Home > エンターテイメント > newface紹介 > ソン・セビョク(Song SaeByuk 송새벽)

     ソン・セビョク(Song SaeByuk 송새벽)     
  [ ソン・セビョク 関連商品検索 ]  [ ソン・セビョク 関連ニュース検索 ]


生年月日:1979年12月26日
身体:179cm、70kg
所属会社: JYファミリーエンターテイメント
デビュー:1998年 演劇『咲いて散って咲いて散って』

[映画]
2012年 『ごますり王』『人類滅亡報告書』
2011年 『危険な挨拶』、『7鉱区』
2010年 『不当取り引き』、『シラノ;恋愛操作団』、『解決者』、『房子伝』、『平凡な日々』
2009年 『マザー』

俳優ソン・セビョクには、“大勢男”、“ブルーチップ”という修飾語が引っ付く。2010年映画『房子伝』と『シラノ;恋愛操作団』、『解決者』を往来して、最高に株価を上げている彼の魅力は、何だろうか。

平凡な容貌の彼を特別にさせてくれるのは、特有のどもりがちな語り口だ。彼の語り口は聞き方によっては老人のようで、別の聞き方をすると天真爛漫だ。だが彼は「映画に出演して有名税を得る前まで、私の語り口が特異だと考えて見たことがない。極めて平凡だと考えて生きて来た」と話す。自分の語り口は特異ではないけれど、観客が眺める自分の語り口を独特だと考えるのは、映画の中のキャラクターが、特別だった為というもの。だが映画の中で見られる彼の非凡なキャラクターは、ソン・セビョクという俳優に出会って、シナジー効果を得る。だから特別さまで持つようになったのでは、ないだろうか。

彼がこのように注目され始めて、2年にもならない。彼が初めて顔を見せたのは2009年、ウォンビン主演の映画『マザー』を通してだった。当時彼の年齢は31才。だが彼は20歳頃から始めて、13年以上劇団生活をしてきたベテラン演技者だ。13年間演劇舞台で積み重ねた、キャリアがあったので、観客に安らかな演技を見せることができたのだ。

ソン・セビョクが考える、演技の最も大きい魅力は自分の演技を通じて、観客と共に息を合わせることだ。それで彼は観客と真実な話(演技)をして、疎通したいと話す。真実の演技があってこそ、観客が自分を信じてついて来てくれることだと。今後彼が解いて行く真実の演技とはどんなものか、彼の次に作品に期待が集められる。
  [ ソン・セビョク 関連ニュース検索 ] [ 戻る ]  
:::最新 ソン・セビョク 関連ニュース:::
【フォト】「憑依」コ・ジュニ-ソン・セビョク、なかなかよく似合うカップル 2019/02/26(Tue) 16:14
『憑依』ソン・セビョク-コ・ジュニ、男女主人公で出演確定(公式) 2018/10/18(Thu) 21:30
ソン・セビョク、スリラー映画『真犯人』キャスティング..強烈演技変身 2018/03/16(Fri) 06:30
『私のおじさん』イ・ソンギュン&オ・ダルス&ソン・セビョクの兄弟ケミ 2018/02/20(Tue) 12:00
DIAのチョ・スンヒ、映画出演…パク・ソンウンやソン・セビョクと共演    2017/10/12(Thu) 11:00
ソン・セビョク、初悪役挑戦「キム・セロンに罪なことした」 2014/05/01(Thu) 16:00
ソン・セビョク、シージェスエンターテイメントに合流!JYJと同僚に 2014/03/15(Sat) 16:00
ソン・ガイン、「ソン・セビョクとのキスシーン、一人で楽しんでいるようだった 2014/01/23(Thu) 21:00
ソン・セビョク、演劇女優ハ・ジヘと11月に済州島で結婚 2013/10/31(Thu) 10:05
「所属事務所との葛藤」ソン・セビョク、ハ・ジウォンと同じ事務所に移籍「演技 2012/02/17(Fri) 22:08