ヒウォンちゃんの韓国ライフ
 じーにょのドラマ雑感
 ミンジャの韓国雑感
Home > カフェ > たかぎりょうこがおくる韓国伝統韓国文化体験と愛する韓流時代劇へのツッコミ感想エッセイ

【イベント】『風の絵師』の原作小説家イ・ジョンミョン氏講演に潜入〜☆

数ある韓流時代劇ドラマ・映画の中でも「ダントツでイチオシ!」と
事あるごとにワタシが叫んできた『風の絵師(바람의 화원)』ですが、
なんとこのたび! その原作者のイ・ジョンミョン(이정명)先生が
日本にいらして東京の韓国文化院で講演をされると言うではありませんか!!!
これはもう、行かないわけには行かないでしょう!
というか、この大ファンを自称するワタシが行かずに、だれが行く〜(@@)9
と、もうコレ以上ないくらい意気込んで気合入れて、行って参りましたよー!!
会場はほぼ満員! うおー、これみんな韓流時代劇ファンなんだわ〜っと
(勝手に)思ったら、改めて興奮ですよ。

 講演会は2部に分かれており、1部目がイ・ジョンミョン先生の講演。
(恥ずかしながら、↓は講演中のワタシのメモです^^;)
を知った。さらにそれを知ったことによって、国を隔てても同じ人間
として美しさと感動を共有できるのは文学の力
であることを感じている。

2つ目
・『風の絵師』は実は最初に着想を得たのは、小学校2年生のとき。
 タバコのお遣いを頼まれて、買って帰ったタバコには申潤福の描いた
 絵が描かれていた。当時、こんな繊細な生き生きした女性を描くのは
絶対に女性に違いないと思い込んだのがはじまり、とのこと。
後日、申潤福が男性だったと知った時には計り知れないショックでした!
とイ・ジョンミョン先生(笑)。

3つ目
・想像力を大事に 



ワタシはその先生の話を聞いて、まるで自分に
「もっと考えるものを大切にしなさい。大事なものは温めていい。
いま出来なくても、いつか内容も熟し、機も熟すときがくるよ」と
言われたような気がして(ほとんど妄想だけど^^;)おもわず
拳を握り、うんうん、うんうんうんっと強く頷いてしまったのでした。
---
こうして無事講演会が終わったあと、ワタシはとうとう抑えていた
感情がいっぱいなり、人生初のミーハー行為にでてしまいましたっ!!

なんとサイン会で先生のご著書2冊にサインをねだったあげくに、
「写真を一緒に撮っていただけませんか!?」と無理やりお願いし、
一緒に行った友人に撮ってもらったのですーっ!!!」
しかもワタシは自分の著書を先生に渡すという暴挙に出たのですっ。
いやーかつて我が人生でこれほどの暴挙にでたことはあっただろうか(恥っ)!?

そんな恥知らずのワタシの行動にも、先生は「これはおもしろそう。あとで
ゆっくり読ませて頂きますね」と優しすぎるお言葉を掛けてくださいました。

あぁ〜、頭が沸騰する! イ・ジョンミョン先生の優雅さ、頭の回転の良さ、
ユーモア、気遣いの細やかなこと、どれをとってもカッコ良かったです><)9

今日本でDVDレンタルの「根の深い木」も、イ・ジョンミョン先生の
原作『景福宮の秘密コード』が元ですね^^ こちらは日本語訳もでて
いるので、とってもとってもオススメです。

またさらに、今「尹東柱と看守」の話も先生はいま手がけられている
そうです。日本とも縁の深い尹東柱氏という詩人が看守とどんな心の
交流をしていくのか、いまから作品がたのしみです。来年のソウルで
ぜひ購入したいとおもいます!!

さて、次回からはまた韓流時代劇史跡めぐりの旅に戻りたいと思います。
少しおやすみしてしまいましたが、またご期待頂けましたらうれしいです^^
2011(c)たかぎりょうこ

---プロフィール---
たかぎりょうこ・コミックエッセイスト

『風の絵師』を観て以来、一気に韓流時代劇にハマる。
韓国語の勉強はもっぱら時代劇ドラマから…それゆえ
奇妙な言葉を現地で発して大笑いされてしまうことも…!

本家のホームページでは韓国ネタのほかにも日々の隙間に落ちた
オモシロ発見をつづるイラストエッセイを更新中。
コメントお待ちしています!!

たかぎりょうこ.COM : http://www.takagiryoko.com/

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved