Home > 美しい人たち(Focus)

クオン出版社 金承福のK-POPの次はK-文学でしょう!


K-POPの次はK-文学でしょう!
本の街・神保町に「CHEKCCORI〜韓国の本とちょっとしたカフェ」がオープン

7月7日(火)、神田
神保町の交差点から徒歩1分のビル3Fに新しい韓流の情報発信、交流の場が誕生する。
韓国専門書や関連本を集めたブックカフェ「CHEKCCORI〜韓国の本とちょっとしたカフェ」である。ここを運営するのは、2010年から「新しい韓国の文学シリーズ」などをはじめとした韓国書籍を出版してきた株式会社クオン。そこで代表を務める金承福社長に「CHEKCCORI(チェッコリ)」開設までの思いやその意気込みを伺ってみた。
いよいよ7月に「CHEKCCORI〜韓国の本とちょっとしたカフェ」がオープンですが、若干冷え込む日韓関係、韓流ブームも下火と言われている今、オープンに至った経緯は何ですか?


学生時代(日本大学・芸術学部)から日本で過ごし、日本で韓国の本を紹介することを夢見て、2007年クオンを創立しました。その頃から、本を出版していくだけではなく、日韓両国の人たちが本を囲み、身近に本と触れ合える場所を作ることもずっと夢描いていて、まだ実現する見込みもない頃から、知人のイラストレーターの方にこんなイメージ画まで描いてもらっていました。
こんな時だからこそ、韓国に興味を持ち、韓国を愛してくれる日本の皆さんや、日本に住む韓国人、在日の皆さん、みんなが集まれる場所、それをきっとみんなが望んでいるだろう、そして何より私自身が望んでいる場所なんだと思ったのです。

「CHEKCCORI(チェッコリ)」という店名は、何とも親しみやすく、覚えやすい名前ですが、その由来を教えてください。

「CHEKCCORI」という名前は、韓国語で책거리と表記します。朝鮮時代の書堂(寺子屋のようなもの)で行われた、教科書を一冊学び終わると先生と一緒に勉強をしてきた仲間と祝うパーティのことをいいます。
今でも韓国の小学校〜大学で学期末に行われるチェッコリ。その時の楽しかった思い出が忘れられず、ブックカフェをイメージした時から「CHEKCCORI(チェッコリ)」と決めていました。

韓流ファンが多く集まる新大久保界隈ではなく、神保町に開設するのはどうしてなのでしょうか? 反対されませんでしたか?

本屋さんだからです(笑)。
神保町といえば、世界一の本の街と言われています。神田神保町だけでも古書店176店(2015年6月現在)が軒を連ね、大型書店も数多くあり、本が好きの聖地ですよね。私が開設する「CHEKCCORI(チェッコリ)」も本屋さんです。ですから、本の街、神保町で開きたいと思いました。

なぜ新大久保ではないの? お客さんは来るのかな? と心配してくださる声も聞きましたが、「本でつながる韓国」というテーマの通り、「本」が基本ですし、わざわざ足を伸ばしてくださる価値のある本屋さん、行ってみたくなる本屋さんを目指したいと思っています。

私自身も韓国語は勉強していますが、小説を読むレベルにまではまだ達していません。そんな人たちでも楽しめますか?

「CHEKCCORI(チェッコリ)」では、韓国のことをより知りたい人、韓国語学習者の中でも中・上級者や、通訳・翻訳者を目指している人に向けて、約2000冊の韓国原書を扱う予定です。その中には韓国から取り寄せたベストセラー書籍をはじめ、人気作家の小説、エッセイ、実用書、語学書、児童書を中心に配置して、韓国の書店をそのまま日本にもってきたような雰囲気の再現を目指しています。
さらに私が読んでいた本たちも中古書として販売いたします。また、日本で発行された日本語の韓国関連本を1000点ほど置く予定です。

また、韓国語初心者でも気軽に楽しめる韓国語絵本を選別してお届けし、約200冊あまりの児童書も取り揃え、レベルに合わせたおすすめの本、また韓国関連の各分野の著名人の方による「おすすめ本コーナー」など、一般書店にはない、きめ細やかなサービスで、きっと初めての1冊、お気に入りの1冊を見つけていただけるようにしたいです。
そうそう、忘れてはならないのが漫画です。現在韓国でも人気を博しているドラマでは、原作は漫画からというものも数多くあり、昨年ケーブルテレビでの放送ながら視聴率2ケタに届くかと大いに話題になった「未生(ミセン)」など、原作本漫画なども取り揃えていきます。
ドラマを見るだけではない楽しみがまたひとつ生まれるでしょう。

カフェも大変気になりますが、メニューの特徴を教えてください。

あくまでも「本」が主役の店ですが、せっかく訪れてくださったみなさんが本を選んでいただいたり、本を読んだりするくつろぎの場でもありたいと思い、カフェメニューも用意しました。

コーヒーがメインですが、韓国伝統茶・韓国餅も味わっていただけます。このメニューは、日本国内で韓国餅の第一人者である趙善玉先生(趙善玉料理研究院院長)直々にご用意いただきます。また夜にはマッコリや韓国ビールなどもお出しする予定ですから、大いに話の輪を広げていただけるはずです。

CHEKCCORI(チェッコリ)のWebサイトアドレスを見ると、www.chekccori.tokyoですね。これは今後他の地域へも出店していくことを示唆されているのですか?

はい、次の大きな野望です!
韓流ファンの皆さんからも「東京にはいろいろなお店やイベントがあるけど、地方にはそれがないのが寂しい」という声がよく聞かれます。「CHEKCCORI(チェッコリ)」も本屋としての機能はもちろんですが、さまざまなイベントや交流の場としての提供も考えており、韓国文化の発信の場として成長させていくつもりです。
そんな場を日本全国に作っていくのが、次の大きな夢ですね。
そのためにもまずは第一号店として出店する神保町の「CHEKCCORI(チェッコリ)」を皆さんに愛される店として、定着させることができるよう頑張って行きたいと思います。
ぜひ、「CHEKCCORI(チェッコリ)」に足を運んでいただき、韓流ファン、韓国ファンの皆さんも一緒に「CHEKCCORI(チェッコリ)」を育ててくださることを願っています。

【CHEKCCORI〜韓国の本とちょっとしたカフェ】
住所:東京都千代田区神田神保町1-7-3 三光堂ビル3階
(地下鉄神保町駅A5出口徒歩1分、1階は蕎麦屋さん。
階段をのぼって、2階からはエレベータをご利用ください)
電話:03-5244-5425 FAX:03-5244-5428 
http://www.chekccori.tokyo
http://www.facebook.com/chekccori