Home > 美しい人たち(Focus)

チェ・ルシア「書道を通じた新しい人生、私は民間外交官!」
つい4〜5年前までは書道を教える伝統書家だった。15年間、書道教室を運営し、子供達に書道を教えたが、伝統書家としての、なぜか分からない息苦しさ、そして限界を感じた。そんな感情を解消するため…
「トゥルアン」で彼女が醸し出す「お茶と人の香り」
仁寺洞の向い側にある益善洞の迷路のような一角に、韓国伝統喫茶店「トゥルアン(庭内)」がある。 ここは人のにおいがする。お茶があるので人のにおいがするのではなく、人がいるのでお茶の香りが…
スターの食欲を刺激するお弁当! 「ポロリ・ホームメード弁当膳物」パク・チヨン代表
「食事はすみましたか?」は韓国人の重要な挨拶だ。それだけ食事に誠意を込めることを重要だと考えるが、最近ドラマの撮影現場、歌謡番組の録画会場、ミュージカルの公演会場などの現場に、好きなス…
チェ・ボギ「心暖かい人々の島、 居金島(コクムド)に来てください」
居金島は面積62.08平方km、人口約5千人、 高興(コフン)半島ドヤン邑の南に位置する島で、韓国では10番目に大きい島だ。住民の大部分が農業や漁業で生計を立てていて、2011年12月に 居金大橋が作られ…
ソウル市無形文化財第1号申重鉉翁「伝統が消えていくのは残念」
鐘路(ジョンロ)区斎洞(ジェドン)の憲法裁判所前に位置するソウル市無形文化財教育展示館で無形文化財第1号、生漆匠の申重鉉(シン・ジュンヒョン)翁にお会いした。 *生漆は漆の木から得た樹液を…
JKコーヒーショップキム・ジス代表「 JKコーヒーブレンドの秘法、私だけが知っている」
「こんにちは、私は話し下手なので上手く話せるかどうか」とおっしゃる照れた表情の、31歳のキム・ジス代表にお会いした。 歴史と伝統が自慢の孝子洞、景福宮横小路にあり、その小路は青瓦台への道…
「食して癒す」をモットーにする趙 善玉(チョ・ソンオク)院長
韓国全羅北道堤(キムジェ)市出身の料理研究家。1998年、エステサロンの経営をしながら、日々の食事が美しい肌を作ることを実感し、薬膳に関心を持ち韓国と日本で薬膳の勉強を始める。 2003年には…
ヤン・ヒョンナム「教育事業で世界進出を成し遂げたい」
人は道が分からなくなった時、暫く立ち止まる。自分の意思であろうが他人の意思であろうが、している事から離れた時、または自分の未来が見えず不安な人生にきょろきょろする時、その瞬間を手助けし…
スターをさらに光らせるジュエリーデザイナー“キム・ジョンジュ”
12月、続く授賞式の嵐の中でも『ジュエリーアワード』は関心を集める授賞式だ。そのタイトルからも分かるように華麗な宝石と輝くスター達が共にある場は、毎年女性達の熱烈な支持を受けている。『ジ…
“BIFFのまた違った顔”「情熱を注ぎます!」
「こんにちは〜釜山国際映画祭に来てくださりありがとうございます」力強く挨拶する彼らは、釜山国際映画祭のまた違った顔だ。釜山国際映画祭の隠れた仕事人たち。彼らは背中にBIFFと刻まれた服を着…

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後