ヒウォンちゃんの韓国ライフ
 じーにょのドラマ雑感
 ミンジャの韓国雑感
Home > カフェ > Takeさんの韓国サラリーマン雑感

   漢江(ハンガン)市民公園は憩いの場   
Takeさんです。

皆さん、アンニョンハセヨ!!

最近、日本の友人から勧められてTVドラマ「電車男」を見ています。と言っても韓国ではまだ日本の民放ドラマは厳禁なので、動画データを転送してもらってパソコンとかで楽しんでいます。インターネットの発達で海外にいても本当に便利になりました。仕事が忙しいので以前に紹介した事もあるポータブルAVプレーヤーに入れて通勤時間とかに楽しんでいます。

http://www.i-station.co.kr/main.do

こういう事をしている私はやはり中年オタクなのでしょうか? m(_ _)m
それにしてもこの「電車男」。とにかく面白くて今朝は二駅も乗り越してしまいました。まだ2話までしか見ていませんが、このドラマ、何か夢があって良いですね。若い頃のワクワクする思い出が妙に懐かしくなってきてしまうのでした。最後はどうなってしまうのでしょうかね〜(笑)


■本日のサラリーマン日記 「漢江(ハンガン)市民公園は憩いの場」


今年の8月に長年住み慣れた京畿道の一山(イルサン)新都市からソウル市麻浦区に引越しをしました。2時間近くあった通勤時間を少しでも短縮したいという思いから、再び空気の汚いソウルに戻ってきたわです。引越し先の条件として会社の近くという事は言うまでもありませんが、それ以上に拘ったのが漢江市民公園の近くに住みたいという事でした。

正確な統計はわかりませんが、一人当たりに割り当てられた緑地面積の大きさではソウル市民はおそらく世界の中でも最下位に属するのではないか、、、? というのが私の持論です。

韓国では日本のように地震を心配する必要がないためか、猫のひたいほどの土地に高層アパートが乱立し、子供は危険な路地裏で遊んでいるのでが現状です。そのようなお国柄なので漢江周辺に点在する公園はまさに砂漠のオアシスと言っても過言ではないでしょう。そのために漢江周辺のアパート、それも漢江側を見渡せる方角にある部屋はとても高価なのです。

漢江市民公園は大きく分けて望遠地区、楊花地区、汝矣島地区、二村地区、盤浦地区、蚕院地区、トゥクソム地区、蚕室地区、クァンナル地区の9箇所のエリアで構成されています。

http://hangang.seoul.go.kr/map/jamwon.html

ミョンドンの焼肉やエステも良いですが、韓国に少し飽きてきたらぜひ漢江市民公園をお薦めしたいです。所々に貸し自転車屋さんがあり1時間3000ヲン(約300円)くらいで利用できます。今の時季、綺麗なコスモスを横目に秋晴れの漢江周辺を自転車でツーリングするのは最高ですよ。川と言うと私は生まれ故郷の江戸川辺りを思い出してしまうのですが、日本でもこれほど整備された長距離の自転車専用道路は無いのではないかと思います。ここでは素顔のソウル市民の姿も楽しめます。週末になると家族ずれやアベックで大賑わいです。

特に目を引くのがインラインスケート族と自転車族です。20人くらいでお揃いの衣装と旗を棚引かせて過ぎ去って行く光景に良く出くわします。韓国ではこのインラインスケートが大流行していて、ジョギングよりも足腰に負担が掛からないという事で若い人からお年寄りまで人気があります。私も好きなんですが、日本ではどうなのでしょうか? 好きな方は日本からインラインスケートを持参して韓国で滑る、、、なんてのも良いかもしれません。自転車は50代のおじさんにも人気があり、外国からの高級輸入自転車なども見かけられます。子供とモタモタ走っていると後ろから怒鳴られる事もあり、とにかく凄い迫力です。

また、映画やドラマの撮影にもよく使われるのがこの漢江市民公園です。「四月の雪」でも真冬の漢江周辺を散歩しているシーンを覚えている方も多いと思います。私もたまに散歩していると何かの撮影現場を見かける事があります。私のイチオシは二村地区から楊花地区へ向かう道です。漢江の対岸に聳え立つ63ビルを横目に散策できます。夕方にはベンチに座りながら汝矣(ヨイド)島に沈む夕日を眺めると韓国に キタ━━━━(°∀°)━━━━ッ!! という気分に浸れる事、間違いなしです。二村地区は李舜臣将軍で有名なコブクソン(亀船)がある所です。貸し自転車屋さんもあります。漢江市民公園へ抜ける道は少し複雑なので、タクシーにお願いして漢江市民公園の二村(イーチョン)地区と指定するのが良いでしょう。


■韓国でも通じる日本語シリーズ

「家具(カグ)」

このコーナは本当に久しぶりですね。最近の読者の方は初めてかもしれません。頭に浮かんだ時にメモしておかないと直ぐに忘れてしまうのですよね。引越しの時に重たい家具を運びながら思いついたのでした。

韓国の家は日本のような押入れが無いので「ノン」という布団や服を入れる家具を嫁入り道具として必ず持たせる習慣があります。我が家にも薄いピンク色のノンがあるのですが、これが引越しをする時に非常に負担になります。(とにかくデカくて重たいです、、、)引越し屋さんもこれを動かす時は、タバコタイムで気合を入れ直してから取り掛かるのが韓国の常なのです。


■編集後記

ここまで読んで下さり有難うございました。今回、私が越して来た所は麻浦区の望遠地区です。漢江周辺では一番、不動産の安い地域でしょう(笑)自宅から職場までは15キロくらいないので、今回紹介した自転車専用道路を利用して健康のためにも自転車通勤してみようかと思っているのですが、なかなか決意できないでいます。自転車通勤するようになれば、また何かレポートできると思うので期待しないでお待ちください。

それでは皆さん、アンニョンヒケセヨ〜!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Takeさんていったいどんな人だろう? 気になったらここをクリック!!
http://www.geocities.jp/korea_faq/
バックナンバーを見たい方はこちら http://www.mag2.com/m/0000138478.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
戻る
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]
投稿者:Takeさん  投稿日:2005-10-13 18:13:27  [修正]  [削除]
AOさん、どうも!! 漢江をサイクリングして5キロ減量できた!!なんてレポートを早く書きたいものです。根性なしの私はすでにアシスト自転車のサイトなんかを覗いています。
投稿者:AO  投稿日:2005-10-12 12:40:10  [修正]  [削除]
漢江は私の憧れの一つです。美しい漢江の傍にお引越しされたんですね。羨ましいです。機会があればぜひ私もサイクリングを楽しみたいです!また、楽しい韓国情報を楽しみにお待ちしてマース!^^
     
Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved