Home > K-POP > アーティスト情報 > ベイビーボックス(BABY V.O.X)

     ベイビーボックス(BABY V.O.X)     
  [ ベイビーボックス 関連商品検索 ]  [ ベイビーボックス 関連ニュース検索 ]





ベイビーボックス(BABY VOX)はキム・イジ、イ・ヒジン、シム・ウンジン、ガン・ミヨン、ユン・ウンヒェで構成された女性5人のグループで、結成当時でもメンバーの大部分が10代の少女だった。1997年に発表したギャングスターヒップホップ「遠ざかる日」という曲で活動を始め、膝軟骨が折れるほど過激でパワフルなヒップホップダンスを披露したが、あまり注目を集めることなく二度のメンバー交替を経てスランプを経験するようになる。1年間のメンバー全員が地獄のような徹底的な訓練の末、BABY VOXはオーディオ型のグループに生まれかわる。そして1998年、音楽性と大衆性を等しく取り揃えた2集を発表してヒップホップダンスに柔らかさを加味した音楽で新しい変身を試みて多くの10代の若者から愛されるようになる。

1999年7月に3集アルバム「Come Come Come Baby」を発表する。以前よりいっそう成熟して変貌した彼女たちは可愛さよりはセクシーさを強調、R&Bスタイルにファンキーなリズムが加えられたタイトル曲「Get up」と後続曲の「Killer」などの引続くヒットで人気グループの隊列に近づく。2000年5月、4集アルバム「WHY」の韓国内の発表に先立って中国公演で同名タイトル曲である「Why」を発表して良い反応を得る。日本の有名な振付師に特別にダンス指導を受けるなど多くの製作コストと思いを込めたぶん、彼女たちの姿にも本当に大きな変化を起こしていた。

マネッシュなスーツを着たBABY VOXの姿は、アルバム名前そのままの‘ボーイッシュ’だ。まず、タイトル曲の「game over」は以前のBABY VOXの雰囲気をあまり脱しない、簡単で大衆向けの音楽で今まで一緒に制作して来たキム・ヒョンソクの曲だ。2002年4月、BABY VOXの5年間の活動を中間整理するスペシャルアルバムが発売される。セクシーな魅力と中国の韓流熱風の主役であることを前面に出した以前とは違い、今回のスペシャルアルバムには自分たちだけの独特の音楽色を持って現われたが、易しいが感覚的なリズムと耳にぐっと入って来る歌詞に以前の音楽よりも一段階アップグレードされたという評価を受けている。
  [ ベイビーボックス 関連ニュース検索 ] [ 戻る ]  
:::最新 ベイビーボックス 関連ニュース:::
元ベイビーボックス・リブのパク・ソリ、6日に男児出産 2012/07/06(Fri) 22:00
ベイビーボックスのイ・ヒジン、セクシーグラビア映像が話題 2007/09/22(Sat) 17:21
ベイビーボックスリブ、世界剣道大会広報大使を委嘱 2007/06/11(Mon) 21:23
ベイビーボックス・リブ、慰問公演で軍将兵“熱狂” 2007/02/22(Thu) 22:11
ベイビーボックス・リブ、タイでの人気度“快晴” 2007/01/22(Mon) 22:34
ベイビーボックスリブ「アンチファンを避けない」 2007/01/21(Sun) 23:04
ベイビーボックスリブ「ヒップシェイクダンス」でタイを熱く 2007/01/21(Sun) 22:11
女性グループ ベイビーボックス2、アジアを我が胸に 2006/09/07(Thu) 20:17
ベイビーボックス中華圏メンバー迎入し再出発 2005/01/13(Thu) 18:29
元ベイビーボックスメンバー、シム・ウンジン、ソロアルバム 2005/01/07(Fri) 18:05