン変身一目に…詐欺団スチール12種公開 2017/03/03(Fri) 21:00
イム・シワン、『人生酒場』出演確定...反転魅力を予告 2017/03/03(Fri) 06:30
オ・ミンソク、『王は恋する』合流…『ミセン-未生-』イム・シワンと再会 2016/12/20(Tue) 20:00
ユナ「『王は恋する』でイム・シワンと共演、期待が大きい」 2016/11/15(Tue) 15:30
少女時代のユナ、ZE:Aのイム・シワンとドラマ『王は恋する』の主人公に抜てき 2016/09/21(Wed) 11:00