Home > K-POP > アーティスト情報 > チュソク(JooSuc)

     チュソク(JooSuc)     
  [ チュソク 関連商品検索 ]  [ チュソク 関連ニュース検索 ]





[プロフィール]

*生年月日:1978年10月30日
*出身学校:東京韓国人学校
*デビュー: 1997年末 クラブマスタープランでデビュー

-ニューアルバムを出したヒップホップミュージシャンjoosuc。1998年から音楽活動を始めたソロラッパー兼プロデューサー。すべての音楽的作業を自らコントロールするトータルアーティストで、ヒップポップシーンでは彼をオールラウンドプレーヤーと呼んでいる。2000年末EP 「ONLY THE STRONG SURVIVE」と2001年メジャー初正規アルバムBeatz 4 da streetzを発売し、アルバム発売と同時に行われたアジアツアーで日本だけでなく台湾と香港でも彼の立地を固めた。

自分の独立的なプロダクションである大逆転Productionを運営中で、MPミュージシャンたちの中で対外的に一番広く知られたミュージシャンだ。今はまだ20代だから、もっと華やかな照明を欲しいままにしてもいいし、アルバムが数十万枚売れるTVに出る他のスター歌手たちのように、お金をたくさん儲ければ本当に良いだろう。しかし、本当にそうしたいのなら音楽を始める時からヒップホップに固執しない方がよかったかもしれない。まだ韓国で「ヒップホップをする」ことがそんなに楽ではないからだ。

最近、3集アルバム「スペリアvol.1-ディスイズマイライフ」でみんなの元に帰ってきたヒップホップミュージシャンjoosuc(25.本名パク・ジュソク)。
少し侘しくて大変ではないかと察してみるが、彼の今度のアルバムには1,2集の時よりもっと確固になった「ヒップホップへの愛」がそっくりそのまま盛られている。踏み出せなかった道に対する心残り..joosucにはそんなものはない。今が本当に良いそうだ。彼のこんな気持ちは、彼の歌一曲一曲に盛られている。

キム・ボムスと一緒に歌った初タイトル曲「頂上に向けた独奏2」の歌詞のように、彼にヒップホップは「人生を揺さぶる唯一なるお前」であり「いつも元の場所に残したい」対象だ。
またヒップホップは「私を表現することができる最高の手段」('人生~This iz My Life')で、そんな自分の気持ちが皆に伝わるように(ヒップホップを)あの高い頂上に連れて行きたいそうだ。

joosucがどんな風に生きてきたのか、敢えて問わなくてもいい。「人生〜」で自分の紹介をつぶさにするからだ。歌によれば彼は1978年10月30日に生まれ、幼い時を東京新宿で送り、10代には他の同じ年の子たちのように入試に苦しんだ。「活発で社交性が優れるが、非常に散漫」と書かれた生活記録部で分かるように平凡な少年だった。少なくとも音楽に出会う前までは。

97年にヒップホップを始めたjoosucは、今までアルバム三枚を発表しながら「ヒップホップ界のフロンティア」「ヒップホップ戦士」と呼ばれるほどアンダーグランドヒップホップ界で独歩的なラッパーとして落ち着いた。去る夏に注目されたナイキ広告音楽、マックドナールドグローバルキャンペーン「I'm Lovin' It」の広告音楽にも韓国アーティストを代表して参加した。

ニューアルバムを出すとすぐにホームページに「1年ぶりにお金を出して買えるアルバムが出ました」「他の人々たちもjoosucさんを知れば幸せになるだろうに」という賛辞が列を並べて書かれているのを見れば、彼がマニアたちにどれほど人気があるのか分かる。

よくヒップホップといえば、陰うつで怒りに満ちた内容が多いと思われやすいが、joosucの歌は全般的な雰囲気や歌詞が元気で明るい。「少年たちよ大きな野望を抱け/胸の中に盛られた熱情を噴き出して⋯若さを浪費するなDon't be a loser」('OKAY')と歌うと思えば「Sunshine」のようにいきいきとした愛を歌う曲もある。

「歌詞やスタイルなどヒップホップの先に進んで行く傾向を今度のアルバムに充分に盛りたかった」という彼の今度のアルバムに、国内にヒップホップを初めて知らせた「デュース」出身のイ・ヒョンドが「頂上のための独奏2」「ボーリング2k3」の作曲、プロディーサーとして参加して、心強い後援者になったと言う。

一目ぼれしたような、理由もなくヒップホップと愛に陥り、時間が経ってその魅力がリズムと特有の歌詞にあるということが分かるようになったjoosuc。ヒップホップは自分自身を現わす真率な音楽ジャンルだと表現する。音楽とその歌を歌う人が完全に一つになること。それがjoosucがしたいヒップホップの音楽世界だ。実力のある後輩たちと一緒に5人組みヒップホップグループを結成したいというのが彼のこれからの目標という彼が、素敵なヒップホップミュージシャンとして成長するのを期待して見る。

〔チュソク(JooSuc)のALBUM〕
Only The Strong Survive
1集
2集-Welcome To The Infected Area
3集 Superior Vol.1-This iz my life
4集 Superior Vol.2

  [ チュソク 関連ニュース検索 ] [ 戻る ]  
:::最新 チュソク 関連ニュース:::
『安市城』vs『明堂』秋夕(チュソク)のスクリーン前売り率戦争スタート 2018/09/19(Wed) 08:30
チュソク、チャン・グンソクと記念撮影「中坊だったグンソクがいつのまにか29 2015/08/08(Sat) 12:00
「ヒップホップ1世代」歌手チュソク、飲酒運転容疑で立件 2013/11/04(Mon) 12:28
SM契約カン・ホドン、秋夕(チュソク)連休後カムバック 2012/09/30(Sun) 16:00
秋夕(チュソク)全国晴れ冷え…晴れやかな十五夜の月 2012/09/30(Sun) 06:12
アイドル捕らえる秋夕(チュソク)芸能特集「夜通し撮影は基本?」 2012/09/15(Sat) 18:15
ハン・スンミン、秋夕(チュソク)相撲大会で通算6回目太白(テベク)力士登極 2011/09/11(Sun) 07:15
秋夕(チュソク)劇場街は3巴戦“激戦”…最後の勝者は? 2010/09/20(Mon) 18:04
秋夕(チュソク)列車票を売るとお金だけ奪った20代起訴 2010/09/20(Mon) 12:07
与野党指導部、秋夕(チュソク)帰省者“民心把握” 2010/09/20(Mon) 12:03