ヒウォンちゃんの韓国ライフ
 じーにょのドラマ雑感
 ミンジャの韓国雑感
Home > カフェ > たかぎりょうこがおくる韓国伝統韓国文化体験と愛する韓流時代劇へのツッコミ感想エッセイ

【韓流文化】素朴な疑問「どうして韓国にはキリスト教が多いの? 

これまで、韓国と言うと「儒教の国」。
年功序列を重んじ、礼儀正しい国というイメージがワタシのなかにはあった。

けれど、10年ぶりに来たソウルには明らかにキリスト教の十字が建つ建物が
増えた気がした。(もちろん10年前にも想像以上に教会は多かったのだが)





そこで韓国での宗教の比率を聞いてみると、驚くべき結果が!

なんと韓国の宗教人口は総人口の53.1%を占め、非宗教人口は46.9%である。
このうち、仏教が22.8%、プロテスタントが18.3%、カトリックが10.9%
、儒教0.2%だと言うではないか!(2005年韓国統計庁調べ)
これはおかしいよ、とさっそく友人のJumyungに聞いてみた。すると、
「私は無神論者だよ。儒教を信仰しているわけじゃないし」とJumyung。
すかさずワタシは反論。
「でも、年上の人は敬うし、Jumyungだってお酒の席では年上の人の前では
顔を背けて酒をいただくじゃないか。あれこそ儒教の教えじゃないの?」
何を言っているの、というようにJumyungが首を振る。
「それは習慣だよ、韓国の習慣。日本だって年長者を立てて敬うでしょう。
それは宗教じゃないでしょう?」
はぁ習慣ねぇ…。

 いまいち腑に落ちなかったワタシは、帰国してから、韓国と儒教について
少しだけ調べてみた。すると、どうやら儒教は李氏朝鮮時代に宗教という
よりを国策として利用されて導入されたのが儒教らしい。

そして、その一部である“父系社会を軸とした、上下関係の秩序”が
人々の生活に植えつけられることで国の大義は維持され、現代の韓国人の
イデンティティもそこから育ったのだという一節があった。

うーん、なるほど。
最初から宗教じゃなくて一種の哲学だ、という考え方なのかな〜。

(次回さらにこの続きを、アジアの中の宗教という視点で韓国と
日本の違いについて追ってみます。そこで意外な事実が発覚〜!)

続きを請う、ご期待!
2011(c)たかぎりょうこ

---プロフィール---
たかぎりょうこ・コミックエッセイスト

『風の絵師』を観て以来、一気に韓流時代劇にハマる。
韓国語の勉強はもっぱら時代劇ドラマから…それゆえ
奇妙な言葉を現地で発して大笑いされてしまうことも…!

本家のホームページでは韓国ネタのほかにも日々の隙間に落ちた
オモシロ発見をつづるイラストエッセイを更新中。
コメントお待ちしています!!

たかぎりょうこ.COM : http://www.takagiryoko.com/

ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
     

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved