Home > 美しい人たち(Focus)

[キム・チソク首席プログラマー]釜山国際映画祭と歩んだ13年の歳月
釜山国際映画祭がスタートする前、アジアで名の知れた映画祭は香港と東京映画祭だけであった。香港は伝統の面で、東京映画祭は規模の面で、アジアの他の映画祭を圧倒していた。だが1996年釜山国際映…
繊維工芸デザイナーボン・ジヒ、「都市のクリスマスは紫色」
繊維工芸デザイナーボン・ジヒ教授(45)の情熱は、20代に劣らない。繊維工芸の作品を実用化するのが容易ではなかった1999年、すでに自らの製作ブランド“DL”(デザインリーダー)を出した。同じ年の4月…
写真作家キム・ユンジン、撮影現場でスターたちを写真に収める!
写真展「インブラック」で会った写真作家キム・ユンジンは、意外にあどけないお嬢さんだ。言うまでもなく写真展を開く写真作家と言えば、ゆったりと構えたカリスマが感じられる中年が大部分だという…
世界的ソプラノチョ・スミも葛藤する‥仕事か、家庭か
ソプラノチョ・スミ(45)が後輩声楽家と共にオペラの舞台に上がる。「チョ・スミとウィーナス」コンサートが、来年1月3日ソウル光化門世宗文化会館大劇場で開かれる。海外で活躍している後輩たちを、…
ファッションモデルの大母キム・ドンス、「カン・ドンウォン、良識ある友人」
韓国最初のモデルは誰か。韓国モデルはどのように変化してきたのだろうか。「韓国モデル学会誌」を見れば詳細な答えが出てくる。映画俳優、ミスコリアがモデルまで兼ねた1950年代から70年代、専門モ…
チャン・ヒョンユン アニメーション監督
昨年『パパが必要なの Wolf Daddy』で、世界4大アニメーションフェスティバルの「広島アニメーションフェスティバル」で、外国人では初めて広島賞(2位)を受賞した、韓国アニメーションの期待の星チ…
ギターが似合う僧侶?「歌も修養の一つ」
大韓仏教曹渓宗、布教研究室長トシン僧侶が、歌のアルバムを出した。1991年に『トシンの国楽歌謡』を発表して以来、すでに5枚目のレコードだ。だが僧侶の芸術的“素質”に対する、世の中の視線には相…
日本のピアニスト、イサオ・ササキ“彼は韓国的だ”
 日本のニューエイジピアニスト、ささきいさお(54)は韓国的だ。今年で7年目を迎える韓国公演で、彼はまず韓国の食べ物を楽しむ。特に参鶏湯と焼酎が好きだ。太らない体質だと食べるのが好きではな…
第12回釜山国際映画祭を終わらせた、執行委員長キム・ドンホ
キム・ドンホ釜山国際映画祭執行委員長は、多少疲れた表情だった。映画祭が終盤に向かって走っていた、9日アジアフィルムマーケット(AFM)の真っ最中、釜山海雲台グランドホテルでキム委員長に会った…
釜山国際映画祭の基肥、ボランティアメンバー!
4日に開幕した第12回釜山国際映画祭(PIFF)の、ボランティアメンバー824人が、2日午後2時釜山MBCアートホールで、発隊式を行って本格的な活動に入った。今年のボランティアメンバーは、4千390人の支…

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後